北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

室蘭民報

胆振東部地震から3カ月…犠牲者を思い黙とう【東胆振】

震災から3カ月がたち、黙とうする町職員ら

及川町長(中央)に支援金を送る(右から)村井、真屋、佐藤、戸田の各町長

 胆振東部地震から3カ月となった6日、36人の犠牲者を出した厚真町では役場前で黙とうが行われ、町内の避難所が夕方で閉鎖された。胆振管内の4町(洞爺湖、豊浦、壮瞥、白老)から被災した3町(厚真、むかわ、安平)に見舞金が届けられた。

 正午、役場庁舎前には宮坂尚市朗町長ら職員、警察など関係者約60人が整列した。サイレンに合わせ、犠牲者に黙とうをささげ、冥福を祈った。8世帯17人が避難していた厚真スポーツセンターと総合福祉センターの避難所は同日午後6時までに閉鎖された。

 胆振4町の洞爺湖・真屋敏春町長、豊浦・村井洋一町長、壮瞥・佐藤秀敏町長、白老・戸田安彦町長は被災した3町に総額600万円を贈った。

 安平町では真屋町長が及川秀一郎町長に200万円の目録を手渡して「町民は大変な思いをされているが、一刻も早い復興を願っています」と激励した。

 及川町長は「ありがとうございます。さまざまな助言をいただきたい」と述べた。

被災者の希望に応じ住宅を整備、宮坂厚真町長会見

 厚真町の宮坂尚市朗町長は震災から3カ月を迎えた6日、役場で記者会見を行い、「3カ月は非常に長く大変な日々だった。犠牲者の思いを次の時代にも引き継ぐことが使命。厚真の復旧、復興を見守っていただきたい」と被災直後から復旧・復興の取り組みに陣頭指揮を執ってきた宮坂町長は振り返った。

 今後の町民の暮らしについては「町総合計画の指針は変えずに、復興計画を策定していく。2年以内には整備を進めたい」と述べ、被災者の希望に応じた住宅整備を進めていく方針を示した。

 天皇、皇后両陛下の訪問については「陛下の言葉を胸に厚真の復旧、復興を進めていく。町民も災害に立ち向かっていくとの意欲を感じたので安心している」と語った。

関連記事

根室新聞

「日本一遅く咲く桜並木」歯舞でチシマザクラ見頃【根室】

 歯舞地区マリンビジョン協議会(会長・小倉啓一歯舞漁協組合長)の「日本一遅く咲く桜並木の整備」事業で、同組合の背後地に植樹したチシマザクラが開花した。  チシマザクラの植樹は、地区のマリンビ...

根室新聞

ヒグマ目撃多発「山菜採りなど十分注意を」【根室】

 4月以降、ヒグマの目撃情報が相次いでいる。30年度は過去10年で最多の44件の目撃情報が寄せられたが、今年は25日までに11件と、すでに昨年同期を4件上回っている。幸い市内ではヒグマによる人身被...

苫小牧民報

若手声優が地元愛発揮 千歳出身・花井美春さんパーソナリティー-STVラジオ

 千歳市出身の声優、花井美春さん(21)が、STVラジオで放送中のラジオ番組「なまらぶ?」(毎週月曜午前3時から30分間)でパーソナリティーを務めている。本道出身の若手声優が、地元愛を発揮しながら...

苫小牧民報

元気の秘訣はウド作り 穂別の86歳の山下さん-むかわ

 むかわ町でウドを栽培し、苫小牧や札幌の市場に卸している女性が穂別地区にいる。「山下のばあちゃん」の愛称で地元のみならず全国各地にその名を知られる山下冨美子さん(86)。高齢になってなお元気な姿...

苫小牧民報

被災で今月限り閉鎖 龍の舞ビッグスギゴルフ倶楽部-むかわ

 むかわ町春日にある「龍の舞ビッグスギゴルフ倶楽部」が、今月限りで閉鎖することになった。昨年9月に発生した胆振東部地震でコースに大きな爪痕が残り、復旧費用の確保が難しいと判断した。  同ゴルフ...