北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

日高報知新聞

鵡川ー門別間再開を支援【浦河】

 JR日高線について13日に開いた浦河町議会全員協議会で池田拓町長は、地元日高町が強く要望している休止中の鵡川―日高門別間の運行再開に向け、「金銭の多寡という問題はあるが、町として応分の支援をしたい」と述べた。管内町で支援の意思を示したのは浦河町が初めて。

 これまで、鵡川―日高門別間の支援については、新ひだか町や新冠町の町長が支援を行わない意向を示しているが、池田町長は「極めて厳しい状況にあり、可能性も小さいのは十分承知しているが、日高線の鉄路を将来にわたり残し、住民の公共交通として大事に使っていきたいという考えに変わりはない」と強調した。

 また、11月の町長会議での絞り込みで選択肢から外れた日高門別から様似間を含め「和歌山県や福岡県ほどの広さがある日高に1㍍も鉄路がないという状況は考えられない。一旦休止にしても、わずかな可能性が残っているのなら、未来の世代につなげていきたい」と、現在も鵡川から様似までの全線復旧部分を含め、あきらめていない考えを述べた。

 JR日高線の鵡川以東の運休は間もなく丸4年を経過するが、町長の代替わりもあり、当初から日高線問題の議論を重ねてきた町長は、様似町の坂下一幸町長、平取町の川上満町長と池田町長の3人だけになった。

 池田町長は11月の町長会議で3選択肢の絞り込みで多数決での採択、その後の会議で報道機関への公開などを求めているが、実現はしていない。

 池田町長は「被災場所の護岸整備も、鉄道海岸を建設海岸に変えて国や道が責任をもって実施てもらいたい。国の政策も二酸化炭素削減のため、個々の大量のトラック輸送から鉄路や船舶による輸送に方針を転換しつつある。鉄路を未来につなげたい。全体の雰囲気や流れは違うが、今後の会議でも訴えたい」と説明した。

日高線について自身の考えを述べる池田町長

関連記事

日高報知新聞

定数を2人オーバーか【えりも】

【えりも】町選挙管理委員会(山中智彰委員長)は20日、町役場で4月16日告示、同21日投開票の町議会議員選挙立候補予定者説明会を開き、現職本人と後援会関係者、新人立候補予定者など21人が出席した。  ...

日高報知新聞

新たに3事業所8商品【新ひだか】

【新ひだか】町内で生産される優れた産品を推奨品として認証する「新ひだか推奨品認証制度」の認証書交付式が19日、JR静内駅併設の町観光情報センターで開かれ、3事業所8商品を新たに認証したほか、平成28年...

十勝毎日新聞

感謝の思い胸に 小学校卒業式【帯広】

 十勝管内の多くの小学校で22日、卒業式が行われた。卒業生は4月から通う中学校の制服に身を包み、晴れて学びやを巣立った。  この日、式が行われたのは管内全小学校(93校)の約9割に当たる81...

十勝毎日新聞

イチロー引退 ねぎらう声 用具で縁、交流も【十勝】

 21日に現役引退を表明した米大リーグ・マリナーズのイチロー選手は、キャンプ地での交流やバット用の木材提供などを通じて十勝とも縁があった。数々の記録を打ち立てた偉大な選手の引退に、管内の関係者はね...

十勝毎日新聞

タイムカプセル 15年後に開封へ 西上音更小閉校【士幌】

 JA士幌町西上事業所集落センターで19日、西上音更小学校(川上裕明校長、児童11人)閉校事業実行委による「タイムカプセル保管式」が行われ、児童や地域住民らが参加した。  実行委事業部長の曽...