北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

十勝毎日新聞

十勝鹿追そば21日再開 しかめん引き継ぎ【鹿追】

 4月に閉店したそば店「しかめん」(鹿追町西町3)が21日午前10時、「十勝鹿追そば」として営業を再開する。事業を引き継いだ町内の建設会社「健勝重建」の相澤政則社長は「再び町民や観光客に愛される店にしたい」と張り切っている。

十勝鹿追そばとして営業を再開する店舗

製麺工場も改修へ

 しかめんを経営していた「鹿追そば」は、解散した鹿追町振興公社の基盤を継承し、2002年に設立。そばを主体にうどんやラーメンなどを工場で製造し、学校給食の麺の委託加工も受けていたが、原材料の高騰などで資金繰りが苦しいことなどを理由に自己破産した。相澤社長は「鹿追そばのブランドを守りたい」と、土地・建物を買収。株式会社として「十勝鹿追そば」を設立し、そば店の再開に向けた準備を進めてきた。今後は老朽化している製麺工場の改修工事に着手する考え。

 再開するそば店では、西上経営組合が生産する鹿追産そば粉を使用する。前店の従業員が、厨房(ちゅうぼう)でそばを手打ちで提供し、変わらない鹿追そばの味を楽しむことができる。ご飯ものも用意している。

 21日は初日のため午前10時オープンだが、通常は午前11時~午後3時と午後4時半~同8時。定休日は未定。年末は30日まで、年始は来年1月3日から営業する。相澤社長は「皆さんの力添えがあり、やっとオープンまでたどり着くことができた。ぜひ足を運んで」と来店を呼び掛けている。

 問い合わせは十勝鹿追そば(0156・67・7308)へ。

関連記事

室蘭民報

絶景がスパイスに…温泉街に初のスープカレー店【洞爺湖】

万世閣「HLAHAL」  洞爺湖町の洞爺湖温泉街に初めてのスープカレー専門店「スープカリーHLAHAL(ハラハル)」が12日オープンした。厳選の道産野菜を使用した味わい深いスープカレーを、洞爺湖...

室蘭民報

毛ガニ漁が解禁、初水揚げされ港が活気づく【登別】

 胆振太平洋海域(室蘭市―むかわ町)の毛ガニ漁が10日に解禁された。登別漁港(登別港町)では、11日に約1160キロを初水揚げ、夏到来を告げる真っ赤な旬の味覚が港を活気づけている。初日の取引額は高...

苫小牧民報

レトルトホッキカレー、おいしく一新 発売10周年「店の味に近づく」-汐見..

 苫小牧市汐見町1のマルトマ食堂は、2009年の発売から10周年を迎えたレトルトホッキカレーをリニューアルした。特徴であるホッキ貝の甘みとこくが強調され、「さらにおいしく仕上がった」と三浦未(い...

室蘭民報

町内の果樹園でサクランボ狩りのシーズン迎える【壮瞥】

 壮瞥町内の果樹園18軒で構成する「そうべつくだもの村」では、今年もサクランボ狩りのシーズンを迎えた。赤く熟した実を求め、国内外から連日多くの観光客が訪れている。品種によって異なるが、8月上旬ま...

十勝毎日新聞

4日間限定でダムカレー 札内川園地【中札内】

 中札内村観光協会は地場産品にこだわり札内ダムに見立てた「中札内ダムカレー」を今年も札内川園地(南札内)の日高山脈山岳センターで販売する。期間限定で、販売日は13、14、20、21の計4日間。事...