北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

室蘭民報

豊浦産イチゴのエキス100%使用したソーダ発売【豊浦】

26日に全国発売する豊浦いちごエキス100%のソーダをPRする山本社長(左)と村井町長

 ポッカサッポロ北海道(札幌市、山本隆二代表取締役社長)は26日、豊浦産のイチゴのエキスを100%使った「Ribbon 北海道いちごsoda(ソーダ)」を全国発売する。豊浦いちごの甘い香りと味を楽しめるソーダとなっている。

 同社は豊浦町の代表的なイベント・世界ホタテ釣り選手権などで関わりがあり、イチゴを使ったソーダを商品化。3年目を迎えた今年は、これまで他産地のイチゴも使っていたが、豊浦産いちご(品種ジャンボレット)のみを使用した。

 ソーダは青森県の工場で原料を丸ごと粉砕、加水して搾り、水分を飛ばしてエキスを抽出。神奈川県の工場でボトリングして全国に発送した。今年は6万ケース(1ケース410ミリリットル24本入り)を製造した。

 ラベルも一新した。赤いリボンをまくようなデザインで高級感を演出。年末年始のパーティーシーズンでより目を引くようにした。今年もラベルには「北海道豊浦産いちごのエキス使用」と入っている。

 20日に山本社長が豊浦町役場を訪問。「今年も貴重なイチゴを分けていただき、おいしいソーダができました」とあいさつ。村井洋一町長は「豊浦を宣伝していただきありがたい。町としてもイチゴやほかの資源を活用した6次産業化へ弾みをつけたい」と話した。

 ペットボトル1本(410ミリリットル)140円(税別)。スーパーなどで取り扱っている。

関連記事

十勝毎日新聞

「ハピまん」2万個販売 チーズ伸びて大ヒット【音更】

 JA木野(清都善章組合長)の子会社が運営するスーパー「ハピオ」(音更町木野大通西7、石田晴久店長)が4月から販売している、チーズまんじゅう「ハピまんチーズ」の売れ行きが好調だ。これまでに2万個を...

十勝毎日新聞

初のロゼ・スパークリングワイン 十勝レガーロ【清水】

 清水町産ブドウを使ったワイン「さねんころ」を製造する十勝レガーロ合同会社(御影基線29)が、初めてロゼのスパークリングを醸造した。25日から同社で販売する。  前身の清水ワイン研究会が20...

十勝毎日新聞

地ビールあす披露 コタニアグリ【更別】

 更別村内で生産したビール麦とホップを使った地ビールが完成し、19日に村内で開かれる「十勝さらべつすももの里まつり」で初めて販売される。更別初の地ビールを造ったのは村内の農業法人コタニアグリ(小谷...

函館新聞

ピロシキ博のオリジナルピロシキ販売開始【函館】

 「ピロシキ博2019」から誕生した「はこだて焼きピロシキ」の販売が15日、丸井今井函館店地下1階不二屋本店で始まった。地元の高校生らが考案した個性豊かなオリジナルピロシキが並び、市民らが買い求...

十勝毎日新聞

豚丼 待つ価値あり【帯広】

 帯広駅前の老舗豚丼店「元祖豚丼のぱんちょう」(西1南11)では3日午前、開店を待つ観光客らが長蛇の列をつくった。  同店の行列はいまや連休中の「風物詩」。この日は午前10時ごろから並び始め...