北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

室蘭民報

イオン新室蘭店の売り場規模2.6倍、モール型SCに

 室蘭市公設地方卸売市場敷地の活用事業者公募に応募しているイオン北海道(札幌)が、移転新築する予定の新室蘭店の売り場規模として、現室蘭店の約2・6倍程度を想定していることが、11月30日分かった。道内店舗で比較するとイオンモール旭川駅前に近い大きさ。さらなる魅力向上へモール型ショッピングセンターに転換する方針だ。

 関係者の話を総合すると、新室蘭店は2階建てで規模は2万6千平方メートル程度を検討しているもよう。現室蘭店の売り場面積は約9800平方メートル、近隣の登別店の約1万4千平方メートルなどと比較しても大型の店舗となる。

 事業提案の詳細は不明だが買い物からエンターテインメント、飲食サービス、コミュニティー機能まであらゆるニーズに対応したイオンモールへ一新し、消費者の需要に応えていく考え。

 イオンは2016年(平成28年)から、地域の行政や企業、住民と連携したイベント開催を積極展開している。消費者との新たな関わり方の構築を通じた地域活性化を打ち出しており、これらの考えも盛り込まれているとみられる。

 西胆振の豊富な食材を生かした店づくりや、グロサリー(食料品店)とレストランを合わせた最先端のフードコート業態・グローサラント導入、急増するインバウンド(訪日客)対応の強化、地場テナント誘致にも意欲を見せている。

 公募への応募は同社のみで市は選定委員会で提案内容を審査した上で、年度内の仮契約を予定している。市場跡地は約7万2千平方メートル。用途地域は準工業地域。最低年間貸付料は8343万1千円。

関連記事

苫小牧民報

胆振東部応援フェアで3町の特産品販売-新千歳空港

 9月の胆振東部地震で大きな被害を受けた厚真、安平、むかわ各町の特産品を販売する「胆振東部エリア応援フェア」の物産展が14日、新千歳空港国内線ターミナルビル2階センタープラザで始まった。3町の観...

苫小牧民報

土砂災害犠牲者の慰霊式 復興への決意新たに-厚真町

 厚真町は15日、9月に発生した胆振東部地震の土砂災害で犠牲になった町民36人の慰霊式を同町総合福祉センターで開いた。遺族や関係者ら577人が参列。黙とうをささげて献花し、復興への決意を新たにし...

日高報知新聞

日台国際大会に出場

 29日から台湾で開かれる中学硬式野球の「第16回日台国際野球大会」に出場する北海道選抜チームのメンバー18人に、日高リトルシニア(浦川聡監督、団員25人)から久保田陽喜選手(えりも中2年)が選ばれた。26...

日高報知新聞

奨学金条例改正、給付型に【新ひだか】

【新ひだか】町議会定例会は14日、平成30年度一般会計補正予算案や町奨学金条例の改正など、提出議案を可決して同日閉会した。町議の議員報酬及び費用弁償等に関する条例の一部改正については、総務文教常任委員...

十勝毎日新聞

武四郎 功績つぶさ 特別展が開幕【帯広】

 「北海道」の命名者として知られる幕末の探検家松浦武四郎(1818~88年)の特別巡回展「幕末維新を生きた旅の巨人 松浦武四郎」が15日、道立帯広美術館で開幕した。初日から大勢の来場者でにぎわい...