北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

苫小牧民報

千歳もりもと、ハスカップの菓子完成 厚真産使用、売り上げ一部寄付へ

厚真産ハスカップを使った「黒の贅沢」を持つ近藤副町長(右)と松原専務

 菓子製造販売の「もりもと」(千歳市)は28日、厚真町特産のハスカップを使用した「黒の贅沢(ぜいたく)~ブランデー仕立て~」の完成を、町役場に役員が訪れて報告した。胆振東部地震では町内のハスカップ畑に土砂が流入する被害が出ていることから、売り上げの一部をとまこまい広域農協の厚真町ハスカップ部会に寄付し、被災した農家のハスカップ苗木の購入に充ててもらう。

 同社の人気商品「ハスカップジュエリー」の最高級品「黒の贅沢」は、ブランデーを加えたハスカップジャムをココアクッキーに包み込み、チョコレートでコーティングしたお菓子。これまで主に千歳周辺のハスカップを使っていたが、今回の地震で被災した厚真のハスカップ農家が多いことを知り、復興を支援していこうと厚真産のハスカップを使用することにした。

 同社の松原範宜専務が町役場を訪れて完成を報告。対応した近藤泰行副町長は「明るい話題で、生産者の励みになる」と話し、松原専務は「厚真産ハスカップのブランド向上につながるようにしたい」と答えた。

 販売は12月1日から3月中旬まで。新千歳空港店とオンラインショップで買うことができる。新宿や福岡、新潟の百貨店などで開かれる北海道物産展でも販売する。価格は6個入り1800円(税込み)。

 地震によるハスカップの被害は、とまこまい広域農協などによると作付面積約32ヘクタールのうち、約8ヘクタールに及んでいるという。その多くが土砂にハスカップが埋まってしまったことが原因としている。

関連記事

日高報知新聞

たてがみ切られる【浦河】

 浦河町西舎のうらかわ優駿ビレッジアエルで引退名馬としてけい養し、一般公開しているダービー馬のウイニングチケットのたてがみの一部が切り取られた。アエル乗馬課では「13日から14日朝までの間と思われ...

日高報知新聞

日高町の「タコロッケ」【日高】

【日高】6、7、8の3日間、札幌ドームで開かれた日本ハム応援大使企画「第10回なまらうまいっしょ!グランプリ」で、日高町商工会青年部(中口聖太部長)考案の新メニュー「タコロッケ」が見事グランプリ...

根室新聞

「クナシリ・メナシの戦い」無念の最期を遂げたアイヌ民族先祖を供養【根室】

 1789年(寛政元年)の「クナシリ・メナシの戦い」で、蜂起した首謀者として当時の松前藩によって処刑された37人のアイヌを供養するノツカマップ・イチャルパ(供養祭)が15日、市内牧の内のノツカ...

根室新聞

21、22日「さんま祭り」縮小開催 炭火焼きは例年どおり【根室】

 記録的な不漁が続く道東沖サンマ漁は、今週末(21、22日)に開かれる第27回根室さんま祭り(田家徹実行委員長)にも大きな影を落としている。一昨年の不漁時には「日本一の産地の心意気」(田家実行委員...

苫小牧民報

秋サケ漁 回復傾向に 胆振太平洋海域─今後に期待

 今月1日から始まった胆振太平洋海域(室蘭―むかわ)の秋サケ定置網漁の漁獲量が上向き始めた。苫小牧漁協は解禁直後、日量1トン未満で推移していたが、14日から回復し、10トン近くを水揚げする日もある...