北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

室蘭民報

むろらん港まつりでフェリー就航見据え高まる機運【室蘭】

市民の関心を集め、盛況裏に終わった宮古市の物産展=29日の道の駅みたら室蘭

 第71回むろらん港まつり(同実行委員会主催)は30日、全ての日程を無事に終えた。来年6月の室蘭―岩手県宮古間のフェリー航路就航を見据え、宮古観光文化交流協会や、同市観光港湾課の職員らが同市の観光名所や特産品などの魅力をPR。室蘭市民、宮古市の関係者が相互理解を深め、機運を高めた。来年は待望のフェリー航路就航が実現するだけに、就航記念としての港まつりで大いに盛り上がることが期待される。

 港まつり期間中は3日通して宮古市の物産展が開かれた。初日はメイン会場の港ふれあい広場横で開いた。ステージイベントで特産品をPR。宮古市観光親善大使の歌手・みやさと奏さんが「室蘭恋はぐれ」などを披露した。29、30の両日は祝津町の道の駅みたら室蘭で実施。昨年より売れ行きは好調だったという。

 宮古市観光港湾課の山崎義剛もてなし観光係長は「新鮮であればタラは刺し身で食べられる。毛ガニは北海道と違い冬がシーズン」と宮古の特産品の魅力を語る。宮古観光文化交流協会の高岩将洋さんは「昨年の物産展の来場者の中には、宮古というと沖縄の宮古をイメージされる人もいた。今年は特産品を説明してもスムーズに理解してもらえる」と手応えを感じている。

 ステージイベントで港まつりの来場者と交流を深めたみやさとさん。「むろらん港まつりは他の地方に比べ、子どもが多い印象」と話す。「三陸は海の幸が魅力。ただ、観光だけではなく東日本大震災の復興の様子も知り、現地で被災者の思いを感じ取ってほしい」とさまざまな面で交流が深まることを願っている。

 フェリー就航で、メイン会場の港ふれあい広場を入江臨海公園横特設会場に移転。来年の室蘭民報社納涼花火大会は、室蘭港フェリーふ頭へ向かう道路の渋滞などが予想されるため、運航会社の関係者が訪れた。

 室蘭観光協会の仲嶋憲一事務局長は「室蘭観光協会にも物産展についての問い合わせが多くあった。来年の港まつりについては関係機関と協議して検討したい」と話していた。

ステージイベントで持ち歌を披露するみやさとさん=28日、港ふれあい広場

関連記事

函館新聞

小谷石を北海道三大秘境に 到達証明書発行へ【知内】

 【知内】町の観光関係者らが「海辺の秘境」小谷石地区を、「山の秘境」上川管内美深町松山湿原、「陸路の秘境」胆振管内豊浦町小幌駅と並ぶ「北海道三大秘境」の一つとしてPRしようと、両町との連携に乗...

函館新聞

桧山で暴風雪、函館も大荒れ 累積降雪過去3位に【函館】

 日本海の低気圧が急速に発達しながら北海道付近を通過した影響で、17日の道南は渡島西部や桧山で暴風雪となり、そのほかでも強い風雪に見舞われた。函館地方気象台によると18日にかけても吹雪となると...

苫小牧民報

道代表に豊澤瞳さん 今夏ミス・ユニバース全国大会へ

 2018ミス・ユニバース・ジャパン北海道大会(1月20日、札幌)で千歳市出身の私立大学職員、豊澤瞳さん(27)がグランプリに輝き、道代表に選ばれた。約1年半にわたり、美を究める努力を重ねた豊澤...

根室新聞

今年も東京・根室交流イベント「釣り」テーマに魅力発信【根室】

 根室市移住交流促進協議会(会長、長谷川俊輔根室市長)は、昨年に引き続き東京根室交流会を根室と東京の2会場で開く。「EASTERN vol2」と銘打ったイベントで、今年は「釣り」をテーマに根室会場は2月24、2...

日高報知新聞

「ひだか」が近くなる チカホで観光物産展

 4月21日の日高自動車道「日高厚賀IC(インターチェンジ)」の開通に向け、管内7町で構成する優駿日高道‼ オールひだか魅力発信協議会は16、17の両日、札幌駅前地下歩道空間(チカホ)で、「オールひだか...