北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

十勝毎日新聞

けん玉ブーム クラブ設立、町外出張も【上士幌】

 昔遊びのけん玉が上士幌町でひそかなブームとなっている。町内で開かれたけん玉パフォーマーのショーを機に、小学生を中心に人気に火が付き、けん玉クラブも立ち上がった。今ではあちこちから出演依頼を受けるまでに。世代間交流も生まれるなど、けん玉を通じて交流の輪が広がりつつある。

上士幌でのけん玉ブームに火を付けた(左から)高橋さんと二宮さん

「夢は北海道で大会」

 きっかけは、3月に町内であった世界的なけん玉パフォーマンスユニット「ず~まだんけ」のショー。技の数々に魅了された町職員の高橋克磨さん(26)と二宮翼さん(31)が呼び掛け人となり、小学生を対象にけん玉教室を開いたところ、好反応だった。

 その後も、ず~まだんけの公演が帯広であると聞けばバスで見に行くなど、けん玉に熱中する小学生が急増。上士幌小6年の杉森立平君と原口龍煌君によるユニット「T-DAMA」も生まれた。

 高橋さんらも、地震で被災した胆振管内厚真町を訪れ、子どもたちの精神的ケアのため遊び場でけん玉を教えた。また、上士幌の魅力向上にもつなげたいとインスタグラムを開設。町内の商店や名所でけん玉パフォーマンスを披露する、プロモーションビデオをアップし続けている。市街地から三国峠まで町内全域をくまなく巡る予定だ。

 11月には年齢を問わず誰でも参加できる「かみしほろけん玉キッズクラブ」も設立した。キッズという言葉には「いつまでも子どものような心でありたい」との思いを込めたという。すでに約10人が入部し、今後も増える見通しだ。

 こうした取り組みが評判を呼び、音更や芽室など管内自治体からはイベントへの出演依頼も舞い込む。イベントでは技を披露するだけでなく、子どもたちが同世代や高齢者にけん玉を教える光景も見られた。高橋さんは「町外に出向くことでコミュニケーション能力も磨かれている。熱中できるものに出合い、子どもたちの生活は激変した」と目を細める。

 道内のけん玉仲間のネットワークをつくろうと、有志と協力しコミュニティーも立ち上げた高橋さんと二宮さん。夢は、広島県で毎年開かれているようなけん玉の大会を北海道で開くことだ。2人は「誰がやっても笑顔になれるのがけん玉の魅力。人と人をつなぐツールでまちおこしに一役買っていきたい」と力を込めている。

関連記事

苫小牧民報

胆振東部応援フェアで3町の特産品販売-新千歳空港

 9月の胆振東部地震で大きな被害を受けた厚真、安平、むかわ各町の特産品を販売する「胆振東部エリア応援フェア」の物産展が14日、新千歳空港国内線ターミナルビル2階センタープラザで始まった。3町の観...

苫小牧民報

土砂災害犠牲者の慰霊式 復興への決意新たに-厚真町

 厚真町は15日、9月に発生した胆振東部地震の土砂災害で犠牲になった町民36人の慰霊式を同町総合福祉センターで開いた。遺族や関係者ら577人が参列。黙とうをささげて献花し、復興への決意を新たにし...

日高報知新聞

日台国際大会に出場

 29日から台湾で開かれる中学硬式野球の「第16回日台国際野球大会」に出場する北海道選抜チームのメンバー18人に、日高リトルシニア(浦川聡監督、団員25人)から久保田陽喜選手(えりも中2年)が選ばれた。26...

日高報知新聞

奨学金条例改正、給付型に【新ひだか】

【新ひだか】町議会定例会は14日、平成30年度一般会計補正予算案や町奨学金条例の改正など、提出議案を可決して同日閉会した。町議の議員報酬及び費用弁償等に関する条例の一部改正については、総務文教常任委員...

十勝毎日新聞

武四郎 功績つぶさ 特別展が開幕【帯広】

 「北海道」の命名者として知られる幕末の探検家松浦武四郎(1818~88年)の特別巡回展「幕末維新を生きた旅の巨人 松浦武四郎」が15日、道立帯広美術館で開幕した。初日から大勢の来場者でにぎわい...