北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

室蘭民報

豊浦産イチゴのエキス100%使用したソーダ発売【豊浦】

26日に全国発売する豊浦いちごエキス100%のソーダをPRする山本社長(左)と村井町長

 ポッカサッポロ北海道(札幌市、山本隆二代表取締役社長)は26日、豊浦産のイチゴのエキスを100%使った「Ribbon 北海道いちごsoda(ソーダ)」を全国発売する。豊浦いちごの甘い香りと味を楽しめるソーダとなっている。

 同社は豊浦町の代表的なイベント・世界ホタテ釣り選手権などで関わりがあり、イチゴを使ったソーダを商品化。3年目を迎えた今年は、これまで他産地のイチゴも使っていたが、豊浦産いちご(品種ジャンボレット)のみを使用した。

 ソーダは青森県の工場で原料を丸ごと粉砕、加水して搾り、水分を飛ばしてエキスを抽出。神奈川県の工場でボトリングして全国に発送した。今年は6万ケース(1ケース410ミリリットル24本入り)を製造した。

 ラベルも一新した。赤いリボンをまくようなデザインで高級感を演出。年末年始のパーティーシーズンでより目を引くようにした。今年もラベルには「北海道豊浦産いちごのエキス使用」と入っている。

 20日に山本社長が豊浦町役場を訪問。「今年も貴重なイチゴを分けていただき、おいしいソーダができました」とあいさつ。村井洋一町長は「豊浦を宣伝していただきありがたい。町としてもイチゴやほかの資源を活用した6次産業化へ弾みをつけたい」と話した。

 ペットボトル1本(410ミリリットル)140円(税別)。スーパーなどで取り扱っている。

関連記事

十勝毎日新聞

「世界最高のチーズを」 国際コンで銅賞の共働学舎【新得】

 ワールドチーズアワード2019(10月、イタリア)で、カマンベールタイプの「笹ゆき」が銅賞のブロンズメダルを獲得した共働学舎新得農場(宮嶋望代表)。国産ナチュラルチーズの第一人者として結果に満足...

室蘭民報

わかさいも本舗の松澤さんが洋菓子コンテストで銅賞【登別】

4種の小型ケーキ銅賞  わかさいも本舗登別工場(登別市若山町)のパティシエ・松澤真希さん(33)が、日本最大の洋菓子コンテスト・2019ジャパン・ケーキショー東京(10月15~17日)で、プティ...

室蘭民報

栄養士監修一日各10食…Eスプーン、今月のメニュー【伊達】

よくばりバージョン  栄養士の山田公子さん 「全国の伝統お祝い料理を集めてみました」。850円。  ▽ばらずし(京都府) 甘いサバのおぼろ(そぼろ)がたっぷり。  ▽のっぺい汁(三重県) 片栗粉や...

十勝毎日新聞

足寄しあわせチーズ工房特別賞 全国ナチュラルチーズコン【東京】

 国産ナチュラルチーズの品評会「ALLJAPANナチュラルチーズコンテスト」(中央酪農会議主催)が10月30日、都内で開かれた。7工房が参加した十勝勢は、しあわせチーズ工房(足寄)の「茂喜登牛(モ...

室蘭民報

スズキのシシャモが明治神宮秋の大祭に39年連続奉納【むかわ】

 むかわ町花園の水産加工品販売業「●スズキ」(鈴木譲代表取締役)のシシャモが、今年の明治神宮秋の大祭(11月1~3日)に奉納されることが決まった。今回で39年連続となる吉報に、鈴木社長は「これまで...