北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

釧路新聞

釧路附属小生 宇宙のポスター国際コンクールで3位

母のますみさん(右)と共に喜びを語る樋渡君

 シンガポールで行われたアジア太平洋地域宇宙機関会議(APRSAF)主催のポスターコンクールで、北海道教育大学附属釧路小学校6年の樋渡俊翔君(12)の作品が3位に当たるJAXA賞を受賞した。樋渡君は16日、「宇宙の日」にちなんだ絵画コンテスト作品を募集した釧路市こども遊学館を訪れ、受賞を報告し「日本代表として世界の大舞台で戦い、JAXA賞がもらえて本当にうれしい」と喜びを語った。

 樋渡君の作品は、世界12カ国から集まった34作品の中から選ばれた。人類が火星に移住し、新たな進化を遂げようとしている様子を色鮮やかに描いた。

 9月12日の「宇宙の日」の記念行事として、文部科学省が「太陽系探査隊」をテーマに全国の小中学生から作文や絵画を募集。絵画の部小学生部門には全国から8373点の応募があった。樋渡君の作品は、道東地区から絵画の部小学生部門に寄せられた中から4年連続で最優秀賞に選ばれ全国審査に進出。各地区で最優秀賞を受賞した作品55点の中から、樋渡君の作品を含む3点が日本代表として、世界30カ国の宇宙関連機関で構成するAPRSAFが主催するコンテストへ出品された。

 樋渡君は、姉の羽奏さん(16)の影響で、小学校1年生の時に絵画を描きはじめ、最初に出品したコンクールで最優秀賞を獲得。翌年から独学で本格的に絵画をはじめ、これまでさまざまなコンテストで入賞しているが、国際的なコンテスト入賞は初めて。宇宙航空研究開発機構(JAXA)宇宙教育推進室から受賞の連絡があった際にはガッツポーズをしたという。

 こども遊学館の多胡孝一天文担当学芸員は「世界を相手に、想像したことを立派に表現し発表できた人が釧路にいた、ということに、とても感激している。その一端に自分たちがやってきた活動が結び付いていると考えるとうれしい」と話している。

関連記事

函館新聞

いさ鉄まもなく開業3周年 函館駅などで記念イベント【函館】

 道南いさりび鉄道(小上一郎社長)が開業3年を迎える。北海道新幹線とともに2016年3月26日、五稜郭―木古内間(37・8キロ)で開業。「いさ鉄」の愛称で親しまれ、沿線住民の足としてだけでなく...

函館新聞

8歳で英検準1級合格 附属小の小笠原君【函館】

 道教育大附属函館小学校3年の小笠原煌(こう)君が、8歳で実用英語技能検定(英検)の準1級に合格した。大学中級程度の英語力が求められ、8歳での合格は全国的も珍しいという。煌君は「達成感でいっぱい...

苫小牧民報

さよなら地球体験館 100人駆け付け閉館惜しむ-むかわ

 昨年9月の胆振東部地震で被災して今月末で閉館が決まったむかわ町穂別の「地球体験館」の最後のイベントが21日にあった。町内外から約100人が訪れて27年にわたって親しまれた施設に感謝と別れを告げ...

日高報知新聞

237人の特例申請が無効に【浦河】

 浦河町ふるさと納税への寄付者が確定申告が不要となる「ワンストップ特例制度」の町側事務処理ミスで、5946人分の申請データが未処理だった問題で、町は22日、臨時記者会見を開き、1都2県の237人の特...

日高報知新聞

珍しい〝暖〟ボールアート【様似】

【様似】札幌在住の桑折廣幸さん(68)のダンボールをキャンバスに制作した絵画展示「ひろ・くわおり〝暖”ボールアート 北の浮世絵展」が、町中央公民館ギャラリー21で始まり、入館者の目を引いている。31日まで...