北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

室蘭民報

豊浦産イチゴのエキス100%使用したソーダ発売【豊浦】

26日に全国発売する豊浦いちごエキス100%のソーダをPRする山本社長(左)と村井町長

 ポッカサッポロ北海道(札幌市、山本隆二代表取締役社長)は26日、豊浦産のイチゴのエキスを100%使った「Ribbon 北海道いちごsoda(ソーダ)」を全国発売する。豊浦いちごの甘い香りと味を楽しめるソーダとなっている。

 同社は豊浦町の代表的なイベント・世界ホタテ釣り選手権などで関わりがあり、イチゴを使ったソーダを商品化。3年目を迎えた今年は、これまで他産地のイチゴも使っていたが、豊浦産いちご(品種ジャンボレット)のみを使用した。

 ソーダは青森県の工場で原料を丸ごと粉砕、加水して搾り、水分を飛ばしてエキスを抽出。神奈川県の工場でボトリングして全国に発送した。今年は6万ケース(1ケース410ミリリットル24本入り)を製造した。

 ラベルも一新した。赤いリボンをまくようなデザインで高級感を演出。年末年始のパーティーシーズンでより目を引くようにした。今年もラベルには「北海道豊浦産いちごのエキス使用」と入っている。

 20日に山本社長が豊浦町役場を訪問。「今年も貴重なイチゴを分けていただき、おいしいソーダができました」とあいさつ。村井洋一町長は「豊浦を宣伝していただきありがたい。町としてもイチゴやほかの資源を活用した6次産業化へ弾みをつけたい」と話した。

 ペットボトル1本(410ミリリットル)140円(税別)。スーパーなどで取り扱っている。

関連記事

十勝毎日新聞

十勝鹿追そば21日再開 しかめん引き継ぎ【鹿追】

 4月に閉店したそば店「しかめん」(鹿追町西町3)が21日午前10時、「十勝鹿追そば」として営業を再開する。事業を引き継いだ町内の建設会社「健勝重建」の相澤政則社長は「再び町民や観光客に愛される店...

十勝毎日新聞

甘さギュッ アイスワインのブドウ収穫始まる【池田】

 十勝ワインの中でも極甘口とされる「アイスワイン」。その原料となるブドウの収穫が12日午前5時半、池田町千代田の町営ブドウ畑で始まった。畑の気温計で氷点下13.5度の寒さの中、ヘッドライトを着け...

十勝毎日新聞

十勝産のコラボ弁当 帯南商と福原 販売【帯広】

 スーパーを展開する福原(帯広、福原郁治社長)が帯広南商業高校クッキング部(村井彩花部長、28人)と共同開発した「十勝をまるっともぐもぐ弁当」。9日まで数量限定で販売するフクハラの市内8店舗の...

十勝毎日新聞

ウチダザリガニおいしく変身 ラーメンやおかきに【鹿追】

 生態系に悪影響を及ぼす特定外来生物で然別湖の“悪役”だったウチダザリガニが、おいしいラーメンやおかきに変身した。然別湖生物多様性保全協議会(会長・吉田弘志鹿追町長)が開発した粉末状ザリガニパウダ...

十勝毎日新聞

プレ宇宙食に挑戦 地場食材ハンバーグで【清水】

 十勝スロウフード(藤田惠社長)は、2020年にも使用が予定される「Pre宇宙日本食(プレ宇宙食)」への採用を目指し、地場産食材を使ったハンバーグの開発に挑戦している。宇宙航空研究開発機構(JA...