北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

十勝毎日新聞

世界基準のホースマンに 鬼窪さんアイルランドへ【帯広】

アイルランド研修に参加する鬼窪さん(右)。中央は帯畜大馬術部在籍のかつての愛馬「柏輪号」、左は現役馬術部の杢屋長良さん

 帯広畜産大学出身の獣医師鬼窪峻大(としひろ)さん(26)=日高管内新冠町在住=は、来年1月から半年間、世界基準のホースマンを育成するアイルランドの研修に参加する。鬼窪さんは「将来は競馬の本場・欧州の牧場で働き、日本と世界をつなぐ仕事をしたい」と意欲を見せる。

 参加するのは、国営牧場「アイリッシュ・ナショナル・スタッド(INS)」のブリーディングコース。世界的に知られた研修で、世界中から選ばれた若手ホースマン30人が、生産牧場の管理責任者に必要な基礎知識や技術を習得する。研修内容は、生殖器の解剖学やスピード遺伝子、種牡馬の経済学など多岐にわたる。今回、日本からの参加は鬼窪さんのみ。

 INSの研修は1971年に開始。これまでに送り出した800人以上の卒業生は、世界の牧場や厩舎(きゅうしゃ)などで活躍し、ネットワークを構築している。

 神奈川県出身の鬼窪さんは高校時代に競馬の魅力に触れ、帯畜大に進学。馬術部主将を務め、オーストラリアの牧場で働くなど、在学中から世界での活躍を意識していた。2017年3月に卒業し、4月から新冠町のサラブレッド生産牧場「パカパカファーム」に勤務。同牧場は、ダービー馬ディープブリランテなどの活躍馬を生産している。

 アイルランドでは、日本と異なる環境に応じた生産管理方法や、成熟した馬文化の吸収を楽しみにしている。

 世界最高峰とされるアラブ首長国連邦(UAE)の研修コースへの参加が目標で、アイルランドの経験はそのステップにする考え。鬼窪さんは「技術的に欧州に追いつき、日本人ホースマンが世界で働ける環境をつくりたい」と話す。

関連記事

根室新聞

北方領土の語り部育成 後継者が元島民の体験語る【根室】

 千島歯舞諸島居住者連盟根室支部(宮谷内亮一支部長)は15日、千島会館で後継者語り部育成事業を開催し、歯舞群島・勇留島2世の米屋聡さん(59)と国後島2世の野潟龍彦さん(67)が、元島民から聞いた島で...

根室新聞

室根より「おいしいこんぶ ありがとうございました」【根室】

 逆さ地名が縁で岩手県一関市室根町と交流する「根室・室根交流の会」(志和秀春会長)のもとへ、室根の保育施設から「昆布の絵手紙」が届いた。特産品交流で送っていた昆布のお礼ということで、ちぎり絵で...

根室新聞

「初年度に手応え」カキ養殖へ試験継続【根室】

 歯舞漁協の23部会でつくる歯舞水産物ブランド化推進協議会(小杉和美会長)は、トーサムポロ沼でカキ養殖に取り組んでいる。1年目の昨年は歯舞こんぶ祭りなどイベントで販売を行っており、今後も養殖試験を...

根室新聞

商店街に歓声響く「下町スライダー」大盛況【根室】

 雪で作った全長50メートルの巨大滑り台が17日、緑町商店街を歩行者天国にして設置され、迫力満点の“冬の遊び”に歓声を上げる約1,000人の親子連れでにぎわった。イベントは根室商工会議所青年部創陽クラブ(...

日高報知新聞

管内で新たに4人を認定【浦河】

 道が認定する木育を普及させる専門家「木育マイスター」の平成30年度認定証交付式が14日、浦河町常盤町の日高振興局森林室で行われ、新たに4人が認定証の交付を受けた。  木育マイスターは、森や木工...