北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

十勝毎日新聞

世界基準のホースマンに 鬼窪さんアイルランドへ【帯広】

アイルランド研修に参加する鬼窪さん(右)。中央は帯畜大馬術部在籍のかつての愛馬「柏輪号」、左は現役馬術部の杢屋長良さん

 帯広畜産大学出身の獣医師鬼窪峻大(としひろ)さん(26)=日高管内新冠町在住=は、来年1月から半年間、世界基準のホースマンを育成するアイルランドの研修に参加する。鬼窪さんは「将来は競馬の本場・欧州の牧場で働き、日本と世界をつなぐ仕事をしたい」と意欲を見せる。

 参加するのは、国営牧場「アイリッシュ・ナショナル・スタッド(INS)」のブリーディングコース。世界的に知られた研修で、世界中から選ばれた若手ホースマン30人が、生産牧場の管理責任者に必要な基礎知識や技術を習得する。研修内容は、生殖器の解剖学やスピード遺伝子、種牡馬の経済学など多岐にわたる。今回、日本からの参加は鬼窪さんのみ。

 INSの研修は1971年に開始。これまでに送り出した800人以上の卒業生は、世界の牧場や厩舎(きゅうしゃ)などで活躍し、ネットワークを構築している。

 神奈川県出身の鬼窪さんは高校時代に競馬の魅力に触れ、帯畜大に進学。馬術部主将を務め、オーストラリアの牧場で働くなど、在学中から世界での活躍を意識していた。2017年3月に卒業し、4月から新冠町のサラブレッド生産牧場「パカパカファーム」に勤務。同牧場は、ダービー馬ディープブリランテなどの活躍馬を生産している。

 アイルランドでは、日本と異なる環境に応じた生産管理方法や、成熟した馬文化の吸収を楽しみにしている。

 世界最高峰とされるアラブ首長国連邦(UAE)の研修コースへの参加が目標で、アイルランドの経験はそのステップにする考え。鬼窪さんは「技術的に欧州に追いつき、日本人ホースマンが世界で働ける環境をつくりたい」と話す。

関連記事

十勝毎日新聞

十勝の風景クッキーに 実現へCF開始【帯広】

 帯広市内の十勝菓子工房菓音(東11南15)は、十勝の四季を描いたクッキーの商品化に向け、クラウドファンディング(CF)を始めた。クッキーを絵画、ギフト箱を額縁に見立てて作るユニークな商品。1...

十勝毎日新聞

「甘くて軟らか」ウニ給食 小・中・高【広尾】

 広尾の海岸で取れたエゾバフンウニが17日、町内の小・中学校、高校の給食で「うにの茶わん蒸し」として振る舞われた。  地域産食材を使った特別メニューを提供する「ふるさと給食」の一環。ウニが給...

十勝毎日新聞

延長51メートル大型滑り台も 里見が丘公園複合遊具完成【足寄】

 足寄町が里見が丘公園遊戯広場内に整備していた大型遊具「お山の複合遊具」が完成し、27日にオープンする。延長51メートル、落差10メートルの滑り台やネット遊具が子どもたちを出迎える。  広大...

函館新聞

観光シーズン到来 箱館ハイカラ號運行開始【函館】

 明治時代の客車を復元した「箱館ハイカラ號(ごう)」の今季の運行が20日から始まった。赤を基調としたレトロな車両は今年も健在で、街に本格的な観光シーズンの訪れを告げた。  当初は15日...

函館新聞

〝日本一小さな〟道の駅江差がリニューアルオープン【江差】

 【江差】町尾山町1の「道の駅江差」が20日、リニューアルオープンした。コンパクトな建物内の両側に販売所と展示コーナーを新たに配置。本格的な観光シーズンに向けて、新たな情報発信拠点としての...