北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

十勝毎日新聞

十勝鹿追そば21日再開 しかめん引き継ぎ【鹿追】

 4月に閉店したそば店「しかめん」(鹿追町西町3)が21日午前10時、「十勝鹿追そば」として営業を再開する。事業を引き継いだ町内の建設会社「健勝重建」の相澤政則社長は「再び町民や観光客に愛される店にしたい」と張り切っている。

十勝鹿追そばとして営業を再開する店舗

製麺工場も改修へ

 しかめんを経営していた「鹿追そば」は、解散した鹿追町振興公社の基盤を継承し、2002年に設立。そばを主体にうどんやラーメンなどを工場で製造し、学校給食の麺の委託加工も受けていたが、原材料の高騰などで資金繰りが苦しいことなどを理由に自己破産した。相澤社長は「鹿追そばのブランドを守りたい」と、土地・建物を買収。株式会社として「十勝鹿追そば」を設立し、そば店の再開に向けた準備を進めてきた。今後は老朽化している製麺工場の改修工事に着手する考え。

 再開するそば店では、西上経営組合が生産する鹿追産そば粉を使用する。前店の従業員が、厨房(ちゅうぼう)でそばを手打ちで提供し、変わらない鹿追そばの味を楽しむことができる。ご飯ものも用意している。

 21日は初日のため午前10時オープンだが、通常は午前11時~午後3時と午後4時半~同8時。定休日は未定。年末は30日まで、年始は来年1月3日から営業する。相澤社長は「皆さんの力添えがあり、やっとオープンまでたどり着くことができた。ぜひ足を運んで」と来店を呼び掛けている。

 問い合わせは十勝鹿追そば(0156・67・7308)へ。

関連記事

十勝毎日新聞

地ビールあす披露 コタニアグリ【更別】

 更別村内で生産したビール麦とホップを使った地ビールが完成し、19日に村内で開かれる「十勝さらべつすももの里まつり」で初めて販売される。更別初の地ビールを造ったのは村内の農業法人コタニアグリ(小谷...

函館新聞

ピロシキ博のオリジナルピロシキ販売開始【函館】

 「ピロシキ博2019」から誕生した「はこだて焼きピロシキ」の販売が15日、丸井今井函館店地下1階不二屋本店で始まった。地元の高校生らが考案した個性豊かなオリジナルピロシキが並び、市民らが買い求...

十勝毎日新聞

豚丼 待つ価値あり【帯広】

 帯広駅前の老舗豚丼店「元祖豚丼のぱんちょう」(西1南11)では3日午前、開店を待つ観光客らが長蛇の列をつくった。  同店の行列はいまや連休中の「風物詩」。この日は午前10時ごろから並び始め...

室蘭民報

並んでも食べたい老舗飲食店の「室蘭名物」に舌鼓【室蘭】

 大型連休中の4月30日、室蘭市中央町の老舗飲食店には、帰省した人や観光客が続々と訪れた。出入り口前には、長い列ができ、地元の名物や懐かしい味に舌鼓を打った。 大王は定休日返上  味の大王室...

室蘭民報

三星の主力2品にチョコで文字、「令和パン」人気上々【登別】

 菓子製造販売の三星(本社苫小牧市、三浦実代表取締役)は4月上旬から、改元にあやかり、チョコレートで「令和」の文字を描いたあんパンとクリームパンを販売、改元が近づくにつれ、売り上げが伸びていると...