北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

十勝毎日新聞

福原と南商高コラボ弁当 5日から限定販売【帯広】

コラボ弁当づくりに取り組んだクッキング部のメンバー(帯広南商業高提供)

 スーパー・福原(帯広、福原郁治社長)は、帯広南商業高校クッキング部(村井彩花部長、28人)と共同で、十勝産の食材をふんだんに使った弁当を共同開発した。同社と高校生とのコラボでの商品化は初の試みで、5~9日に市内8店舗で数量限定販売する。

色とりどりの料理が入った「十勝をまるっともぐもぐ弁当」(帯広南商業高提供)

 メニューは「十勝をまるっともぐもぐ弁当」。野菜あんかけの竜田揚げや、豚丼のたれをかけた十勝産ナガイモの豚肉巻き、中華ちらし、ポテトサラダ。中札内の若鶏や枝豆、士幌のミニトマト、幕別のジャガイモなど地場産を活用した。1パック500円。

 福原では、4年前に地域貢献推進室を置き、各種活動を展開しており、コラボ弁当は市が推進する「フードバレーとかち」の一環として初企画。6月から同校の調理室などで、同社のデリカ担当バイヤーとクッキング部員でメニューの検討や試作などを進めてきた。

 同社によると、地域貢献の意味合いから販売価格を約2割抑えた。5日間で570パックを販売予定。収益の一部は、市の教育振興基金か、同社が支援する「子ども食堂」の運営などに寄付する計画。8、9日の各午前10時~正午には弥生と西18条、自由が丘、いっきゅう、西帯広の5店で、クッキング部員の高校生が実際に各店の売り場でPR販売も企画している。

 同社の斎藤博明地域貢献推進室長は「栄養だけでなく、色彩にもこだわった自信作。料理系クラブの活躍の場をもっと増やしたい」と話し、同校を含め、今後も高校生などとのコラボ企画を継続したい考えだ。

 弁当を販売する他の店舗は次の通り。

▽長崎屋店、西12条店、西15条店

関連記事

室蘭民報

混ぜて、切って「面白い」…登別蕎麦道場が講習会【登別】

 そば愛好者でつくる登別蕎麦(そば)道場(中山満晴代表)は、室蘭市港北町のサンライフ室蘭で、そば打ち講習会を開いた。参加した市民ら受講生10人が、空知管内幌加内町産のそば粉を使って二八そばに仕立...

苫小牧民報

「カジカ」バーガー開発 前浜産使用、豊かな味わい苫小牧漁協女性部

 苫小牧漁業協同組合女性部(山口加津子部長)は前浜産のカジカを使ったハンバーガーを開発し、夏に開催する地元イベントで販売する。食材としての認知度は低いものの、味は抜群というトウベツカジカの活用法...

室蘭民報

絶景がスパイスに…温泉街に初のスープカレー店【洞爺湖】

万世閣「HLAHAL」  洞爺湖町の洞爺湖温泉街に初めてのスープカレー専門店「スープカリーHLAHAL(ハラハル)」が12日オープンした。厳選の道産野菜を使用した味わい深いスープカレーを、洞爺湖...

室蘭民報

毛ガニ漁が解禁、初水揚げされ港が活気づく【登別】

 胆振太平洋海域(室蘭市―むかわ町)の毛ガニ漁が10日に解禁された。登別漁港(登別港町)では、11日に約1160キロを初水揚げ、夏到来を告げる真っ赤な旬の味覚が港を活気づけている。初日の取引額は高...

苫小牧民報

レトルトホッキカレー、おいしく一新 発売10周年「店の味に近づく」-汐見..

 苫小牧市汐見町1のマルトマ食堂は、2009年の発売から10周年を迎えたレトルトホッキカレーをリニューアルした。特徴であるホッキ貝の甘みとこくが強調され、「さらにおいしく仕上がった」と三浦未(い...