北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

函館新聞

全道ロシア語弁論大会で極東大生が上位独占【函館】

全道ロシア語弁論大会のAクラスで優勝した竹内さん(左)と平原さん

 札幌市で1日にあった第50回全道ロシア語弁論大会(日本ユーラシア協会道連合会など主催)のAクラスで、ロシア極東大函館校ロシア地域学科2年の竹内のぞみさん(22)が1位に輝いた。同科2年の平原響さん(20)も2位に入り、同校初の上位独占となった。2人は「勉強の成果を出し切れた。添削などで支えてくれた先生方にも感謝したい」と話している。

 全道規模ながら全国からの出場も多い大会で、2人がエントリーしたAクラスはロシア語学習歴2~3年以上が応募でき、スピーチと質疑応答、ロシア語詩朗読の3つの課題をこなす。

 ロシアへの短期留学経験や、現地の大学で学ぶことができる能力を有するロシア語検定「テルキ1級」を取得するなど語学力を磨いてきた2人。優勝した竹内さんは京都府出身でクラシックバレエを幼少期からやっていた経験から、ロシアの伝説的なバレーダンサーのヴァーツラフ・ニジンスキーについてのスピーチをロシア語で直接考え、約3週間で仕上げた。

 発表は納得の出来。質疑応答では自分の気持ちをうまく伝えられずに悔しさも残ったが、講評では発音の良さなどが高く評価され、目標だった優勝を果たした。「留学前は日本語で考えてからロシア語に変換するため時間が掛かっていたが、今はロシア語のみが頭に浮かんでくるようになった。いろいろな経験が自分を高められている」と実感する。

 一方の平原さんは出身地・三重県の俳人、松尾芭蕉について発表した。俳句の説明や季語など専門用語をどのように紹介するかで苦戦したが、「自分の思いは全力で伝えることができた。ロシアと絡めながら地元の魅力もアピールできた」と自信をのぞかせる。

 同校ではイリイン・セルゲイ校長らの指導を仰ぎながらロシア語のスペシャリストを目指して学習している。今回の経験を踏まえて、竹内さんは「テーマが壮大過ぎて悩みも大きかったが、周りの支えで何とかできた。これからはさらに内容や発音など総合的にレベルアップしたい」と意欲。次回以降で優勝を狙う平原さんも「自信を持つことはできたが、おごることなく勉強に励みたい」と意気込んだ。

関連記事

十勝毎日新聞

ラリー北海道 疾走 しぶき豪快 競技スタート、22日まで【陸別】

 「ラリー北海道2019」(アジアパシフィックラリー選手権第7戦、全日本ラリー選手権第8戦、日本スーパーラリーシリーズ第4戦)が20日、帯広市内の北愛国サービスパークで開幕した。21日には陸別...

十勝毎日新聞

「最高の十勝ワインを」 仕込み作業開始【池田】

 2019年産のブドウを使った十勝ワインの仕込み作業が21日、池田町ブドウ・ブドウ酒研究所(安井美裕所長)で始まった。  後志管内余市町産の白ワイン用ブドウの「バッカス」や、池田町千代田地区...

十勝毎日新聞

清水の歴史 バスで巡る 渋沢栄一ゆかりの地も【清水】

 清水町の歴史について学ぶ「文化史跡めぐりバスツアー」が18日に町内で開かれた。町民ら25人が参加し、町開拓の祖渋沢栄一ゆかりの地などを見学して回った。  今年度、4回シリーズで実施している...

函館新聞

山形の姉妹校へ贈るジャガイモ収穫 木古内小で54年目【木古内】

 【木古内】木古内小学校(石岡一智校長、児童114人)の児童と保護者、教職員59人が18日、町新道の畑で、同校が姉妹校交流に取り組む朝暘(ちょうよう)第一小学校(山形県鶴岡市)に贈るジャガイモ(...

函館新聞

日本一目指し熱唱 江差追分全国大会開幕【江差】

 【江差】第57回江差追分全国大会(江差追分会、江差町主催、函館新聞社など後援)が20日、町文化会館(茂尻町71)で開幕した。初日は地元江差地区をはじめ函館や札樽、日胆地区選出の歌い手の熟年と一...