北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

十勝毎日新聞

トラクターを遠隔制御 フクザワ・オーダー開発【芽室】

 農機具開発のフクザワ・オーダー農機(芽室、福澤剛志代表)はとかち財団(長澤秀行理事長)と共同で、農作物の収穫などに使う作業機に乗りながらトラクターを遠隔制御できる装置を開発した。農機大手ヤンマー(大阪)の新型トラクターに対応し、この装置でトラクターの車速を確認しながら速度を変えたり、緊急停止させたりする。農作業を効率化し、事故防止にも役立つとみている。

作業機に取り付けるトラクター制御装置と福澤代表

とかち財団と共同で

 ヤンマーアグリジャパン北海道支社(江別市)が26、27日に開いた十勝合同展示会で初披露した。新装置はトラクターがけん引する作業機に取り付ける。

 作業機側からトラクターを動かす装置は以前にもあったが、ヤンマーの新型「YTシリーズ」は高度な電子技術が盛り込まれ、従来の装置では遠隔で制御するのが難しかった。今回の装置はYTシリーズに初めて対応したものとなる。

 トラクターの車速をパネル表示できるのも特徴。速度に関する情報をトラクター側から読み取り、装置に表示する仕組みづくりは、とかち財団が協力した。

 ジャガイモなどの収穫作業は通常、トラクターの運転と作業機の操作に最低2人は必要。ただ走行中はエンジン音などで互いの声が聞き取りづらく、トラクターと作業機の間を行き来する中で事故が発生するケースが少なくなかった。

 新装置によってトラクター運転者の労力が減り、作業機に乗る生産者の事故リスクも軽減できる。販売予約の受け付けを開始し、価格は税別60万円前後。ヤンマーが販売元となる。

 フクザワ・オーダー農機は生産者が楽な姿勢で作業できるナガイモ植え付け機も開発し、2017年度に機械振興協会(東京)の「機械振興協会会長賞」に選ばれている。

関連記事

苫小牧民報

ヒメマス大豊漁 釣獲数過去最多6万8206匹-支笏湖漁協

 支笏湖のヒメマス(支笏湖チップ)釣りが大豊漁となっている。千歳市と支笏湖漁業協同組合の調査によると、解禁後の1~15日に釣り上げた釣獲数は前年同期比83・8%(3万1101匹)増の6万8206...

苫小牧民報

安平川下流に遊水地 道が環境保全と治水対策

 苫小牧東部地域(苫東)を流れる安平川下流域の治水対策で道は、弁天沼を含む湿地帯約950ヘクタールの一部を対象に遊水地(河道内調整地)として試験的に整備する工事を今年度中に着手する。この堤防は洪...

苫小牧民報

激励受け、25キロ徒歩行進 候補生42人、基礎能力身に付け-陸自第7師団

 陸上自衛隊第7師団は指揮下にある第7特科連隊が担当する自衛官候補生課程の訓練、「25キロ徒歩行進」を公開した。北海道大演習場東千歳地区の経路を移動し、安全確認を励行しながら踏破する内容。途中で...

日高報知新聞

OBとの合同演奏も【浦河】

 浦河高校吹奏楽局(局員30人)の第23回定期演奏会が15日、浦河町総合文化会館文化ホールで開かれ、多くの聴衆を前に練習を重ねてきた5曲を演奏。第2部では卒業局員も加わり、現部員と息の合った合同演奏...

日高報知新聞

増収減益、2.7億円の黒字【浦河】

 日高信用金庫(本店・浦河町、大沼孝司理事長)の第97期通常総代会が17日、浦河町総合文化会館で開かれた。2019年3月期決算は前年度比で増収・減益となり、当期純利益は約7800万円減の2億716...