北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

十勝毎日新聞

ふるさと納税でロケット支援 14日開始【大樹】

ふるさと納税を活用し、町が支援を開始するISTの実験場

 大樹町はロケット開発に取り組むベンチャー企業「インターステラテクノロジズ」(IST、稲川貴大社長)を支援するため、ふるさと納税制度を活用してインターネットで資金を集める「ガバメント・クラウドファンディング(GCF)」を14日に開始する。

 町は30年以上前から「宇宙のまちづくり」に取り組んでいる。これまでも、ふるさと納税の使い道に「航空宇宙産業基地の誘致促進に関する事業」の選択肢があったが、GCFでは町内に本社を置くISTの支援を明確に打ち出した。

 町は今回のGCFを「宇宙のまちづくり応援プロジェクト」と位置付けて、ISTへの寄付を募る。集まった寄付金は全額が補助金として交付され、現在開発中の観測ロケット「MOMO(モモ)」3号機や近年中の打ち上げを目指す人工衛星用ロケットの開発、各種実験、工場増築などの費用に充ててもらう。

 町は「ISTの環境整備を支援することで、町内の宇宙関連産業の活性化や雇用創出などにつながる」(企画商工課)と期待する。

 返礼品は町の名産品セットやISTの工場見学ツアーなどを予定している。

 寄付を募る期間は14日から来年1月31日まで。寄付額は1万円から。目標金額は4000万円。達成しなかった場合も集まった額をISTに渡す。町のホームページから申し込む。

 ISTは「ふるさと納税からの支援は大変ありがたい。MOMO3号機の打ち上げに向けて弾みがつく」としている。

 管内でGCFを活用する例としては、池田町のワイン城改修などがある。宇宙関連企業を応援するケースは、愛知県碧南市がスペースプレーンの開発を行っている民間企業「PDエアロスペース」への支援をGCFで行っている。

 IST独自では、北海道を応援するキャラクター「雪ミク」とコラボレーションしたCFを運営サイト「ACT NOW」で31日まで実施している。

関連記事

根室新聞

「日本一遅く咲く桜並木」歯舞でチシマザクラ見頃【根室】

 歯舞地区マリンビジョン協議会(会長・小倉啓一歯舞漁協組合長)の「日本一遅く咲く桜並木の整備」事業で、同組合の背後地に植樹したチシマザクラが開花した。  チシマザクラの植樹は、地区のマリンビ...

根室新聞

ヒグマ目撃多発「山菜採りなど十分注意を」【根室】

 4月以降、ヒグマの目撃情報が相次いでいる。30年度は過去10年で最多の44件の目撃情報が寄せられたが、今年は25日までに11件と、すでに昨年同期を4件上回っている。幸い市内ではヒグマによる人身被...

苫小牧民報

若手声優が地元愛発揮 千歳出身・花井美春さんパーソナリティー-STVラジオ

 千歳市出身の声優、花井美春さん(21)が、STVラジオで放送中のラジオ番組「なまらぶ?」(毎週月曜午前3時から30分間)でパーソナリティーを務めている。本道出身の若手声優が、地元愛を発揮しながら...

苫小牧民報

元気の秘訣はウド作り 穂別の86歳の山下さん-むかわ

 むかわ町でウドを栽培し、苫小牧や札幌の市場に卸している女性が穂別地区にいる。「山下のばあちゃん」の愛称で地元のみならず全国各地にその名を知られる山下冨美子さん(86)。高齢になってなお元気な姿...

苫小牧民報

被災で今月限り閉鎖 龍の舞ビッグスギゴルフ倶楽部-むかわ

 むかわ町春日にある「龍の舞ビッグスギゴルフ倶楽部」が、今月限りで閉鎖することになった。昨年9月に発生した胆振東部地震でコースに大きな爪痕が残り、復旧費用の確保が難しいと判断した。  同ゴルフ...