北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

根室新聞

北方四島の歴史・文化継承を―道博物館シンポジウム開く【根室】

北方四島の文化・歴史研究の成果を報告したシンポジウム

 北方四島とのビザなし交流枠を活用し、専門家交流を続けている北海道博物館はこのほど、一般に向けた初めてのシンポジウム「北方四島の過去と現在・未来に何を伝えるか」を釧路市立博物館で開いた。先史時代から江戸期、明治から現在に至るまでの北方四島の歴史を振り返り、パネルディスカッションでは、学術交流の重要さを訴えた。なお、12月8日には、根室市教委との共催で、道立北方四島交流センター「ニ・ホ・ロ」でも開催する。

 同博物館は「北方四島の歴史・文化研究」として平成18年からビザなし交流の一般訪問として参加。翌年からは「歴史・文化専門家交流枠」を活用し、同博物館のプロジェクト研究、日本学術振興会科学研究費、外務省・内閣府の研究補助を受けながら調査、研究を続け、これまでに国後島に8回、色丹島、択捉島に各3回の現地調査を行ってきた。

 シンポジウムは、釧路市立博物館との共催で、「歴史・文化遺産を伝える」をサブテーマに、釧路市埋蔵文化財調査センターの高橋勇人学芸専門員が「釧路市立博物館所蔵の北方四島考古資料」、北海道博物館の鈴木琢也学芸主査が「北方四島の先史文化交流」、松浦武四郎研究会の野澤緯三男事務局長が「武四郎がみた北方四島」、同会員の谷内紀夫氏(元道北方領土対策本部根室地方本部副本部長)が「北方四島の歴史・文化遺産の継承」をテーマに報告。この後、報告者を交えたパネルディスカッションで、人類活動史から北方四島の歴史・文化遺産の継承を考える機会として意見を出し合った。

 この中で、根室振興局で「北方領土遺産」発掘・継承事業に携わった谷内氏は、失われていく北方四島での日本人の生活の痕跡に懸念を示し「昭和13年に建てられた紗那国民学校は、日ロ両国民にとって母校でもあるが、壊されようとしている」と報告。保存していくためには、ロシア側の許可が必要であり、主権問題と相まって「取り壊された紗那郵便局や択捉島水産会事務所のように時間切れになるかもしれない」とした。

 また、パネルディスカッションでは、コーディネーターを務めた北海道博物館の右代啓視学芸主幹が「領土問題も歴史や文化を認識して進めることが重要。文化遺産への理解促進には、情報共有できる拠点が必要ではないか」と提案した。

 なお、12月8日午後1時半から道立北方四島交流センター「ニ・ホ・ロ」でも開催する予定で、根室管内から根室市歴史と自然の資料館の猪熊樹人学芸主査が「根室市歴史と自然の資料館所蔵の北方四島資料」、羅臼町郷土資料館の天方博章学芸員が「羅臼町郷土資料館所蔵の北方四島考古資料」と題して報告を追加する。

関連記事

根室新聞

震災建築物の危険度判定を容易に―青年建築士がマニュアル作成【根室】

 根室市内の建築士で作る一般社団法人北海道建築士会根室支部青年委員会(海老名秀貴委員長)は、地震発生時に専門的な知識がなくても施設の安全点検ができる「だれでもわかる震災建築物の簡易危険度判定マ...

根室新聞

24日「別院寄席」地元出身の三遊亭金八さんプロデュース【根室】

 根室出身の落語家・三遊亭金八さんがプロデュースする第17回別院寄席「歌でつづる戦後歌謡史2019」=ポスター写真=が24日、真宗大谷派根室別院会館で開かれる。今年は「歌まね」で史上初めて文化庁芸術祭優秀...

苫小牧民報

6年連続「億トン港」 震災の影響を最小限に

 苫小牧港の2018年(1~12月)の貨物取扱量が速報値ベースで1億744万4278トンとなった。03~08年の記録と並ぶ6年連続の1億トン超え。ただ、昨年9月に起きた胆振東部地震の影響で前年比...

日高報知新聞

漁業とアザラシの共存を【えりも】

【えりも】日高振興局は17日、日高山脈襟裳国定公園の観光拠点、襟裳岬・風の館で「親子で考えよう!ゼニガタアザラシ学習観察会」を開き、管内7町から親子44人が参加した。岬に棲むゼニガタアザラシの生態...

日高報知新聞

管内7校で388人が合格

 18日は道内公立高校の合格発表日。日高管内でも午前10時に全日制6校、定時制1校で一斉に合格発表が行われ、全日制381人と定時制7人の計388人(前年421人)が合格の栄冠を勝ち取った。  各...