北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

十勝毎日新聞

十勝鹿追そば21日再開 しかめん引き継ぎ【鹿追】

 4月に閉店したそば店「しかめん」(鹿追町西町3)が21日午前10時、「十勝鹿追そば」として営業を再開する。事業を引き継いだ町内の建設会社「健勝重建」の相澤政則社長は「再び町民や観光客に愛される店にしたい」と張り切っている。

十勝鹿追そばとして営業を再開する店舗

製麺工場も改修へ

 しかめんを経営していた「鹿追そば」は、解散した鹿追町振興公社の基盤を継承し、2002年に設立。そばを主体にうどんやラーメンなどを工場で製造し、学校給食の麺の委託加工も受けていたが、原材料の高騰などで資金繰りが苦しいことなどを理由に自己破産した。相澤社長は「鹿追そばのブランドを守りたい」と、土地・建物を買収。株式会社として「十勝鹿追そば」を設立し、そば店の再開に向けた準備を進めてきた。今後は老朽化している製麺工場の改修工事に着手する考え。

 再開するそば店では、西上経営組合が生産する鹿追産そば粉を使用する。前店の従業員が、厨房(ちゅうぼう)でそばを手打ちで提供し、変わらない鹿追そばの味を楽しむことができる。ご飯ものも用意している。

 21日は初日のため午前10時オープンだが、通常は午前11時~午後3時と午後4時半~同8時。定休日は未定。年末は30日まで、年始は来年1月3日から営業する。相澤社長は「皆さんの力添えがあり、やっとオープンまでたどり着くことができた。ぜひ足を運んで」と来店を呼び掛けている。

 問い合わせは十勝鹿追そば(0156・67・7308)へ。

関連記事

十勝毎日新聞

十勝牛とろ丼3位 ご当地どんぶり選手権【清水】

 全国のご当地食材を使った自慢の丼メニューで人気を競う「第10回全国ご当地どんぶり選手権」の結果発表が20日、会場となった東京ドームで行われた。十勝スロウフード(清水町、藤田惠社長)の「十勝牛と...

十勝毎日新聞

農高発どら焼きエア・ドゥで 管内3校原料提供【十勝】

 AIRDO(エア・ドゥ)は、道内の農業高校生らが育てた「雪化粧かぼちゃ」を使ったどら焼きを開発した。十勝からは帯広農業高、更別農業高、士幌高が原料を提供。すでに一部の便で機内サービスとして無料...

函館新聞

新商品リンゴカレー発売 道の駅「なないろ・ななえ」【七飯】

 【七飯】道の駅「なないろ・ななえ」(峠下)は18日から、七飯産リンゴをふんだんに使用したレトルトカレー「りんごカレー」を同施設限定で発売している。リンゴの甘みとスパイスが効いた深みのある...

十勝毎日新聞

「純白ゆり根大福」好評 道の駅忠類【幕別】

 道の駅忠類(町忠類白銀町、小竹淳店長)で、昨年8月から販売を開始した「純白ゆり根大福」が好評だ。販売5カ月余りで5000パック(2個入り)を売り上げ、地元特産の農産物加工品でもトップクラスの人気...

函館新聞

函館国際ホテルがいちごスイーツビュッフェ【函館】

 函館国際ホテル(函館市大手町)は平日の午前11時半から午後3時まで、イチゴを使った10種類のデザートが楽しめる「いちごスイーツビュッフェ」を実施している。料金は1200円(フリードリンク付)。...