北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

十勝毎日新聞

西21新興町内会にオリジナルソング誕生【帯広】

「花の新興町内会」の楽譜とカラオケ用CDを手にする(右から)鈴木さん、吉江さん

 帯広市西部の「西21新興町内会」(柏谷和夫会長、173世帯)に町内会ソングが誕生した。会員の鈴木史彦さん(72)が作詞した「花の新興町内会」。歌詞には祭りの様子など、地域の風景を思い起こさせるフレーズが多数使われている。鈴木さんはカラオケ用のCDも制作。今後、地域で配布することも考えており、「子どもでも簡単に歌える曲。多くの人に親しんでもらえれば」と話す。

 作曲はラテンジャズバンド「ちばよしおとノーチェ・アミーゴ」のサックス奏者で市内に住む吉江京一さん(72)、編曲は同バンドOBで同じく市内に住むドラム奏者の樋口兼義さん(82)が担当した。

 「既存の曲を替え歌にした町内会ソングはあるが、手作りのものは珍しいのでは」と鈴木さん。市市民活動推進課も「把握しているわけではないが、一から作ったという話はあまり聞かない」という。

 メロディーはもともと30年ほど前に別の目的で作曲・編曲されていたが、日の目を見ずに眠っていた。鈴木さんもバンドOBで、歌詞の完成を吉江さんに知らせたところ、歌詞と曲を合わせてみることに。吉江さんは「曲の調子に歌詞がぴたり、はまった。このために作られた曲だったのかと思った」といい、町内会ソング「花の新興町内会」の誕生となった。

 鈴木さんは「(カラオケ用CDの配布などで)地域に浸透したら、町内会の人たちに歌ってもらい、今度は歌入りのCDを作りたいと思っている。地域で末永く愛される曲になれば」と期待している。

<花の新興町内会>
一、
帯広川の ほとりに咲いた
緑ゆたかな 昭和の街よ
西に日高を 仰ぎ見て
北は大雪 屏風のように
西二一新興
ああ新興町内会

二、
春は花だんに ひと汗かいて
熱気あふれる 誕生会
秋の例祭 子どものみこし
勇みハッピに 未来の予感
西二一新興
ああ新興町内会

三、
風さわやかな 真夏の広場
老いも若きも ひとつになって
ビールに焼き肉 笑顔と笑顔
春夏秋冬 力を合わせ
西二一新興
ああ新興町内会(くり返す)

関連記事

根室新聞

北方領土の語り部育成 後継者が元島民の体験語る【根室】

 千島歯舞諸島居住者連盟根室支部(宮谷内亮一支部長)は15日、千島会館で後継者語り部育成事業を開催し、歯舞群島・勇留島2世の米屋聡さん(59)と国後島2世の野潟龍彦さん(67)が、元島民から聞いた島で...

根室新聞

室根より「おいしいこんぶ ありがとうございました」【根室】

 逆さ地名が縁で岩手県一関市室根町と交流する「根室・室根交流の会」(志和秀春会長)のもとへ、室根の保育施設から「昆布の絵手紙」が届いた。特産品交流で送っていた昆布のお礼ということで、ちぎり絵で...

根室新聞

「初年度に手応え」カキ養殖へ試験継続【根室】

 歯舞漁協の23部会でつくる歯舞水産物ブランド化推進協議会(小杉和美会長)は、トーサムポロ沼でカキ養殖に取り組んでいる。1年目の昨年は歯舞こんぶ祭りなどイベントで販売を行っており、今後も養殖試験を...

根室新聞

商店街に歓声響く「下町スライダー」大盛況【根室】

 雪で作った全長50メートルの巨大滑り台が17日、緑町商店街を歩行者天国にして設置され、迫力満点の“冬の遊び”に歓声を上げる約1,000人の親子連れでにぎわった。イベントは根室商工会議所青年部創陽クラブ(...

日高報知新聞

管内で新たに4人を認定【浦河】

 道が認定する木育を普及させる専門家「木育マイスター」の平成30年度認定証交付式が14日、浦河町常盤町の日高振興局森林室で行われ、新たに4人が認定証の交付を受けた。  木育マイスターは、森や木工...