北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

苫小牧民報

新政府専用機お披露目 航続距離伸び快適さ増す-空自千歳基地

報道公開した次期政府専用機(右)。左は現在の政府専用機

 千歳市平和の航空自衛隊千歳基地で6日、次期政府専用機ボーイング(B)777―300ER型機が初めて報道公開された。機体の概要などを担当者が説明し、機内の一般区画と随行員区画をお披露目した。

 政府専用機B747―400、愛称ジャンボの2機は2018年度末で退役し、19年4月1日からB777の2機が運航する。うち1機は8月17日に千歳基地に到着し、運用する特別航空輸送隊(富崎秀樹司令)が飛行訓練などを積んでいる。

 B777のサイズは全長73・9メートル、全幅64・8メートル、全高18・5メートルで、従来機と比べて若干細長くなった。エンジン数も現行型の4基から、2基の双発機に変わった。巡航速度は従来機と同等の時速約900キロで、航続距離は約1割増しの約1万4000キロとなった。

 この日は航空幕僚監部が報道公開し、新聞、テレビ、専門誌などの記者ら約50人が参加した。格納庫前に新旧の機体を並べて公開し、機内の一般区画と随行員区画の撮影を許可。貴賓室や秘書官区画、操縦席などは警備や保全を理由に公開しなかった。

 公開した区画のうち、首相らを同行取材する記者らが乗る一般区画は、民間機のプレミアムエコノミークラスと同じ仕様で、座席数は85席と従来と比べて4席減。首相の随行員らの区画はビジネスクラスと同等で、21席と12席減となったが快適さが増し、6席の会議室も同区画隣に備えた。

 記者説明で富崎隊司令は「輸送隊は1993年に部隊編成されて以来、天皇・皇后両陛下や首相などの輸送任務を実施してきた」などと振り返り、「B777の訓練を部隊全員で実施している」と強調。同隊約150人態勢で19年度の運用開始に万全を期す心構えを示した。

 空幕によると、次期政府専用機の残る1機も12月中、早ければ来週にも千歳基地に到着する。従来機は来年3月末の退役後、利活用などは現時点では未定としている。

明るく広々とした会議室

関連記事

苫小牧民報

胆振東部応援フェアで3町の特産品販売-新千歳空港

 9月の胆振東部地震で大きな被害を受けた厚真、安平、むかわ各町の特産品を販売する「胆振東部エリア応援フェア」の物産展が14日、新千歳空港国内線ターミナルビル2階センタープラザで始まった。3町の観...

苫小牧民報

土砂災害犠牲者の慰霊式 復興への決意新たに-厚真町

 厚真町は15日、9月に発生した胆振東部地震の土砂災害で犠牲になった町民36人の慰霊式を同町総合福祉センターで開いた。遺族や関係者ら577人が参列。黙とうをささげて献花し、復興への決意を新たにし...

日高報知新聞

日台国際大会に出場

 29日から台湾で開かれる中学硬式野球の「第16回日台国際野球大会」に出場する北海道選抜チームのメンバー18人に、日高リトルシニア(浦川聡監督、団員25人)から久保田陽喜選手(えりも中2年)が選ばれた。26...

日高報知新聞

奨学金条例改正、給付型に【新ひだか】

【新ひだか】町議会定例会は14日、平成30年度一般会計補正予算案や町奨学金条例の改正など、提出議案を可決して同日閉会した。町議の議員報酬及び費用弁償等に関する条例の一部改正については、総務文教常任委員...

十勝毎日新聞

武四郎 功績つぶさ 特別展が開幕【帯広】

 「北海道」の命名者として知られる幕末の探検家松浦武四郎(1818~88年)の特別巡回展「幕末維新を生きた旅の巨人 松浦武四郎」が15日、道立帯広美術館で開幕した。初日から大勢の来場者でにぎわい...