北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

室蘭民報

むろらん港まつりでフェリー就航見据え高まる機運【室蘭】

市民の関心を集め、盛況裏に終わった宮古市の物産展=29日の道の駅みたら室蘭

 第71回むろらん港まつり(同実行委員会主催)は30日、全ての日程を無事に終えた。来年6月の室蘭―岩手県宮古間のフェリー航路就航を見据え、宮古観光文化交流協会や、同市観光港湾課の職員らが同市の観光名所や特産品などの魅力をPR。室蘭市民、宮古市の関係者が相互理解を深め、機運を高めた。来年は待望のフェリー航路就航が実現するだけに、就航記念としての港まつりで大いに盛り上がることが期待される。

 港まつり期間中は3日通して宮古市の物産展が開かれた。初日はメイン会場の港ふれあい広場横で開いた。ステージイベントで特産品をPR。宮古市観光親善大使の歌手・みやさと奏さんが「室蘭恋はぐれ」などを披露した。29、30の両日は祝津町の道の駅みたら室蘭で実施。昨年より売れ行きは好調だったという。

 宮古市観光港湾課の山崎義剛もてなし観光係長は「新鮮であればタラは刺し身で食べられる。毛ガニは北海道と違い冬がシーズン」と宮古の特産品の魅力を語る。宮古観光文化交流協会の高岩将洋さんは「昨年の物産展の来場者の中には、宮古というと沖縄の宮古をイメージされる人もいた。今年は特産品を説明してもスムーズに理解してもらえる」と手応えを感じている。

 ステージイベントで港まつりの来場者と交流を深めたみやさとさん。「むろらん港まつりは他の地方に比べ、子どもが多い印象」と話す。「三陸は海の幸が魅力。ただ、観光だけではなく東日本大震災の復興の様子も知り、現地で被災者の思いを感じ取ってほしい」とさまざまな面で交流が深まることを願っている。

 フェリー就航で、メイン会場の港ふれあい広場を入江臨海公園横特設会場に移転。来年の室蘭民報社納涼花火大会は、室蘭港フェリーふ頭へ向かう道路の渋滞などが予想されるため、運航会社の関係者が訪れた。

 室蘭観光協会の仲嶋憲一事務局長は「室蘭観光協会にも物産展についての問い合わせが多くあった。来年の港まつりについては関係機関と協議して検討したい」と話していた。

ステージイベントで持ち歌を披露するみやさとさん=28日、港ふれあい広場

関連記事

苫小牧民報

日高自動車道 門別―厚賀IC、あす開通

 高規格道路・日高自動車道の日高門別インターチェンジ(IC)―日高厚賀IC区間(片側1車線、142キロ、通行無料)=日高町=が21日午後4時に開通する。日高道を使った同区間の車での移動は、従来の国...

根室新聞

北方領土遺産リスト集発行 3年間の発掘事業まとめる【根室】

 根室振興局は、戦後70年の平成27年から取り組み、3月末で終了した北方領土遺産発掘・継承事業を「北方領土遺産リスト集」として一冊にまとめ、200部を管内の教育機関や図書館等に配布する。一般向けには20...

根室新聞

最新の"フリーストール型搾乳ロボット牛舎"が完成【根室】

 市内湖南の㈱田中牧場(田中照義代表取締役)が建設を進めていた大型牛舎が竣工し、19日に見学会が行われた。最新設備を導入したフリーストール型搾乳ロボット牛舎で、省力化と飼養管理の強化を図って規模...

日高報知新聞

ピュアマルシェ閉店

【新ひだか】静内御幸町2の町有施設「ピュア」1階で平成28年9月から営業していた食品スーパー「ピュアマルシェ」と軽食・喫茶店「ピュアカフェ」が5月2日で閉店することが分かった。後継店舗は決まっておら...

日高報知新聞

牡の子馬誕生 額に白斑(はくはん)

【新ひだか】全国で唯一サラブレッドの繁殖から育成までを授業に取り入れている静内田原の静内農業高(大関俊郎校長)で4日夜、牡の子馬が誕生した。  畜産系の生産科学科がある同校は、年1頭の割合でサラ...