北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

函館新聞

車をモデルに感性発揮 市函高美術部、函館マツダで作品展【函館】

市函美術部員の作品が並ぶショールーム(マツダ函館店)

 市立函館高校の美術部が、自動車メーカー「マツダ」の車を題材にした作品展「マツダ車のある風景」が、函館マツダ函館店(宮前町30)で開かれている。部員が画材やキャンパスの大きさにとらわれず自由に描いた計18点がショールームに並んでいる。9日まで。

 同社が社会的に深刻な「クルマ離れ」や道南の若者が他地域に流出することを懸念し、若い世代に自動車にもっと興味を持ってもらおうと企画した。

 部員は11月に、同店と中道店(中道2)に足を運んでスケッチ会を実施。普段訪れることが少ないショールーム内で同社製品の「デミオ」や「ロードスター」などのモデルをさまざまな角度から眺めて絵を描いた。

 店内には、今にも走り出しそうな疾走感あふれる作品のほか、黒い車体に反射する照明から着想を得て表現した車体の曲線のみを描いた作品など、部員の個性が光る作品が並ぶ。同店販売課の釜田航主任は「こんなにも目線が違うのかというくらい、個性的な作品ばかりで感動している」と笑顔を浮かべる。

 作品は道南の5店舗で順次展示され、10日から16日までは中道店で展示される。釜田主任は「日中には作品を眺めているお客さんの姿もあってうれしい。車のデザインは年々変わっていくので、今後も継続して企画していきたい」と話している。

関連記事

苫小牧民報

胆振東部応援フェアで3町の特産品販売-新千歳空港

 9月の胆振東部地震で大きな被害を受けた厚真、安平、むかわ各町の特産品を販売する「胆振東部エリア応援フェア」の物産展が14日、新千歳空港国内線ターミナルビル2階センタープラザで始まった。3町の観...

苫小牧民報

土砂災害犠牲者の慰霊式 復興への決意新たに-厚真町

 厚真町は15日、9月に発生した胆振東部地震の土砂災害で犠牲になった町民36人の慰霊式を同町総合福祉センターで開いた。遺族や関係者ら577人が参列。黙とうをささげて献花し、復興への決意を新たにし...

日高報知新聞

日台国際大会に出場

 29日から台湾で開かれる中学硬式野球の「第16回日台国際野球大会」に出場する北海道選抜チームのメンバー18人に、日高リトルシニア(浦川聡監督、団員25人)から久保田陽喜選手(えりも中2年)が選ばれた。26...

日高報知新聞

奨学金条例改正、給付型に【新ひだか】

【新ひだか】町議会定例会は14日、平成30年度一般会計補正予算案や町奨学金条例の改正など、提出議案を可決して同日閉会した。町議の議員報酬及び費用弁償等に関する条例の一部改正については、総務文教常任委員...

十勝毎日新聞

武四郎 功績つぶさ 特別展が開幕【帯広】

 「北海道」の命名者として知られる幕末の探検家松浦武四郎(1818~88年)の特別巡回展「幕末維新を生きた旅の巨人 松浦武四郎」が15日、道立帯広美術館で開幕した。初日から大勢の来場者でにぎわい...