北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

十勝毎日新聞

「ガンバの冒険」故薮内正幸さん 原画展始まる【帯広】

緻密で優しいタッチの動物画が並ぶ原画展

 「ガンバの冒険」シリーズの挿絵などで知られる動物画家薮内正幸さん(1940~2000年)の絵本原画展が15日、とかちプラザで始まった。薮内さんの原画展は道内初。エゾリスなど十勝の動物も含めて60点が並び、来場者が熱心に見入っている。

 薮内さんは動物画の第一人者。「どうぶつのおやこ」などの絵本のほか、図鑑や広告などで幅広く活躍した。原画展実行委の水口迅さん(帯広)の父健さん(故人)とは出版社の福音館書店(東京)で同僚だったことから、たびたび帯広を訪問していた。

 ガンバの冒険の挿絵をはじめ、ライオンやフクロウなど幅広い動物画を展示。毛の一本一本まで丁寧に描き込まれた絵の中には、動物の息遣いが優しく感じられ、道内外から訪れた来場者は顔を近づけてじっくりと眺めていた。

薮内さんの絵との向き合い方などを話した(左から)斎藤さん、竜太さん

 同プラザのアトリウムではこの日、薮内さんの長男で薮内正幸美術館(山梨県)館長の竜太さん、児童文学作家で「ガンバの冒険」シリーズなどを執筆した斎藤惇夫さんによるギャラリートークも行われた。

 斎藤さんは「ガンバ」シリーズの挿絵について「正確で、また個性を表現していた」と語り、「常に動物といたい人。『日本のカワウソは絶滅したんだ』と涙ながらに話していたことを覚えている」と話した。

 竜太さんは「仕事の合間にも好きなタカの絵を描くような人だった。天才ではないけれど、天才的に動物が好きだった」と振り返っていた。

関連記事

苫小牧民報

日本を代表する選手を 駒大苫高女子硬式野球部、監督・ユニホーム発表

 駒大苫小牧高校(笹嶋清治校長)は20日、来年4月に創部する女子硬式野球部の監督就任の決定とユニホーム発表の記者会見を同校で開いた。監督に決まった茶木圭介男子野球部副部長(41)は「女子野球の発...

苫小牧民報

豪空軍の戦闘機到着 日豪共同訓練、関係の成長と強化を-空自千歳基地

 航空自衛隊がオーストラリア空軍と国内を拠点に実施する初の日豪共同訓練、「武士道ガーディアン19」に参加する豪空軍戦闘機6機が20日、航空自衛隊千歳基地に到着した。同基地で出迎え行事が行われ、豪...

苫小牧民報

熱く応援、快勝に歓声 ラグビーW杯、新千歳でPV

 新千歳空港の旅客ビル会社、新千歳空港ターミナルビルディングは20日、開幕したラグビーワールドカップ日本大会の日本―ロシア戦のパブリックビューイング(PV)を国内線ターミナルビル4階の映画館「新千...

日高報知新聞

野々村社長の予想も【日高】

【日高】「北海道コンサドーレ札幌DAY」が17日、ホッカイドウ競馬開催中の門別競馬場で開かれた。  当日のレースは12R北海道コンサドーレ札幌特別、2Rドーレくん賞、4R宮の沢白い恋人サッカー場...

日高報知新聞

小学生42人が参加し【浦河】

 自然体験事業「うらかわサマーキャンプ」が14、15の両日、浦河町野深の自然体験実習館「柏陽館」で開かれた。  町内の小学校3~6年生42人(男子15人、女子27人)が参加して学校間交流や自然体験学習...