北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

室蘭民報

菊谷市長が6選出馬表明、産業振興を政策の柱に【伊達】

会見で「『補助』から『投資』へ発想を転換し産業を根付かせる」と意欲を見せる菊谷秀吉市長

 菊谷秀吉伊達市長(68)は6日夜、鹿島町の市民活動センターで開いた後援会の本部役員会で、任期満了に伴う来年4月の市長選に6期目を目指して立候補する、と正式に表明した。菊谷氏は役員会後に開いた会見で、人口減少社会に立ち向かうため、産業振興を次期市政の柱とする考えを明らかにした。

 「正直長すぎるとは感じているが、決心をした。すっきりとした気持ちで6期目を目指したい」。会見の冒頭、菊谷氏はこう心境を吐露した。6期目の挑戦には大きな迷いがあったという。期数の若いころとは違う、失敗は許されないという思い。経済界から出馬要請を受けてからの1カ月間、鬱々(うつうつ)とした気持ちが続いたが、周囲の評価や、独裁と多選は意味合いが違うという助言に考えを新たにした。

 菊谷氏は現在5期目で市長として石狩市の田岡克介市長と並び道内最長。常に多選を意識してきた。「批判は謙虚に受け止めるが群れず、えこひいきをせずにやってきた。常に公平であり続ける」と述べた。伊達市長選はこれまで他に立候補の動きはない。2期目から連続5回目の無投票も見込まれている。

 産業振興を次期市政の戦略の柱に位置付けた。中でも農業。農業者の税収が直近5カ年の対比で2千万円以上増えるなど成長が見込める分野と踏む。長和・関内地区で検討が進む国営緊急農地再編事業は、当初見込みを超える事業化ができる見通しで、実現に意欲を見せる。企業誘致は発芽野菜最大手・村上農園(広島)の進出が決まり「ほかに進出話が数件ある」と説明。「補助」から「投資」へ発想を転換し、価値あるものに投資を集中させることで「若い人を呼び込み産業を根付かせる」と述べ、市民意見を反映させた第7次市総合計画を土台に「スタートダッシュする」と述べた。具体の政策は今後、公約集にまとめる。

関連記事

苫小牧民報

胆振東部応援フェアで3町の特産品販売-新千歳空港

 9月の胆振東部地震で大きな被害を受けた厚真、安平、むかわ各町の特産品を販売する「胆振東部エリア応援フェア」の物産展が14日、新千歳空港国内線ターミナルビル2階センタープラザで始まった。3町の観...

苫小牧民報

土砂災害犠牲者の慰霊式 復興への決意新たに-厚真町

 厚真町は15日、9月に発生した胆振東部地震の土砂災害で犠牲になった町民36人の慰霊式を同町総合福祉センターで開いた。遺族や関係者ら577人が参列。黙とうをささげて献花し、復興への決意を新たにし...

日高報知新聞

日台国際大会に出場

 29日から台湾で開かれる中学硬式野球の「第16回日台国際野球大会」に出場する北海道選抜チームのメンバー18人に、日高リトルシニア(浦川聡監督、団員25人)から久保田陽喜選手(えりも中2年)が選ばれた。26...

日高報知新聞

奨学金条例改正、給付型に【新ひだか】

【新ひだか】町議会定例会は14日、平成30年度一般会計補正予算案や町奨学金条例の改正など、提出議案を可決して同日閉会した。町議の議員報酬及び費用弁償等に関する条例の一部改正については、総務文教常任委員...

十勝毎日新聞

武四郎 功績つぶさ 特別展が開幕【帯広】

 「北海道」の命名者として知られる幕末の探検家松浦武四郎(1818~88年)の特別巡回展「幕末維新を生きた旅の巨人 松浦武四郎」が15日、道立帯広美術館で開幕した。初日から大勢の来場者でにぎわい...