北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

十勝毎日新聞

「ガンバの冒険」故薮内正幸さん 原画展始まる【帯広】

緻密で優しいタッチの動物画が並ぶ原画展

 「ガンバの冒険」シリーズの挿絵などで知られる動物画家薮内正幸さん(1940~2000年)の絵本原画展が15日、とかちプラザで始まった。薮内さんの原画展は道内初。エゾリスなど十勝の動物も含めて60点が並び、来場者が熱心に見入っている。

 薮内さんは動物画の第一人者。「どうぶつのおやこ」などの絵本のほか、図鑑や広告などで幅広く活躍した。原画展実行委の水口迅さん(帯広)の父健さん(故人)とは出版社の福音館書店(東京)で同僚だったことから、たびたび帯広を訪問していた。

 ガンバの冒険の挿絵をはじめ、ライオンやフクロウなど幅広い動物画を展示。毛の一本一本まで丁寧に描き込まれた絵の中には、動物の息遣いが優しく感じられ、道内外から訪れた来場者は顔を近づけてじっくりと眺めていた。

薮内さんの絵との向き合い方などを話した(左から)斎藤さん、竜太さん

 同プラザのアトリウムではこの日、薮内さんの長男で薮内正幸美術館(山梨県)館長の竜太さん、児童文学作家で「ガンバの冒険」シリーズなどを執筆した斎藤惇夫さんによるギャラリートークも行われた。

 斎藤さんは「ガンバ」シリーズの挿絵について「正確で、また個性を表現していた」と語り、「常に動物といたい人。『日本のカワウソは絶滅したんだ』と涙ながらに話していたことを覚えている」と話した。

 竜太さんは「仕事の合間にも好きなタカの絵を描くような人だった。天才ではないけれど、天才的に動物が好きだった」と振り返っていた。

関連記事

日高報知新聞

定数を2人オーバーか【えりも】

【えりも】町選挙管理委員会(山中智彰委員長)は20日、町役場で4月16日告示、同21日投開票の町議会議員選挙立候補予定者説明会を開き、現職本人と後援会関係者、新人立候補予定者など21人が出席した。  ...

日高報知新聞

新たに3事業所8商品【新ひだか】

【新ひだか】町内で生産される優れた産品を推奨品として認証する「新ひだか推奨品認証制度」の認証書交付式が19日、JR静内駅併設の町観光情報センターで開かれ、3事業所8商品を新たに認証したほか、平成28年...

十勝毎日新聞

感謝の思い胸に 小学校卒業式【帯広】

 十勝管内の多くの小学校で22日、卒業式が行われた。卒業生は4月から通う中学校の制服に身を包み、晴れて学びやを巣立った。  この日、式が行われたのは管内全小学校(93校)の約9割に当たる81...

十勝毎日新聞

イチロー引退 ねぎらう声 用具で縁、交流も【十勝】

 21日に現役引退を表明した米大リーグ・マリナーズのイチロー選手は、キャンプ地での交流やバット用の木材提供などを通じて十勝とも縁があった。数々の記録を打ち立てた偉大な選手の引退に、管内の関係者はね...

十勝毎日新聞

タイムカプセル 15年後に開封へ 西上音更小閉校【士幌】

 JA士幌町西上事業所集落センターで19日、西上音更小学校(川上裕明校長、児童11人)閉校事業実行委による「タイムカプセル保管式」が行われ、児童や地域住民らが参加した。  実行委事業部長の曽...