北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

十勝毎日新聞

しっとり食感パン発売 畜大と敷島製パン共同研究【帯広】

ゆめちから乳酸菌を使った「パネトーネ」を紹介する(左から)中村准教授、猪股研究員、山内教授

 帯広畜産大学(奥田潔学長)と「Pasco」のブランド名で知られる敷島製パン(名古屋市、盛田淳夫社長)は、包括連携協定に基づく共同研究で新規に取得した乳酸菌「ゆめちから乳酸菌」を使い、発酵菓子パン「パネトーネ」を開発した。敷島製パンが12月1日から販売、帯畜大でも同3日から限定販売する。

 28日に帯畜大で記者会見が行われ、同大の山内宏昭教授、中村正准教授、敷島製パンから同大大学院に社会人留学中の猪股大祐研究員が説明した。

 両者の包括連携協定は2012年、学術振興や十勝農業の発展などを目的に締結された。帯畜大内に製パン製造施設「とかち夢パン工房」を設置したり、同社の社員を大学側が社会人学生として受け入れるなどしてきた。

 今回の新商品「パネトーネ」のもととなった「ゆめちから乳酸菌」は、道産小麦「ゆめちから」を調製した発酵種から数種の乳酸菌を分離し、その中から製パンに有用として選定したオリジナル有用菌株。従来の発酵種を使うより、軟らかい食感やマイルドな酸味が特徴としている。山内教授は「生地種から乳酸菌を分離する技術は昔からあるが、国産小麦からオリジナルの乳酸菌を分離したのは初めて」と強調した。

 パネトーネはレーズンなどのドライフルーツが入ったイタリアの伝統的な発酵菓子パンで、クリスマスの定番菓子の一つ。今回新開発の商品は「ゆめちから乳酸菌」を使用したことで、軟らかさとしっとり感の長時間持続を実現した。猪股研究員は「ゆめちから乳酸菌の良さが味わえる利用方法として、最適な食品。クリスマスシーズンに楽しんでほしい」と話した。

 12月1日から、道内ではPasco夢パン工房手稲店・野幌店の2店舗と、道外の一部スーパーなどで限定販売される。帯広では同3日から、畜大生協で限定100個を販売する。同大での販売価格は1個1080円。

関連記事

室蘭民報

中井英策商店で「キンキのいずし」の製造が大詰め【伊達】

 師走に入り、中井英策商店(伊達市南稀府町、及川昌弘代表取締役社長)で、「キンキのいずし」の製造が大詰めを迎えている。伊達市の名産とあって、従業員が彩り鮮やかに詰め込んでいる。  同社はハタハ...

十勝毎日新聞

十勝ワイン新酒 豪快に 楽しむ会【帯広】

 「帯広・十勝ワインを楽しむ会」が1日、帯広市内のとかち館で開かれた。愛好家ら54人が参加。11月30日に解禁になったばかりの十勝ワインヌーボ2019を中心に、ワインと料理を楽しんだ。  同会...

室蘭民報

スイーツいかが…「うずらプリン」の製造がピーク【室蘭】

 室蘭うずら園(三浦忠雄代表取締役)の人気商品「室蘭うずらのプリン」が、歳末商戦向けに製造がピークを迎えている。室蘭市石川町の同社工場内は、甘い香りに包まれている。  同プリンは、餌を工夫して...

室蘭民報

くじら食堂看板メニューの「やきとり弁当」が1万食達成【室蘭】

販売半年、大ヒット  道の駅みたら室蘭(室蘭市祝津町)の飲食スペースに出店している、くじら食堂の看板メニュー「室蘭やきとり弁当」(税込670円)が、販売開始から半年で1万食を達成した。同食堂を運...

室蘭民報

年越しそば手打ちで…“道場主”らが指導【室蘭】

 西胆振のそば打ち愛好家による登別蕎麦(そば)道場(中山満晴代表)の「手打ちそば体験講座」が1日、室蘭市港北町のサンライフ室蘭で開かれ、市民ら11人が年越しに向けてそば打ちの習得に励んだ。  ...

CATEGORY記事カテゴリー

MEDIA参加新聞社

ARCHIVE月別記事リスト

RANKINGアクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス