北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

室蘭民報

胆振管内エゾシカ農林業被害額は6・8%減【胆振】

17年度のエゾシカ被害状況や捕獲数などが報告された会合

 エゾシカの適正な個体数管理や農林業被害防止について関係機関が協議する「胆振地域エゾシカ対策連絡協議会」の2018年度(平成30年度)会合が20日、室蘭市海岸町の胆振総合振興局で開かれ、17年度の被害状況や捕獲数が報告されたほか、道のエゾシカ捕獲推進プランに沿った対応方針などを確認した。

 胆振管内自治体や農業・森林団体の担当者や猟友会関係者ら約40人が出席。17年度の胆振管内エゾシカ農林業被害額は、水稲や大豆、バレイショ、牧草、テンサイなどの計2億400万円で、16年度比6・8%(1500万円)減少した状況を報告。管内11市町のうち、むかわ町が全体の57・8%を占めた。

 また、17年度のエゾシカ捕獲数は計1万2485頭。同プランの目標値と比べ、1585頭多かった。エゾシカが関係する交通事故は全道で計2430件(16年度比25・5%増)を数え、胆振管内は全道14総合振興局・振興局の中で2番目に多い374件(同29・9%増)だった。

 また、16年度に同管内で食肉として処理されたのは計525頭・1万3356キログラム。頭数では同比94・4%増だが、製造量は約3・5倍も増えた。捕獲された野生の鳥獣を食材に用いる「ジビエブーム」を受け、首都圏などでのPR活動による消費拡大や、管内での給食食材などに有効活用された―という。

 一方、15~16年度は全道各局管内で雌ジカの捕獲目標数が未達成だったことを受け、個体数削減につながる雌ジカの優先的捕獲―などとした本年度の同プランの概要も説明。エゾシカ食肉事業協同組合(オホーツク管内斜里町)からは、有効活用事例も報告された。

関連記事

根室新聞

共同経済活動へ向け、ロシア側から初の訪問団【根室】

 北方四島での共同経済活動の実現に向け、ロシア側から初となる視察団が19日、根室入りした。視察分野は優先5項目のうち「ごみの減容対策」で、国後島のごみ処理会社社長ら4人が根室市資源再生センター...

根室新聞

サンマ棒受け網漁 期待乗せ大型船が出漁【根室】

 農林水産大臣許可の道東沖のサンマ棒受け網漁で主力となる100トン以上の大型船の操業が20日に解禁され、花咲港からは30隻が午前0時ごろに漁場を目指して出漁した。今季はこれまでにサンマの水揚げがな...

苫小牧民報

秋の風物詩 インディアン水車でシロザケ捕獲-12月中旬まで

 日本海さけ・ます増殖事業協会千歳事務所=花園=は20日、構内に設置する千歳川左岸のインディアン水車(捕獲車)でシロザケの親魚の捕獲を始めた。千歳に秋の訪れを告げる風物詩は、12月中旬まで続く。 ...

日高報知新聞

二風谷で舟おろしの儀【平取】

【平取】アイヌ民族伝統の舟おろしの儀式「第50回チプサンケ」が18日、二風谷ダム沙流川左岸に設けた舟おろし場で行われた。  文化の伝承を目的にびらとりアイヌ協会などでつくる実行委員会の主催。町民...

日高報知新聞

サラ1歳 サマーセール開幕【新ひだか】

【新ひだか】サラブレッド1歳馬の競り市「サマーセール」(日高軽種馬農協主催)が19日、静内神森の北海道市場で開幕した。22日まで4日間の日程で1270頭が上場登録している。  サマーセールは、日...