北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

室蘭民報

白鳥台のパチンコ店も閉店、商業空洞化を危惧【室蘭】

27日に閉店したハック横のパチンコ店。商業空洞化が懸念されている

 室蘭市白鳥台のショッピングセンター・ハックのスーパーくまがいの年内撤退が明らかになったが、ハックに隣接するパチンコBIG1も27日に急きょ、閉店していたことが分かった。運営会社は「人口減」を理由としている。核テナント撤退によるハック自体への影響懸念もあり、関係者は地域商業地の空洞化を危惧している。

 運営会社の大晃(白鳥台)によると、BIG1は1991年(平成3年)に新築し、営業を開始した。27日朝「諸事情で業務継続が難しくなった。急な決定をおわびします」との貼り紙を掲示した。

 延べ床面積約600平方メートルの店舗、約1400平方メートルの土地の活用は未定。スタッフ8人は解雇する。同社は「人口減少が大きな要因。業界の規制強化もあり思うような店づくりが難しくなった」と説明した。

 一方、スーパーくまがいは撤退理由の一つに「重たいテナント料負担」を挙げているが、核テナント撤退はハックへの経費負担増につながるため、運営する白鳥台ショッピングセンター商業協同組合は後継テナントの誘致を急ぐ。

 ハックが抱える課題が、94年のリニューアル時に活用した高度化資金の返済問題だ。71年に営業開始したハックは94年、中小企業基盤整備機構の高度化資金(道と一体となった長期低利融資)を使い、現店舗を完成させた経過がある。

 関係者によると、今後も償還が残るため、スーパー撤退は地域の問題であると同時に、店舗経営の問題でもある。胆振総合振興局幹部は「道としてもどうすれば継続できるかを、機構と協議していく」と話した。

 2件の閉店事案は、市のまちづくりにとっても重要な課題だ。市は今夏、ハック内に図書館分室を開設したばかり。ハック隣接地で廃止した白鳥台会館跡地には、市営住宅白鳥台集会所を移転新築する計画も持つからだ。

 一連の動きを受け、白鳥台地区連合町会は12月3日に三役で対応を協議し、後日の役員会で議題にする方針を決めた。上西英子会長は「7年前と同じ。ハックで買い物する人は車がない人や高齢者だけに問題は深刻」と困惑している。

関連記事

苫小牧民報

胆振東部応援フェアで3町の特産品販売-新千歳空港

 9月の胆振東部地震で大きな被害を受けた厚真、安平、むかわ各町の特産品を販売する「胆振東部エリア応援フェア」の物産展が14日、新千歳空港国内線ターミナルビル2階センタープラザで始まった。3町の観...

苫小牧民報

土砂災害犠牲者の慰霊式 復興への決意新たに-厚真町

 厚真町は15日、9月に発生した胆振東部地震の土砂災害で犠牲になった町民36人の慰霊式を同町総合福祉センターで開いた。遺族や関係者ら577人が参列。黙とうをささげて献花し、復興への決意を新たにし...

日高報知新聞

日台国際大会に出場

 29日から台湾で開かれる中学硬式野球の「第16回日台国際野球大会」に出場する北海道選抜チームのメンバー18人に、日高リトルシニア(浦川聡監督、団員25人)から久保田陽喜選手(えりも中2年)が選ばれた。26...

日高報知新聞

奨学金条例改正、給付型に【新ひだか】

【新ひだか】町議会定例会は14日、平成30年度一般会計補正予算案や町奨学金条例の改正など、提出議案を可決して同日閉会した。町議の議員報酬及び費用弁償等に関する条例の一部改正については、総務文教常任委員...

十勝毎日新聞

武四郎 功績つぶさ 特別展が開幕【帯広】

 「北海道」の命名者として知られる幕末の探検家松浦武四郎(1818~88年)の特別巡回展「幕末維新を生きた旅の巨人 松浦武四郎」が15日、道立帯広美術館で開幕した。初日から大勢の来場者でにぎわい...