北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

十勝毎日新聞

トラクターを遠隔制御 フクザワ・オーダー開発【芽室】

 農機具開発のフクザワ・オーダー農機(芽室、福澤剛志代表)はとかち財団(長澤秀行理事長)と共同で、農作物の収穫などに使う作業機に乗りながらトラクターを遠隔制御できる装置を開発した。農機大手ヤンマー(大阪)の新型トラクターに対応し、この装置でトラクターの車速を確認しながら速度を変えたり、緊急停止させたりする。農作業を効率化し、事故防止にも役立つとみている。

作業機に取り付けるトラクター制御装置と福澤代表

とかち財団と共同で

 ヤンマーアグリジャパン北海道支社(江別市)が26、27日に開いた十勝合同展示会で初披露した。新装置はトラクターがけん引する作業機に取り付ける。

 作業機側からトラクターを動かす装置は以前にもあったが、ヤンマーの新型「YTシリーズ」は高度な電子技術が盛り込まれ、従来の装置では遠隔で制御するのが難しかった。今回の装置はYTシリーズに初めて対応したものとなる。

 トラクターの車速をパネル表示できるのも特徴。速度に関する情報をトラクター側から読み取り、装置に表示する仕組みづくりは、とかち財団が協力した。

 ジャガイモなどの収穫作業は通常、トラクターの運転と作業機の操作に最低2人は必要。ただ走行中はエンジン音などで互いの声が聞き取りづらく、トラクターと作業機の間を行き来する中で事故が発生するケースが少なくなかった。

 新装置によってトラクター運転者の労力が減り、作業機に乗る生産者の事故リスクも軽減できる。販売予約の受け付けを開始し、価格は税別60万円前後。ヤンマーが販売元となる。

 フクザワ・オーダー農機は生産者が楽な姿勢で作業できるナガイモ植え付け機も開発し、2017年度に機械振興協会(東京)の「機械振興協会会長賞」に選ばれている。

関連記事

苫小牧民報

胆振東部応援フェアで3町の特産品販売-新千歳空港

 9月の胆振東部地震で大きな被害を受けた厚真、安平、むかわ各町の特産品を販売する「胆振東部エリア応援フェア」の物産展が14日、新千歳空港国内線ターミナルビル2階センタープラザで始まった。3町の観...

苫小牧民報

土砂災害犠牲者の慰霊式 復興への決意新たに-厚真町

 厚真町は15日、9月に発生した胆振東部地震の土砂災害で犠牲になった町民36人の慰霊式を同町総合福祉センターで開いた。遺族や関係者ら577人が参列。黙とうをささげて献花し、復興への決意を新たにし...

日高報知新聞

日台国際大会に出場

 29日から台湾で開かれる中学硬式野球の「第16回日台国際野球大会」に出場する北海道選抜チームのメンバー18人に、日高リトルシニア(浦川聡監督、団員25人)から久保田陽喜選手(えりも中2年)が選ばれた。26...

日高報知新聞

奨学金条例改正、給付型に【新ひだか】

【新ひだか】町議会定例会は14日、平成30年度一般会計補正予算案や町奨学金条例の改正など、提出議案を可決して同日閉会した。町議の議員報酬及び費用弁償等に関する条例の一部改正については、総務文教常任委員...

十勝毎日新聞

武四郎 功績つぶさ 特別展が開幕【帯広】

 「北海道」の命名者として知られる幕末の探検家松浦武四郎(1818~88年)の特別巡回展「幕末維新を生きた旅の巨人 松浦武四郎」が15日、道立帯広美術館で開幕した。初日から大勢の来場者でにぎわい...