北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

十勝毎日新聞

西21新興町内会にオリジナルソング誕生【帯広】

「花の新興町内会」の楽譜とカラオケ用CDを手にする(右から)鈴木さん、吉江さん

 帯広市西部の「西21新興町内会」(柏谷和夫会長、173世帯)に町内会ソングが誕生した。会員の鈴木史彦さん(72)が作詞した「花の新興町内会」。歌詞には祭りの様子など、地域の風景を思い起こさせるフレーズが多数使われている。鈴木さんはカラオケ用のCDも制作。今後、地域で配布することも考えており、「子どもでも簡単に歌える曲。多くの人に親しんでもらえれば」と話す。

 作曲はラテンジャズバンド「ちばよしおとノーチェ・アミーゴ」のサックス奏者で市内に住む吉江京一さん(72)、編曲は同バンドOBで同じく市内に住むドラム奏者の樋口兼義さん(82)が担当した。

 「既存の曲を替え歌にした町内会ソングはあるが、手作りのものは珍しいのでは」と鈴木さん。市市民活動推進課も「把握しているわけではないが、一から作ったという話はあまり聞かない」という。

 メロディーはもともと30年ほど前に別の目的で作曲・編曲されていたが、日の目を見ずに眠っていた。鈴木さんもバンドOBで、歌詞の完成を吉江さんに知らせたところ、歌詞と曲を合わせてみることに。吉江さんは「曲の調子に歌詞がぴたり、はまった。このために作られた曲だったのかと思った」といい、町内会ソング「花の新興町内会」の誕生となった。

 鈴木さんは「(カラオケ用CDの配布などで)地域に浸透したら、町内会の人たちに歌ってもらい、今度は歌入りのCDを作りたいと思っている。地域で末永く愛される曲になれば」と期待している。

<花の新興町内会>
一、
帯広川の ほとりに咲いた
緑ゆたかな 昭和の街よ
西に日高を 仰ぎ見て
北は大雪 屏風のように
西二一新興
ああ新興町内会

二、
春は花だんに ひと汗かいて
熱気あふれる 誕生会
秋の例祭 子どものみこし
勇みハッピに 未来の予感
西二一新興
ああ新興町内会

三、
風さわやかな 真夏の広場
老いも若きも ひとつになって
ビールに焼き肉 笑顔と笑顔
春夏秋冬 力を合わせ
西二一新興
ああ新興町内会(くり返す)

関連記事

苫小牧民報

胆振東部応援フェアで3町の特産品販売-新千歳空港

 9月の胆振東部地震で大きな被害を受けた厚真、安平、むかわ各町の特産品を販売する「胆振東部エリア応援フェア」の物産展が14日、新千歳空港国内線ターミナルビル2階センタープラザで始まった。3町の観...

苫小牧民報

土砂災害犠牲者の慰霊式 復興への決意新たに-厚真町

 厚真町は15日、9月に発生した胆振東部地震の土砂災害で犠牲になった町民36人の慰霊式を同町総合福祉センターで開いた。遺族や関係者ら577人が参列。黙とうをささげて献花し、復興への決意を新たにし...

日高報知新聞

日台国際大会に出場

 29日から台湾で開かれる中学硬式野球の「第16回日台国際野球大会」に出場する北海道選抜チームのメンバー18人に、日高リトルシニア(浦川聡監督、団員25人)から久保田陽喜選手(えりも中2年)が選ばれた。26...

日高報知新聞

奨学金条例改正、給付型に【新ひだか】

【新ひだか】町議会定例会は14日、平成30年度一般会計補正予算案や町奨学金条例の改正など、提出議案を可決して同日閉会した。町議の議員報酬及び費用弁償等に関する条例の一部改正については、総務文教常任委員...

十勝毎日新聞

武四郎 功績つぶさ 特別展が開幕【帯広】

 「北海道」の命名者として知られる幕末の探検家松浦武四郎(1818~88年)の特別巡回展「幕末維新を生きた旅の巨人 松浦武四郎」が15日、道立帯広美術館で開幕した。初日から大勢の来場者でにぎわい...