北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

室蘭民報

中央地区を面白く、国交省職員が市民と対話【室蘭】

室蘭市のまちづくりについて意見を出し合ったトークイベント

 行政一人が頑張ってもまちは良くならない―。室蘭市主催の「まちづくりトークイベント」が20日、中央町のオルガンハウスで開かれた。講師として招かれた国土交通省都市局都市計画課課長補佐の一言太郎さんが、将来の中央町について市民と対話した。

 室蘭市は今年3月、国土交通省の地方再生のモデル都市(地方再生コンパクトシティ)32都市の一つに選ばれた。中央地区のエリア再生に取り組んでいる。

 モデル都市の選定に伴い、一言さんは担当パートナーとして室蘭のまちづくりに参加。市のコンパクトなまちづくりを進める指針「立地適正化計画」の策定についてもアドバイスを行ってきた。

 この日は学生や地元商店街の市民約20人が参加。一言さんがまちを活発にするために何をすべきか伝えた。

 策の一つとして、人の流れをつくることを挙げる。商店街にIT企業のオフィスや住居を取り入れ、歩行者数の増加を図っている他都市の事例を説明した。

 空き家と空き地が不規則に発生し空洞化する「都市のスポンジ化」が進む中、にぎわい再生を目指す中央地区。「中央町をおもしろくしよう」をテーマに参加者同士で意見を出し合った際は、それぞれやりたいまちづくりについて語った。

 2級建築士の高橋友樹さん(36)は「フェリー航路が就航し、中央町は人が来やすい環境が整いつつある。何か面白いことが取り組めたら」。室工大で建築計画を学んでいる中根拓人さん(修士1年)は「大学の学びとして、中央町のリノベーション(刷新)に携われたら楽しい」と話した。

 同日には職員対象の研修やワークショップも実施。職員約50人が参加した。佐野正樹都市政策推進室長は「まちの人にも関わってもらい、にぎわい再生に向けて取り組んでいきたい」と話した。

関連記事

根室新聞

86歳ご長寿ボウラー森崎さん セミパーフェクト達成【根室】

 70歳からボウリングを始めた市内のご長寿ボウラー・森崎節子さん(86)が、11月末にボウリングでスコア299点のセミパーフェクトを達成した。市内では今年、男性7人がパーフェクト(300点)を達...

日高報知新聞

インド人の日本語力向上【新冠】

【新冠】町内の共栄にある軽種馬育成牧場のキタジョファーム(北所直人社長)は11月28日、近くにある共栄生活館で新ひだか町三石から日高町富川で就労するインド人を対象とした日本語の勉強会を開催した。9...

日高報知新聞

にいかっぷピーマン 2年連続で8億円を突破【新冠】

【新冠】全道一の生産を誇る町特産の「にいかっぷピーマン」の今年の販売金額が8億4093万円(販売量1986㌧)となり、過去最高だった昨年に続き2年連続で8億円台に乗せた。今年の生産量は昨年比で...

苫小牧民報

日ハム選手ら、被災地で野球教室 憧れの選手が指導-厚真

 プロ野球北海道日本ハムファイターズの杉浦稔大投手と玉井大翔投手、チームにゆかりのある選手、コーチらが3日、胆振東部地震で被災した子どもたちを元気付けようと、厚真町のあつまスタードームで小学生向...

苫小牧民報

ラーメン「さくら屋」人気に 空き店舗活用事業で開業-白老

 白老町の「空き店舗等活用・創業支援事業」を活用し、同町竹浦にオープンしたラーメン店「さくら屋」が評判を呼んでいる。桧山管内江差町で営んでいた店を閉じ、白老の魅力に引かれて移住した髙橋健児さん(...

CATEGORY記事カテゴリー

MEDIA参加新聞社

ARCHIVE月別記事リスト

RANKINGアクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス