北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

函館新聞

スルメイカ不漁深刻 取扱量過去最低更新 6ー11月【函館】

函館市水産物地方卸売市場での6~11月における生鮮スルメイカ取扱量の推移

 函館の産業を支えるスルメイカの漁獲減少が深刻だ。函館市水産物地方卸売市場の11月における生鮮スルメイカの取扱量は、前年同月比62%減の38トンにとどまり、漁が解禁した6月からの累計も前年同期比48・7%減の826トンで、統計が残る2005年度以降、過去最低を更新している。

 市農林水産部によると、11月の生鮮スルメイカの1キロ当たりの単価は数量減を反映し、前年同月比49・8%増の764円、取扱金額は同比43・1%減の2902万円。6月からの累計では、1キロ当たり単価は前年同期比7・4%減の695円、取扱金額は同比45%減の5億7444万円。

 スルメイカ漁の漁期は1月末までだが、今年は不漁と燃料代の高騰などを背景に、出漁を見合わせる漁業者も多い。小型イカ釣り漁船20隻が所属する函館市漁協によると、同漁船の主な燃料となるA重油の、1日現在の1リットル当たりの価格は、前年同期と比べ6・5円高い81・8円(税別)。11月1日現在では90・8円(前年同期71・3円)だったが「例年と比べるとまだ高い。出漁しても少ししか捕れない時や、すぐ帰る船も多く、11月は出漁船がほとんどなかった」という。

 中島廉売の鮮魚販売店「紺地鮮魚」では、スルメイカよりヤリイカがよく売れているという。紺地慶一代表は「スルメイカは網イカが多少あるようだが、釣りイカが良くない。販売者も苦しいが、漁師はもっと苦しいと思う」と話す。

 道総研函館水試は11月上旬に実施した道南太平洋スルメイカの調査結果で、「平均分布密度は昨年と同程度で過去5年平均を下回り、魚体サイズは昨年より小さい」としていることから、関係者は12月も出漁を見合わせる船が多くなるのではと見込む。局地的な好漁場が形成されない限り、急激な漁獲増は見込めないため、この低水準のまま今シーズンの漁は終わりそうだ。

関連記事

日高報知新聞

「日本の古典を読む会」【新ひだか】

【新ひだか】50年間にわたり日本の古典を読み続ける活動をしてきた町民サークルの「日本の古典を読む会」(米子克子代表、会員6人)に7日、町図書館で高野卓也町教育長から北海道読書推進運動協議会の令和...

日高報知新聞

主婦がコーヒー焙煎体験【新ひだか】

【新ひだか】「新ひだか得する街のゼミナール」全24講座が、1日から参加店(事業所)で始まっている。実行委の主催。  学ぶ・きれい・健康・食べる・作るなど多彩なまちゼミは、お店の人が講師となり、...

苫小牧民報

震災被害の山肌に植栽 森林造成へ実証試験-厚真

 道は8日、厚真町幌内の町有林で、胆振東部地震の土砂崩れなどにより約4300ヘクタールにも及んだ森林被害の復旧に向けた実証試験を実施した。林地の崩壊箇所に応じ、効率的な復旧方法を検証する取り組み...

苫小牧民報

カヌーやカーリング農業体験… 台湾の教育旅行視察団、北海道の魅力満喫

 台湾教育旅行視察団(李重毅団長)の一行6人がこのほど来道した。千歳をはじめ深川、名寄、札幌各市を巡り、カヌー体験や授業見学、農業体験やカーリング体験など本道の魅力を満喫した。  日本政府観光...

十勝毎日新聞

「清水男子図鑑」今年も ふるさと納税型CFと連動【清水】

 清水町は婚活支援事業「コイノヨカンプロジェクト」の一環で、町内の独身男性や町の暮らしを紹介する冊子「清水男子図鑑」を昨年に引き続き発行する。取り組みをPRし、共感を高めようと、11日からふる...