北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

十勝毎日新聞

忠類和牛でハンバーグ 地区の給食に提供【幕別】

児童と忠類和牛ハンバーグを味わう高橋会長(中央)

 地域の農畜産業を身近に知ってもらおうと、忠類和牛改良組合(高橋一男会長、8人)は19日、忠類地区の学校給食に組合で製造した和牛ハンバーグを提供した。

 同組合は地元の祭りなどで忠類産和牛の牛肉やハンバーグを販売しているが、学校給食に提供するのは初めて。忠類小、駒畠小、忠類中、忠類保育所の4カ所に、約230個を用意した。

 忠類小(小松淳一校長、児童83人)には、高橋会長ら3人の生産者と飯田晴義町長が訪れ、1年生児童と一緒にハンバーグを味わった。ユリ根とジャガイモを使った卵スープが添えられ、「地元産」尽くしに児童らは笑顔。男子児童は「お母さんが作るハンバーグもおいしいけれど、給食のハンバーグが一番おいしかった」と話していた。

 組合の会員で、忠類和牛の肥育を行う蛯原一さんは「子どもたちの喜んで食べる姿を見て、生産者と消費者の距離が近づいたのを感じた」と話していた。

 高橋会長は「忠類の子どもたちが地域で黒毛和牛を生産していることを知り、実際に食べることで、十勝の食文化を考える契機になれば」と期待していた。

関連記事

十勝毎日新聞

「ハピまん」2万個販売 チーズ伸びて大ヒット【音更】

 JA木野(清都善章組合長)の子会社が運営するスーパー「ハピオ」(音更町木野大通西7、石田晴久店長)が4月から販売している、チーズまんじゅう「ハピまんチーズ」の売れ行きが好調だ。これまでに2万個を...

十勝毎日新聞

初のロゼ・スパークリングワイン 十勝レガーロ【清水】

 清水町産ブドウを使ったワイン「さねんころ」を製造する十勝レガーロ合同会社(御影基線29)が、初めてロゼのスパークリングを醸造した。25日から同社で販売する。  前身の清水ワイン研究会が20...

十勝毎日新聞

地ビールあす披露 コタニアグリ【更別】

 更別村内で生産したビール麦とホップを使った地ビールが完成し、19日に村内で開かれる「十勝さらべつすももの里まつり」で初めて販売される。更別初の地ビールを造ったのは村内の農業法人コタニアグリ(小谷...

函館新聞

ピロシキ博のオリジナルピロシキ販売開始【函館】

 「ピロシキ博2019」から誕生した「はこだて焼きピロシキ」の販売が15日、丸井今井函館店地下1階不二屋本店で始まった。地元の高校生らが考案した個性豊かなオリジナルピロシキが並び、市民らが買い求...

十勝毎日新聞

豚丼 待つ価値あり【帯広】

 帯広駅前の老舗豚丼店「元祖豚丼のぱんちょう」(西1南11)では3日午前、開店を待つ観光客らが長蛇の列をつくった。  同店の行列はいまや連休中の「風物詩」。この日は午前10時ごろから並び始め...