北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

十勝毎日新聞

クランベリー札内に出店 東1条店は閉店【帯広】

年内で閉店するクランベリー東1条店

 菓子製造販売の「クランベリー」(帯広、水戸部公平社長)は、東1条店(帯広市東1南9)を年内で閉店する。同時に来春に向け、幕別町札内豊町に新店舗をオープンさせる。帯広市外の出店は初。十勝東部の販売強化を図るのが狙い。東1条店は老朽化に伴い解体し売却する予定。

 東1条店は1984年、もともとあった土地・建物を同社が取得して初の支店として開店。主に市内東地区の需要に対応してきた。ただ、車社会が進む中、周辺に駐車場を十分確保できないことに加え、近隣では2012年にJR帯広駅エスタ内に直営店をオープン、今年は同売り場も拡大させた。

 新店舗は「クランベリー札内店(仮称)」で、コープさっぽろ・さつない店の敷地内の東側に開設。木造平屋165平方メートル。帯広市内の業者が建設し、長期賃借する。カフェスペースは設けないが、主力のスイートポテトの焼成設備も配備し、フルラインアップ販売する。

 すでに一部着工し、来年のゴールデンウイーク時期のオープンを目指す。売上高は、東1条店の2倍としたい考え。

 水戸部社長は「現店舗は古くからのお客も多く、申し訳なく思うが、札内地区は人口が増えており、東地域の人が車でも気軽に来られる環境をつくりたかった」と話している。東1条店は31日午後5時に閉店する。

 同社はスイートポテトなどが人気で、本店(西2南6)など5店を展開。年商約6億6000万円(2018年6月期)。

関連記事

十勝毎日新聞

メロン味わって 大玉「プレミアム」登場 出荷開始【帯広】

 帯広と芽室の農家6戸が栽培している「帯広メロン」の出荷が23日、始まった。販売元のキサキ糧穀(帯広市愛国町)に約300玉が集まり、箱詰めして小売店や贈答用に発送された。  マスクメロンの帯...

十勝毎日新聞

黄金の実り 小麦収穫スタート【池田】

 十勝農業の「エース」秋まき小麦の収穫作業が、池田町内で始まった。黄金色に色づいた畑を大型のコンバインが音を立てて走り、実が詰まった麦穂を刈り取った。  約30ヘクタールで「きたほなみ」を作...

名寄新聞

阿部養鶏場が自家生産えっぐぷりん発売【下川】

 町内班渓の阿部養鶏場が、自家製卵「下川六〇酵素卵」と道産素材を使ったプリン『えっぐぷりん』を開発。24日に発売する。  「阿部養鶏場」は、昆布酵素、EM菌(有用微生物群)などを自家配合した餌...

十勝毎日新聞

シンガポールで十勝PR 振興局や食品会社 道フェアへ【十勝】

 十勝総合振興局の三井真局長や管内の食品加工業者は25、26の両日、シンガポールで開かれる北海道フェア(道主催)などで十勝の食や観光をPRする。  道は27日、どさんこプラザのシンガポール2...

函館新聞

高陽市が交流延期申し出 日韓関係悪化で【函館】

 函館市は22日、下半期に予定していた姉妹都市の韓国・高陽(コヤン)市との交流事業を延期することを明らかにした。日韓関係の悪化が理由で、姉妹都市になった2011年以降で交流事業の延期は初めて。 ...