北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

十勝毎日新聞

世界基準のホースマンに 鬼窪さんアイルランドへ【帯広】

アイルランド研修に参加する鬼窪さん(右)。中央は帯畜大馬術部在籍のかつての愛馬「柏輪号」、左は現役馬術部の杢屋長良さん

 帯広畜産大学出身の獣医師鬼窪峻大(としひろ)さん(26)=日高管内新冠町在住=は、来年1月から半年間、世界基準のホースマンを育成するアイルランドの研修に参加する。鬼窪さんは「将来は競馬の本場・欧州の牧場で働き、日本と世界をつなぐ仕事をしたい」と意欲を見せる。

 参加するのは、国営牧場「アイリッシュ・ナショナル・スタッド(INS)」のブリーディングコース。世界的に知られた研修で、世界中から選ばれた若手ホースマン30人が、生産牧場の管理責任者に必要な基礎知識や技術を習得する。研修内容は、生殖器の解剖学やスピード遺伝子、種牡馬の経済学など多岐にわたる。今回、日本からの参加は鬼窪さんのみ。

 INSの研修は1971年に開始。これまでに送り出した800人以上の卒業生は、世界の牧場や厩舎(きゅうしゃ)などで活躍し、ネットワークを構築している。

 神奈川県出身の鬼窪さんは高校時代に競馬の魅力に触れ、帯畜大に進学。馬術部主将を務め、オーストラリアの牧場で働くなど、在学中から世界での活躍を意識していた。2017年3月に卒業し、4月から新冠町のサラブレッド生産牧場「パカパカファーム」に勤務。同牧場は、ダービー馬ディープブリランテなどの活躍馬を生産している。

 アイルランドでは、日本と異なる環境に応じた生産管理方法や、成熟した馬文化の吸収を楽しみにしている。

 世界最高峰とされるアラブ首長国連邦(UAE)の研修コースへの参加が目標で、アイルランドの経験はそのステップにする考え。鬼窪さんは「技術的に欧州に追いつき、日本人ホースマンが世界で働ける環境をつくりたい」と話す。

関連記事

日高報知新聞

たてがみ切られる【浦河】

 浦河町西舎のうらかわ優駿ビレッジアエルで引退名馬としてけい養し、一般公開しているダービー馬のウイニングチケットのたてがみの一部が切り取られた。アエル乗馬課では「13日から14日朝までの間と思われ...

日高報知新聞

日高町の「タコロッケ」【日高】

【日高】6、7、8の3日間、札幌ドームで開かれた日本ハム応援大使企画「第10回なまらうまいっしょ!グランプリ」で、日高町商工会青年部(中口聖太部長)考案の新メニュー「タコロッケ」が見事グランプリ...

根室新聞

「クナシリ・メナシの戦い」無念の最期を遂げたアイヌ民族先祖を供養【根室】

 1789年(寛政元年)の「クナシリ・メナシの戦い」で、蜂起した首謀者として当時の松前藩によって処刑された37人のアイヌを供養するノツカマップ・イチャルパ(供養祭)が15日、市内牧の内のノツカ...

根室新聞

21、22日「さんま祭り」縮小開催 炭火焼きは例年どおり【根室】

 記録的な不漁が続く道東沖サンマ漁は、今週末(21、22日)に開かれる第27回根室さんま祭り(田家徹実行委員長)にも大きな影を落としている。一昨年の不漁時には「日本一の産地の心意気」(田家実行委員...

苫小牧民報

秋サケ漁 回復傾向に 胆振太平洋海域─今後に期待

 今月1日から始まった胆振太平洋海域(室蘭―むかわ)の秋サケ定置網漁の漁獲量が上向き始めた。苫小牧漁協は解禁直後、日量1トン未満で推移していたが、14日から回復し、10トン近くを水揚げする日もある...