北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

日高報知新聞

ミニトマト「太陽の瞳」9億円台維持【新ひだか】

【新ひだか】しずない農協が販売する静内産ミニトマト「太陽の瞳」の平成30年販売金額は、前年比約7100万円減の9億1412万7000円だった。2月の大雪でハウスが倒壊するなど大きな被害を受けたことから、計画では8億2100万円としていたが、各農家の努力によって出荷数量が計画よりも多く、販売単価も高かったことから9億円台を維持した。

 「太陽の瞳」は、粒ぞろいで糖度と酸味のバランスがとれた高品質の「キャロル10」に品種を統一して栽培。農薬の軽減に努め、収穫終了後には土壌診断を全戸実施し、それに基づき肥料設計を行うなど、過剰な肥料の使用を避けるとともに、ミニトマト部会や日高農業改良普及センター、しずない農協と共にほ場の巡回指導と講習会・検討会を年10回程度行い、ミニトマト栽培の品質改善・向上に努めている。

 静内産ミニトマトの販売総額は、平成元年の2684万円(9戸)から6年には1億円台(17戸)となり、14年に5億円台(46戸)、23年に7億円台(37戸)、26年に8億円台(同)、27年には9億円台(41戸)となり、29年は9億8505万3000円と過去最高を記録し、目標の10億円突破も目前まで迫っていた。

 2月の記録的な大雪によって倒壊したハウスは41戸250棟にも上ったが、このうちミニトマト用ハウス約140棟は、行政や農協、ボランティアの支援もあってほぼ復旧し、秋の収穫にこぎつけた。

 今年は45戸の農家と静内目名ハウス団地で研修中の2組が、前年より若干少ない約29㌶に作付け。春先から夏にかけての低温や日照不足で品質管理が難しい状況だったが、4月26日から11月30日まで前年比約139㌧減の1255㌧を出荷。胆振東部地震の際も発電機を使って休まず選果場を稼動し、道内向けを本州への出荷に切り替えるなど臨機応変に対応し、単価は同21円増の728円と高値だった。

 しずない農協担当者は、「大雪被害で当初の計画を組み直すなど、全く先の見えない状況だった。その中で、ハウスが全滅するなど大きな被害を受けた新規就農の方々が『ここでやめるわけにはいかない』と奮起してくれた結果」と振り返り、「市場関係者からも相変わらず静内産ミニトマトへの引き合いは多い」と話している。

 来年は、研修中の2組が新規就農を予定。10億円台突破に向けては「単価は高値傾向が続くとは限らないので、安定した数量を出荷することが大切。順調に行けば昨年並みか微増を見込んでいる」という。

静内産ミニトマト「太陽の瞳」の選果作業

関連記事

苫小牧民報

胆振東部応援フェアで3町の特産品販売-新千歳空港

 9月の胆振東部地震で大きな被害を受けた厚真、安平、むかわ各町の特産品を販売する「胆振東部エリア応援フェア」の物産展が14日、新千歳空港国内線ターミナルビル2階センタープラザで始まった。3町の観...

苫小牧民報

土砂災害犠牲者の慰霊式 復興への決意新たに-厚真町

 厚真町は15日、9月に発生した胆振東部地震の土砂災害で犠牲になった町民36人の慰霊式を同町総合福祉センターで開いた。遺族や関係者ら577人が参列。黙とうをささげて献花し、復興への決意を新たにし...

日高報知新聞

日台国際大会に出場

 29日から台湾で開かれる中学硬式野球の「第16回日台国際野球大会」に出場する北海道選抜チームのメンバー18人に、日高リトルシニア(浦川聡監督、団員25人)から久保田陽喜選手(えりも中2年)が選ばれた。26...

日高報知新聞

奨学金条例改正、給付型に【新ひだか】

【新ひだか】町議会定例会は14日、平成30年度一般会計補正予算案や町奨学金条例の改正など、提出議案を可決して同日閉会した。町議の議員報酬及び費用弁償等に関する条例の一部改正については、総務文教常任委員...

十勝毎日新聞

武四郎 功績つぶさ 特別展が開幕【帯広】

 「北海道」の命名者として知られる幕末の探検家松浦武四郎(1818~88年)の特別巡回展「幕末維新を生きた旅の巨人 松浦武四郎」が15日、道立帯広美術館で開幕した。初日から大勢の来場者でにぎわい...