北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

十勝毎日新聞

しっとり食感パン発売 畜大と敷島製パン共同研究【帯広】

ゆめちから乳酸菌を使った「パネトーネ」を紹介する(左から)中村准教授、猪股研究員、山内教授

 帯広畜産大学(奥田潔学長)と「Pasco」のブランド名で知られる敷島製パン(名古屋市、盛田淳夫社長)は、包括連携協定に基づく共同研究で新規に取得した乳酸菌「ゆめちから乳酸菌」を使い、発酵菓子パン「パネトーネ」を開発した。敷島製パンが12月1日から販売、帯畜大でも同3日から限定販売する。

 28日に帯畜大で記者会見が行われ、同大の山内宏昭教授、中村正准教授、敷島製パンから同大大学院に社会人留学中の猪股大祐研究員が説明した。

 両者の包括連携協定は2012年、学術振興や十勝農業の発展などを目的に締結された。帯畜大内に製パン製造施設「とかち夢パン工房」を設置したり、同社の社員を大学側が社会人学生として受け入れるなどしてきた。

 今回の新商品「パネトーネ」のもととなった「ゆめちから乳酸菌」は、道産小麦「ゆめちから」を調製した発酵種から数種の乳酸菌を分離し、その中から製パンに有用として選定したオリジナル有用菌株。従来の発酵種を使うより、軟らかい食感やマイルドな酸味が特徴としている。山内教授は「生地種から乳酸菌を分離する技術は昔からあるが、国産小麦からオリジナルの乳酸菌を分離したのは初めて」と強調した。

 パネトーネはレーズンなどのドライフルーツが入ったイタリアの伝統的な発酵菓子パンで、クリスマスの定番菓子の一つ。今回新開発の商品は「ゆめちから乳酸菌」を使用したことで、軟らかさとしっとり感の長時間持続を実現した。猪股研究員は「ゆめちから乳酸菌の良さが味わえる利用方法として、最適な食品。クリスマスシーズンに楽しんでほしい」と話した。

 12月1日から、道内ではPasco夢パン工房手稲店・野幌店の2店舗と、道外の一部スーパーなどで限定販売される。帯広では同3日から、畜大生協で限定100個を販売する。同大での販売価格は1個1080円。

関連記事

十勝毎日新聞

「おとぷけ納豆」10年 来月プレゼント企画 音更更葉園【音更】

 社会福祉法人更葉園(町東通13、比留間正二理事長)は、法人ブランドとして製造・販売している「おとぷけ納豆」の10周年を記念し、3月1日からプレゼントキャンペーンを行う。  「おとぷけ納豆」...

室蘭民報

中島で食べ歩き、第2弾「街バル」がスタート【室蘭】

 室蘭市中島地区全体を会場に見立て、飲食店街を食べ歩くグルメイベント「中島街バル2019」が19日、同地区の23店舗で始まり、市民らが参加店をはしごし自慢の料理と酒を楽しんだ。21日まで。 ...

十勝毎日新聞

エゾヤマビール発売【本別・足寄】

 本別、足寄、陸別3町が連携して開発したクラフトビール「エゾヤマザクラビール」の飲食店での一般提供が始まった。現在、本別、足寄町内の3店で扱われており、好評だ。  同ビールは、3町の商工会や...

十勝毎日新聞

ブロッコリー麺が給食に 「緑色がきれい」【音更】

 音更町内の小学校の給食で7日、音更町産の小麦粉を使った生地に町産ブロッコリーの乾燥粉末を練りこんだオリジナル麺「音更ら~麺(ブロッコリー麺)」を使用したラーメンが初めて提供され、子どもたちがおい...

十勝毎日新聞

節分落花生 完売 生産者団体ダイイチで【芽室】

 芽室町内で落花生栽培に取り組む「十勝めむろ落花生生産グループ」(藤井信二代表、8戸)は2日、スーパー・ダイイチで煎(い)り落花生を販売した。  煎り落花生は昨年11月末に収穫し、千葉県内の...