北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

函館新聞

西、稜北高の統合校〝校章〟制作大詰め 両校生徒が7つの案示を説明【函館】

7種類の校章案を前に事前投票する両校の生徒

 2019年度に統合する函館西高校と函館稜北高校の生徒らが携わる、新設校「北海道函館西高校」の校章制作が大詰めの段階に入った。5日には函館コミュニティプラザ(Gスクエア、シエスタハコダテ内)で4回目のワークショップを行い、函館デザイン協議会(岡田暁会長)らの協力で磨き上げられた7案を提示。関係者による事前投票も行い、今年中の決定に向けて前進した。

 ワークショップは今夏から両校の生徒を交えて行われ、10月の校名決定後から本格化した。前回実施分までに西高4人、稜北高3人がデザイン案をスケッチしたのを基に、同協議会のグラフィックデザイナーら6人らが大きくコンセプトを変えずに、校名の文字をモチーフにするなど各自の校章案を完成させた。

 最終回となったワークショップでは、7人がそれぞれの案を示しながら、校章に込めた思いなどについて説明。「両校の未来をイメージした」「校舎の周りの自然を取り入れた」などのアイデアが発表された。審査には生徒のほか、両校の教頭やデザイン協議会員ら計19人が参加し、一人3票を好みのデザイン案に入れていた。

 西高3年の早瀬星優さん(18)は「美術系進学を目指しているのでプロの仕事を間近で見ることができて勉強になった」と笑顔。稜北高1年の関ひかりさん(16)は「初めての経験だったが楽しかった。どの作品になるか分からないが、どれも誇りに思える」と話した。

 岡田代表は「生徒のアイデアが素晴らしく、思いなどを壊さないよう丁寧な仕事を心掛けた」と振り返った。来週中に両校の全校生徒による審査会を経て、統合推進委員会で決定されるという。

関連記事

根室新聞

ビザなし交流、色丹島へ 歴史・文化専門家は国後島で調査【根室】

 今年度日本側から第2陣となるビザなし交流訪問団(中川昭一団長、65人)が24日朝、色丹島へ向けて根室港から四島交流専用船「えとぴりか」(1124トン)で出発した。一行は3泊4日の日程で、27...

日高報知新聞

草間美恵さんが100歳に【様似】

【様似】17日に100歳の誕生日を迎えた冬島の草間美恵さんに同日、町から敬老金10万円、町社会福祉協議会と町老人クラブ連合会から記念品が贈られ、同居する息子夫婦や遊びに来た玄孫(やしゃご)、関係者...

日高報知新聞

最新の設備で能力向上【様似】

【様似】新日本電工(本社・東京、白須達朗社長)は、平成27年(2015年)から着手していた幌満川発電所の更新工事が完了し、22日、現地の第3発電所で竣工式を行い完成を祝った。  発電設備の更新工事...

室蘭民報

扇子に広がる個性豊か…墨蘭会が水墨画展【室蘭】

 室蘭市の水墨画同好会、墨蘭会(柴口みちる会長)の「第42回水墨画展」が23日、幸町の室蘭市民美術館で始まった。会員らが制作した個性豊かな40点が展示され、来場者を楽しませている。  同会は月...

十勝毎日新聞

「ハピまん」2万個販売 チーズ伸びて大ヒット【音更】

 JA木野(清都善章組合長)の子会社が運営するスーパー「ハピオ」(音更町木野大通西7、石田晴久店長)が4月から販売している、チーズまんじゅう「ハピまんチーズ」の売れ行きが好調だ。これまでに2万個を...