北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

室蘭民報

噴火湾とようら観光協会がARでマチの魅力発信【豊浦】

町内3カ所の観光スポットで実施しているARサービス。サケの特徴などを分かりやすく解説している

 噴火湾とようら観光協会(豊浦町旭町)は、町内の観光スポットで、AR(拡張現実)サービスを利用した観光情報発信を展開している。設置されたマーカー(対象物)に、スマートフォンなどをかざすと動画などが流れる仕組み。案内看板設置などで自然景観を壊すことなく魅力を発信でき、観光客の人気を集めている。

 日本一の秘境駅・JR小幌駅がある同町。秘境感を損ねずに、小幌地区の情報の発信ができないか―と準備を進めていた。現在、「同駅の名標」「文太郎浜と岩屋観音の道標」、さらに町内浜町のインディアン水車公園の「サケのパネル」にマーカーを設置した。

 訪問者は使用する端末で、専用のアプリケーション「COCOAR2(ココアルツー)」をダウンロードして起動させ、マーカーにかざす。「小幌駅の名標」では同駅周辺や秘境到達証明書などの紹介動画が流れる。また「文太郎浜と岩屋観音の道標」では小幌周辺の地図やコース、「サケのパネル」ではサケの生態の解説を見ることができる。

 ARの内容はいずれも日本語で、動画は1分弱。各スポットとも新たな看板やポスターなどを掲示していない。同観光協会は「今まで発信できなかった情報もこの技術で伝えられるようになった。観光客の満足度向上につなげたい」と意気込む。さらに同観光協会は今後作製するパンフレットなどでもAR機能を活用していきたい考えという。

 詳細は同観光協会、電話0142・83局2222番へ。

 【AR】拡張現実と呼ばれる。実際の風景にスマートフォンやタブレットなどの端末のカメラ機能を通し、現実の世界の中にコンピューターを使用して画像や映像、音声などの情報を張り付け、利用者に提供する技術。

関連記事

根室新聞

「日本一遅く咲く桜並木」歯舞でチシマザクラ見頃【根室】

 歯舞地区マリンビジョン協議会(会長・小倉啓一歯舞漁協組合長)の「日本一遅く咲く桜並木の整備」事業で、同組合の背後地に植樹したチシマザクラが開花した。  チシマザクラの植樹は、地区のマリンビ...

根室新聞

ヒグマ目撃多発「山菜採りなど十分注意を」【根室】

 4月以降、ヒグマの目撃情報が相次いでいる。30年度は過去10年で最多の44件の目撃情報が寄せられたが、今年は25日までに11件と、すでに昨年同期を4件上回っている。幸い市内ではヒグマによる人身被...

苫小牧民報

若手声優が地元愛発揮 千歳出身・花井美春さんパーソナリティー-STVラジオ

 千歳市出身の声優、花井美春さん(21)が、STVラジオで放送中のラジオ番組「なまらぶ?」(毎週月曜午前3時から30分間)でパーソナリティーを務めている。本道出身の若手声優が、地元愛を発揮しながら...

苫小牧民報

元気の秘訣はウド作り 穂別の86歳の山下さん-むかわ

 むかわ町でウドを栽培し、苫小牧や札幌の市場に卸している女性が穂別地区にいる。「山下のばあちゃん」の愛称で地元のみならず全国各地にその名を知られる山下冨美子さん(86)。高齢になってなお元気な姿...

苫小牧民報

被災で今月限り閉鎖 龍の舞ビッグスギゴルフ倶楽部-むかわ

 むかわ町春日にある「龍の舞ビッグスギゴルフ倶楽部」が、今月限りで閉鎖することになった。昨年9月に発生した胆振東部地震でコースに大きな爪痕が残り、復旧費用の確保が難しいと判断した。  同ゴルフ...