北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

十勝毎日新聞

トラクターを遠隔制御 フクザワ・オーダー開発【芽室】

 農機具開発のフクザワ・オーダー農機(芽室、福澤剛志代表)はとかち財団(長澤秀行理事長)と共同で、農作物の収穫などに使う作業機に乗りながらトラクターを遠隔制御できる装置を開発した。農機大手ヤンマー(大阪)の新型トラクターに対応し、この装置でトラクターの車速を確認しながら速度を変えたり、緊急停止させたりする。農作業を効率化し、事故防止にも役立つとみている。

作業機に取り付けるトラクター制御装置と福澤代表

とかち財団と共同で

 ヤンマーアグリジャパン北海道支社(江別市)が26、27日に開いた十勝合同展示会で初披露した。新装置はトラクターがけん引する作業機に取り付ける。

 作業機側からトラクターを動かす装置は以前にもあったが、ヤンマーの新型「YTシリーズ」は高度な電子技術が盛り込まれ、従来の装置では遠隔で制御するのが難しかった。今回の装置はYTシリーズに初めて対応したものとなる。

 トラクターの車速をパネル表示できるのも特徴。速度に関する情報をトラクター側から読み取り、装置に表示する仕組みづくりは、とかち財団が協力した。

 ジャガイモなどの収穫作業は通常、トラクターの運転と作業機の操作に最低2人は必要。ただ走行中はエンジン音などで互いの声が聞き取りづらく、トラクターと作業機の間を行き来する中で事故が発生するケースが少なくなかった。

 新装置によってトラクター運転者の労力が減り、作業機に乗る生産者の事故リスクも軽減できる。販売予約の受け付けを開始し、価格は税別60万円前後。ヤンマーが販売元となる。

 フクザワ・オーダー農機は生産者が楽な姿勢で作業できるナガイモ植え付け機も開発し、2017年度に機械振興協会(東京)の「機械振興協会会長賞」に選ばれている。

関連記事

日高報知新聞

匿名寄付で新救急車【浦河】

 浦河赤十字病院(浦河町東町ちのみ1)に19日、新しい救急車が納車された。従来より室内の高さがあり、最新機器を搭載した高規格準拠の新型救急車で、病院関係者に披露した。  同病院は、平成11年に導...

日高報知新聞

28日、えりもうに祭り【えりも】

【えりも】えりもに春の訪れを告げる「第9回えりもうに祭り」が28日、国道沿いの町スポーツ公園で開かれる。えりも漁協など実行委の主催。  えりもの海で採れるエゾバフンウニは、前浜の磯で豊かに繁殖...

十勝毎日新聞

「低たんぱくパンミックス粉」 ネットで全国販売へ まつもと薬局【帯広】

 まつもと薬局(松本健春社長、帯広)は5月下旬から、管理栄養士が企画・開発した「低たんぱくパンミックス粉」を全国で販売する。腎臓病患者のために商品化し、3月に販売を開始したところ、全道から問い合わ...

十勝毎日新聞

なつぞら列車 出発進行【帯広】

 JR北海道はNHK連続テレビ小説「なつぞら」のステッカーを貼った特急「スーパーとかち」の運行を開始した。22日午前にJR帯広駅で記念セレモニーが行われ、関係者がなつぞら仕様の列車を笑顔で送り...

十勝毎日新聞

統一地方選 鹿追・喜井氏 足寄・渡辺氏 初当選【十勝】

 鹿追、足寄、幕別、大樹の4町長選挙は21日夜、即日開票され、新人同士の一騎打ちとなった鹿追、足寄で、まちづくりのかじ取り役となる新たなリーダーが誕生、現職と新人の戦いとなった幕別、大樹はいず...

CATEGORY記事カテゴリー

MEDIA参加新聞社

ARCHIVE月別記事リスト

RANKINGアクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス