北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

室蘭民報

豊浦産イチゴのエキス100%使用したソーダ発売【豊浦】

26日に全国発売する豊浦いちごエキス100%のソーダをPRする山本社長(左)と村井町長

 ポッカサッポロ北海道(札幌市、山本隆二代表取締役社長)は26日、豊浦産のイチゴのエキスを100%使った「Ribbon 北海道いちごsoda(ソーダ)」を全国発売する。豊浦いちごの甘い香りと味を楽しめるソーダとなっている。

 同社は豊浦町の代表的なイベント・世界ホタテ釣り選手権などで関わりがあり、イチゴを使ったソーダを商品化。3年目を迎えた今年は、これまで他産地のイチゴも使っていたが、豊浦産いちご(品種ジャンボレット)のみを使用した。

 ソーダは青森県の工場で原料を丸ごと粉砕、加水して搾り、水分を飛ばしてエキスを抽出。神奈川県の工場でボトリングして全国に発送した。今年は6万ケース(1ケース410ミリリットル24本入り)を製造した。

 ラベルも一新した。赤いリボンをまくようなデザインで高級感を演出。年末年始のパーティーシーズンでより目を引くようにした。今年もラベルには「北海道豊浦産いちごのエキス使用」と入っている。

 20日に山本社長が豊浦町役場を訪問。「今年も貴重なイチゴを分けていただき、おいしいソーダができました」とあいさつ。村井洋一町長は「豊浦を宣伝していただきありがたい。町としてもイチゴやほかの資源を活用した6次産業化へ弾みをつけたい」と話した。

 ペットボトル1本(410ミリリットル)140円(税別)。スーパーなどで取り扱っている。

関連記事

十勝毎日新聞

「おとぷけ納豆」10年 来月プレゼント企画 音更更葉園【音更】

 社会福祉法人更葉園(町東通13、比留間正二理事長)は、法人ブランドとして製造・販売している「おとぷけ納豆」の10周年を記念し、3月1日からプレゼントキャンペーンを行う。  「おとぷけ納豆」...

室蘭民報

中島で食べ歩き、第2弾「街バル」がスタート【室蘭】

 室蘭市中島地区全体を会場に見立て、飲食店街を食べ歩くグルメイベント「中島街バル2019」が19日、同地区の23店舗で始まり、市民らが参加店をはしごし自慢の料理と酒を楽しんだ。21日まで。 ...

十勝毎日新聞

エゾヤマビール発売【本別・足寄】

 本別、足寄、陸別3町が連携して開発したクラフトビール「エゾヤマザクラビール」の飲食店での一般提供が始まった。現在、本別、足寄町内の3店で扱われており、好評だ。  同ビールは、3町の商工会や...

十勝毎日新聞

ブロッコリー麺が給食に 「緑色がきれい」【音更】

 音更町内の小学校の給食で7日、音更町産の小麦粉を使った生地に町産ブロッコリーの乾燥粉末を練りこんだオリジナル麺「音更ら~麺(ブロッコリー麺)」を使用したラーメンが初めて提供され、子どもたちがおい...

十勝毎日新聞

節分落花生 完売 生産者団体ダイイチで【芽室】

 芽室町内で落花生栽培に取り組む「十勝めむろ落花生生産グループ」(藤井信二代表、8戸)は2日、スーパー・ダイイチで煎(い)り落花生を販売した。  煎り落花生は昨年11月末に収穫し、千葉県内の...