北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

室蘭民報

胆振管内エゾシカ農林業被害額は6・8%減【胆振】

17年度のエゾシカ被害状況や捕獲数などが報告された会合

 エゾシカの適正な個体数管理や農林業被害防止について関係機関が協議する「胆振地域エゾシカ対策連絡協議会」の2018年度(平成30年度)会合が20日、室蘭市海岸町の胆振総合振興局で開かれ、17年度の被害状況や捕獲数が報告されたほか、道のエゾシカ捕獲推進プランに沿った対応方針などを確認した。

 胆振管内自治体や農業・森林団体の担当者や猟友会関係者ら約40人が出席。17年度の胆振管内エゾシカ農林業被害額は、水稲や大豆、バレイショ、牧草、テンサイなどの計2億400万円で、16年度比6・8%(1500万円)減少した状況を報告。管内11市町のうち、むかわ町が全体の57・8%を占めた。

 また、17年度のエゾシカ捕獲数は計1万2485頭。同プランの目標値と比べ、1585頭多かった。エゾシカが関係する交通事故は全道で計2430件(16年度比25・5%増)を数え、胆振管内は全道14総合振興局・振興局の中で2番目に多い374件(同29・9%増)だった。

 また、16年度に同管内で食肉として処理されたのは計525頭・1万3356キログラム。頭数では同比94・4%増だが、製造量は約3・5倍も増えた。捕獲された野生の鳥獣を食材に用いる「ジビエブーム」を受け、首都圏などでのPR活動による消費拡大や、管内での給食食材などに有効活用された―という。

 一方、15~16年度は全道各局管内で雌ジカの捕獲目標数が未達成だったことを受け、個体数削減につながる雌ジカの優先的捕獲―などとした本年度の同プランの概要も説明。エゾシカ食肉事業協同組合(オホーツク管内斜里町)からは、有効活用事例も報告された。

関連記事

根室新聞

86歳ご長寿ボウラー森崎さん セミパーフェクト達成【根室】

 70歳からボウリングを始めた市内のご長寿ボウラー・森崎節子さん(86)が、11月末にボウリングでスコア299点のセミパーフェクトを達成した。市内では今年、男性7人がパーフェクト(300点)を達...

日高報知新聞

インド人の日本語力向上【新冠】

【新冠】町内の共栄にある軽種馬育成牧場のキタジョファーム(北所直人社長)は11月28日、近くにある共栄生活館で新ひだか町三石から日高町富川で就労するインド人を対象とした日本語の勉強会を開催した。9...

日高報知新聞

にいかっぷピーマン 2年連続で8億円を突破【新冠】

【新冠】全道一の生産を誇る町特産の「にいかっぷピーマン」の今年の販売金額が8億4093万円(販売量1986㌧)となり、過去最高だった昨年に続き2年連続で8億円台に乗せた。今年の生産量は昨年比で...

苫小牧民報

日ハム選手ら、被災地で野球教室 憧れの選手が指導-厚真

 プロ野球北海道日本ハムファイターズの杉浦稔大投手と玉井大翔投手、チームにゆかりのある選手、コーチらが3日、胆振東部地震で被災した子どもたちを元気付けようと、厚真町のあつまスタードームで小学生向...

苫小牧民報

ラーメン「さくら屋」人気に 空き店舗活用事業で開業-白老

 白老町の「空き店舗等活用・創業支援事業」を活用し、同町竹浦にオープンしたラーメン店「さくら屋」が評判を呼んでいる。桧山管内江差町で営んでいた店を閉じ、白老の魅力に引かれて移住した髙橋健児さん(...

CATEGORY記事カテゴリー

MEDIA参加新聞社

ARCHIVE月別記事リスト

RANKINGアクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス