北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

函館新聞

全道ロシア語弁論大会で極東大生が上位独占【函館】

全道ロシア語弁論大会のAクラスで優勝した竹内さん(左)と平原さん

 札幌市で1日にあった第50回全道ロシア語弁論大会(日本ユーラシア協会道連合会など主催)のAクラスで、ロシア極東大函館校ロシア地域学科2年の竹内のぞみさん(22)が1位に輝いた。同科2年の平原響さん(20)も2位に入り、同校初の上位独占となった。2人は「勉強の成果を出し切れた。添削などで支えてくれた先生方にも感謝したい」と話している。

 全道規模ながら全国からの出場も多い大会で、2人がエントリーしたAクラスはロシア語学習歴2~3年以上が応募でき、スピーチと質疑応答、ロシア語詩朗読の3つの課題をこなす。

 ロシアへの短期留学経験や、現地の大学で学ぶことができる能力を有するロシア語検定「テルキ1級」を取得するなど語学力を磨いてきた2人。優勝した竹内さんは京都府出身でクラシックバレエを幼少期からやっていた経験から、ロシアの伝説的なバレーダンサーのヴァーツラフ・ニジンスキーについてのスピーチをロシア語で直接考え、約3週間で仕上げた。

 発表は納得の出来。質疑応答では自分の気持ちをうまく伝えられずに悔しさも残ったが、講評では発音の良さなどが高く評価され、目標だった優勝を果たした。「留学前は日本語で考えてからロシア語に変換するため時間が掛かっていたが、今はロシア語のみが頭に浮かんでくるようになった。いろいろな経験が自分を高められている」と実感する。

 一方の平原さんは出身地・三重県の俳人、松尾芭蕉について発表した。俳句の説明や季語など専門用語をどのように紹介するかで苦戦したが、「自分の思いは全力で伝えることができた。ロシアと絡めながら地元の魅力もアピールできた」と自信をのぞかせる。

 同校ではイリイン・セルゲイ校長らの指導を仰ぎながらロシア語のスペシャリストを目指して学習している。今回の経験を踏まえて、竹内さんは「テーマが壮大過ぎて悩みも大きかったが、周りの支えで何とかできた。これからはさらに内容や発音など総合的にレベルアップしたい」と意欲。次回以降で優勝を狙う平原さんも「自信を持つことはできたが、おごることなく勉強に励みたい」と意気込んだ。

関連記事

函館新聞

シーニックdeナイトのキャンドル製作体験会【函館】

 手作りキャンドルの明かりで街を彩る「シーニックdeナイト2020」(実行委主催)が2月1日から始まるのを前に18日、五稜郭タワーアトリウムでワックスキャンドルの製作体験会が開かれた。親子連れや...

函館新聞

春の彩り、JALカウンターに琉球寒緋桜お目見え【函館】

 函館空港の日本航空(JAL)チェックインカウンターに、今年も沖縄県本部(もとぶ)町から贈られた「琉球寒緋桜(りゅうきゅうかんひざくら)」がお目見えした。同社函館支店は「日本一早い春の便りを楽し...

十勝毎日新聞

「パン甲子園」2年連続グランプリ報告 清水高 鈴木知事も絶賛【札幌】

 昨年10月の「パン甲子園2019」(実行委主催)で2年連続グランプリに輝いた清水高校の3人が17日、鈴木直道知事を表敬訪問した。共に3年の山田晧太さん、藤田成之介さん、曽根拓馬さんらが鈴木知...

十勝毎日新聞

障害者アート 大型絵本に ポプケ利用者協力【帯広】

 帯広大谷短大の学生たちは17日、帯広市内の地域活動拠点popke(ポプケ、西21南2)で同施設の利用者らと共に、アールブリュット作品を使った大型絵本の表紙作りに取り組んだ。絵本は同短大で2月に初...

十勝毎日新聞

坂本直行の風景画 未公開作品を展示【幕別】

 幕別町内のカフェ「シェモア」(札内新北町40、舟越智子代表)で、十勝ゆかりの画家坂本直行の作品展が開かれている。未公開とされる道東の風景11点が店内に花を添えている。2月末まで。  管内在...