北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

函館新聞

スルメイカ不漁深刻 取扱量過去最低更新 6ー11月【函館】

函館市水産物地方卸売市場での6~11月における生鮮スルメイカ取扱量の推移

 函館の産業を支えるスルメイカの漁獲減少が深刻だ。函館市水産物地方卸売市場の11月における生鮮スルメイカの取扱量は、前年同月比62%減の38トンにとどまり、漁が解禁した6月からの累計も前年同期比48・7%減の826トンで、統計が残る2005年度以降、過去最低を更新している。

 市農林水産部によると、11月の生鮮スルメイカの1キロ当たりの単価は数量減を反映し、前年同月比49・8%増の764円、取扱金額は同比43・1%減の2902万円。6月からの累計では、1キロ当たり単価は前年同期比7・4%減の695円、取扱金額は同比45%減の5億7444万円。

 スルメイカ漁の漁期は1月末までだが、今年は不漁と燃料代の高騰などを背景に、出漁を見合わせる漁業者も多い。小型イカ釣り漁船20隻が所属する函館市漁協によると、同漁船の主な燃料となるA重油の、1日現在の1リットル当たりの価格は、前年同期と比べ6・5円高い81・8円(税別)。11月1日現在では90・8円(前年同期71・3円)だったが「例年と比べるとまだ高い。出漁しても少ししか捕れない時や、すぐ帰る船も多く、11月は出漁船がほとんどなかった」という。

 中島廉売の鮮魚販売店「紺地鮮魚」では、スルメイカよりヤリイカがよく売れているという。紺地慶一代表は「スルメイカは網イカが多少あるようだが、釣りイカが良くない。販売者も苦しいが、漁師はもっと苦しいと思う」と話す。

 道総研函館水試は11月上旬に実施した道南太平洋スルメイカの調査結果で、「平均分布密度は昨年と同程度で過去5年平均を下回り、魚体サイズは昨年より小さい」としていることから、関係者は12月も出漁を見合わせる船が多くなるのではと見込む。局地的な好漁場が形成されない限り、急激な漁獲増は見込めないため、この低水準のまま今シーズンの漁は終わりそうだ。

関連記事

苫小牧民報

胆振東部応援フェアで3町の特産品販売-新千歳空港

 9月の胆振東部地震で大きな被害を受けた厚真、安平、むかわ各町の特産品を販売する「胆振東部エリア応援フェア」の物産展が14日、新千歳空港国内線ターミナルビル2階センタープラザで始まった。3町の観...

苫小牧民報

土砂災害犠牲者の慰霊式 復興への決意新たに-厚真町

 厚真町は15日、9月に発生した胆振東部地震の土砂災害で犠牲になった町民36人の慰霊式を同町総合福祉センターで開いた。遺族や関係者ら577人が参列。黙とうをささげて献花し、復興への決意を新たにし...

日高報知新聞

日台国際大会に出場

 29日から台湾で開かれる中学硬式野球の「第16回日台国際野球大会」に出場する北海道選抜チームのメンバー18人に、日高リトルシニア(浦川聡監督、団員25人)から久保田陽喜選手(えりも中2年)が選ばれた。26...

日高報知新聞

奨学金条例改正、給付型に【新ひだか】

【新ひだか】町議会定例会は14日、平成30年度一般会計補正予算案や町奨学金条例の改正など、提出議案を可決して同日閉会した。町議の議員報酬及び費用弁償等に関する条例の一部改正については、総務文教常任委員...

十勝毎日新聞

武四郎 功績つぶさ 特別展が開幕【帯広】

 「北海道」の命名者として知られる幕末の探検家松浦武四郎(1818~88年)の特別巡回展「幕末維新を生きた旅の巨人 松浦武四郎」が15日、道立帯広美術館で開幕した。初日から大勢の来場者でにぎわい...