北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

十勝毎日新聞

愛好家40人味わう 十勝ワインを楽しむ会【帯広】

盛り上がった「帯広・十勝ワインを楽しむ会」を企画した(左から)近藤さんと安井所長

 「帯広・十勝ワインを楽しむ会」が1日、帯広市内のとかち館で開かれた。愛好家ら40人が参加し、11月30日に解禁になったばかりの十勝ワインヌーボ2018や、特別蔵出しのビンテージワインを楽しんだ。

 同会と有志の主催。市内で食品、酒類などの販売を手掛ける近藤ストアーの近藤幸男代表が「十勝ワインヌーボを有志で楽しめる会が数年前に市内からなくなってしまい寂しい」と企画し、呼び掛けた。

 池田町ブドウ・ブドウ酒研究所(安井美裕所長)が後援し、ヌーボ2018と13種類の十勝ワインがそろう食事会が実現。鹿追チーズ工房が会場でラクレットを提供し、おいしいワインとチーズを心ゆくまで味わった。音更町の牛島裕毅さん(44)は「十勝ワインヌーボは毎年飲んでいるが、今年もおいしい。普段は飲めないワインがそろっているので、来年以降も続けてほしい」と話した。

 「今年は急きょ企画したが、来年は多くの人に呼び掛けて、大勢で楽しみたい」と近藤さん。

 安井所長は「ワインは酒の中で最も原材料に味を左右される。ヌーボも毎年違う味が楽しめるので、多くの人に味わってもらいたい」と話していた。

関連記事

十勝毎日新聞

「ハピまん」2万個販売 チーズ伸びて大ヒット【音更】

 JA木野(清都善章組合長)の子会社が運営するスーパー「ハピオ」(音更町木野大通西7、石田晴久店長)が4月から販売している、チーズまんじゅう「ハピまんチーズ」の売れ行きが好調だ。これまでに2万個を...

十勝毎日新聞

初のロゼ・スパークリングワイン 十勝レガーロ【清水】

 清水町産ブドウを使ったワイン「さねんころ」を製造する十勝レガーロ合同会社(御影基線29)が、初めてロゼのスパークリングを醸造した。25日から同社で販売する。  前身の清水ワイン研究会が20...

十勝毎日新聞

地ビールあす披露 コタニアグリ【更別】

 更別村内で生産したビール麦とホップを使った地ビールが完成し、19日に村内で開かれる「十勝さらべつすももの里まつり」で初めて販売される。更別初の地ビールを造ったのは村内の農業法人コタニアグリ(小谷...

函館新聞

ピロシキ博のオリジナルピロシキ販売開始【函館】

 「ピロシキ博2019」から誕生した「はこだて焼きピロシキ」の販売が15日、丸井今井函館店地下1階不二屋本店で始まった。地元の高校生らが考案した個性豊かなオリジナルピロシキが並び、市民らが買い求...

十勝毎日新聞

豚丼 待つ価値あり【帯広】

 帯広駅前の老舗豚丼店「元祖豚丼のぱんちょう」(西1南11)では3日午前、開店を待つ観光客らが長蛇の列をつくった。  同店の行列はいまや連休中の「風物詩」。この日は午前10時ごろから並び始め...