北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

日高報知新聞

遠山サキさん死去【浦河】

 アイヌ文化伝承者の遠山サキ(とおやま・さき)さん(90)=浦河町姉茶62=が15日、死去した。葬儀は18日午前10時から、浦河町築地3のさとう中央ホールで。喪主は長男・遠山長寿(ながとし)さん、葬儀委員長は姉茶自治会長・三好吉男さん。

森の名手・名人受賞時の遠山さん=平成28年9月、自宅で自作の伝統織物を披露=

 遠山さんはアイヌ文化全般にわたる知識と技能・技術を習得した優れた伝承者。昭和35年に浦河町で姉茶民芸品研究会(浦河アイヌ文化保存会の前身)の設立に参加し、アイヌ古式舞踊の伝承と保存活動に尽力。

 機動職業訓練織布科やアイヌ語教室の講師などを務め、昭和63年に浦河町文化奨励賞、平成13年に北海道文化財保護功労賞受賞、同21年にアイヌ文化の伝承と後継者育成の功績をたたえ、財団法人アイヌ文化振興・研究推進機構のアイヌ文化賞を受賞している。

 また、オヒョウの樹皮やガマなど野草を利用した着物やバッグ、刀さげなど伝統品や文化伝承を通し、森と共存してきたアイヌ文化の発信と普及啓発に尽くしてきた功績で、同28年に公益社団法人国土緑化推進機構の「森の名手・名人」に選ばれた。この時、遠山さんは「これまで大したことはやっていない。ただ、アイヌのことを伝承していくのが私の役目と思い、一生懸命頑張ってやってきただけ」と話していた。

関連記事

十勝毎日新聞

道東の魅力伝えたい 社団法人「ドット道東」設立

 道東を中心に活動するクリエーターが集まる一般社団法人「ドット道東」が、道東の魅力的な暮らしぶりや取り組みを紹介するガイドブックの制作に取り組んでいる。資金はクラウドファンディング(CF)で募って...

十勝毎日新聞

十勝チーズ発信 52種類提供 振興局イベント【東京】

 十勝総合振興局は11日、都内の飲食店「お取り寄せダイニング十勝屋」で、十勝チーズのPRイベントを開いた。参加者は個性豊かなチーズの食べ比べなどを通し、チーズ王国・十勝の魅力を満喫した。  ...

十勝毎日新聞

横断中の事故続発 「運転手の右側から」特に注意【十勝】

 今秋、十勝管内では歩行者が道路を横断中に車にはねられる事故が続発している。重傷事故で特に見られるケースが「右からの横断者」。近い歩道側である左からの横断者に比べ、対向車線を渡ってくる歩行者に...

室蘭民報

軽快ジャズで640人を魅了、翔陽中が定期演奏会【室蘭】

 室蘭市翔陽中学校ジャズバンド部(飯尾姫奈部長)の9th定期演奏会が10日、幸町の室ガス文化センターで開かれ、部員26人が今年の集大成となる演奏で、来場した約640人を魅了した。  定演は3部...

室蘭民報

150年の思い咲け…桜の名所誕生へ50本を記念植樹【伊達】

 伊達150年を記念した植樹祭が10日、伊達市館山町の館山公園で行われた。参加した市民らは新たな桜の名所誕生への祈りを込めて、50本の苗木を植え付けた。  公園内のサクラがてんぐ巣病にかかり、...