北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

十勝毎日新聞

「ガンバの冒険」故薮内正幸さん 原画展始まる【帯広】

緻密で優しいタッチの動物画が並ぶ原画展

 「ガンバの冒険」シリーズの挿絵などで知られる動物画家薮内正幸さん(1940~2000年)の絵本原画展が15日、とかちプラザで始まった。薮内さんの原画展は道内初。エゾリスなど十勝の動物も含めて60点が並び、来場者が熱心に見入っている。

 薮内さんは動物画の第一人者。「どうぶつのおやこ」などの絵本のほか、図鑑や広告などで幅広く活躍した。原画展実行委の水口迅さん(帯広)の父健さん(故人)とは出版社の福音館書店(東京)で同僚だったことから、たびたび帯広を訪問していた。

 ガンバの冒険の挿絵をはじめ、ライオンやフクロウなど幅広い動物画を展示。毛の一本一本まで丁寧に描き込まれた絵の中には、動物の息遣いが優しく感じられ、道内外から訪れた来場者は顔を近づけてじっくりと眺めていた。

薮内さんの絵との向き合い方などを話した(左から)斎藤さん、竜太さん

 同プラザのアトリウムではこの日、薮内さんの長男で薮内正幸美術館(山梨県)館長の竜太さん、児童文学作家で「ガンバの冒険」シリーズなどを執筆した斎藤惇夫さんによるギャラリートークも行われた。

 斎藤さんは「ガンバ」シリーズの挿絵について「正確で、また個性を表現していた」と語り、「常に動物といたい人。『日本のカワウソは絶滅したんだ』と涙ながらに話していたことを覚えている」と話した。

 竜太さんは「仕事の合間にも好きなタカの絵を描くような人だった。天才ではないけれど、天才的に動物が好きだった」と振り返っていた。

関連記事

日高報知新聞

災害乗り越え実績上げる【平取】

【平取】びらとり野菜生産振興会トマト・胡瓜部会(石浦政司部会長、会員163人)の第30回定期総会と反省会が18日、びらとり農協本所2階大会議室で開かれた。  開会で石浦部会長は「5月の連休前の大雪、...

根室新聞

胆振東部地震から復興を支援 緑町商店街が応援セール【根室】

 緑町商店街振興組合(日沼茂人理事長)は2月2、3日の2日間、胆振東部地震の商店街を応援する「心を一つに!北海道胆振東部地震復興支援応援セール」=ポスター写真=を市内緑町のまちなかサロン恋問で開催...

日高報知新聞

信号機倒し通行止め【新ひだか】

【新ひだか】18日午後0時10分ごろ、新ひだか町春立の国道235号で、コンクリートミキサー車が信号機に接触し、信号機が根元から折れ曲がって道路を塞ぐ事故が発生した。幸い、けが人はいなかったものの、国道...

根室新聞

混声合唱団クール・エコー 創立50周年記念演奏会開く【根室】

 根室混声合唱団クール・エコー(田村昌也団長)は20日、創立50周年を記念した演奏会を市総合文化会館で開いた。約200人が来場し、同団のほか、ゲスト出演したOB、OGや子どもたちの歌声が会場に響いた。...

根室新聞

世代超えて親睦 第88回芭蕉同窓会開く【根室】

 根室高等学校の卒業生で組織する芭蕉同窓会(松浦宗信会長)は20日、第88回総会及び親睦会を根室グランドホテルで開いた。卒業生や関係者など約350人が出席し、総会では伝統ある3つの校歌を高らかに斉唱。...