北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

十勝毎日新聞

おもてなし弁当献立決定 地元中高生考案【広尾】

選ばれた5品。前列右から「ピーマンに鮭詰めてみました」「タラと野菜のYummyしゅうまい」。後列は右から「ふわっと磯香る、かにとふのりの彩りサラダ」「広尾の恵みナムル」「ジャーマンつぶ」

 開町150年を記念して広尾町が募集した「おもてなし弁当」の最終審査が19日、町健康管理センターで開かれ、地元の海産物をふんだんに使った主菜2品、副菜3品が決定した。いずれも広尾中、広尾高の生徒が昨年度に考案したレシピで、同高3年生が改良した。来年3月10日に同センターで表彰式と試食会が開かれ、町民に披露される。

レシピを考案・調理した広尾高生と審査員ら

 おもてなし弁当事業は、地産地消や食による健康について理解を深めてもらおうと企画。募集には計15品のレシピが寄せられ、書類審査を通過した主菜3品、副菜4品が今回の審査に進んだ。

 田中靖章副町長、菅原康博教育長、町食育推進委員会の神野梢委員長ら10人が審査員として試食し採点。調理した同高3年生12人が審査を見守った。

 審査員は「どれもおいしくて甲乙付けがたい」「工夫が素晴らしい」などと講評。審査の結果、主菜は「タラと野菜のYummyしゅうまい」「ピーマンに鮭詰めてみました」、副菜は「ジャーマンつぶ」「広尾の恵みナムル」「ふわっと磯香る、かにとふのりの彩りサラダ」の計5品に決定した。

 レシピは昨年度、中高一貫授業の中で「開町150年にちなんだ料理」としてグループごとに考案。約50種類の中から厳選し、改良を重ねた料理が今回選ばれた。

 「ジャーマンつぶ」などを担当した同高3年の生徒は「評価されたのはすごくうれしい。来年3月の試食会で、広尾の人たちにぜひ食べてもらいたい」と笑顔を見せた。選ばれた5品は同センターが作成している「ご当地レシピ集」にも掲載される。

関連記事

十勝毎日新聞

十勝牛とろ丼3位 ご当地どんぶり選手権【清水】

 全国のご当地食材を使った自慢の丼メニューで人気を競う「第10回全国ご当地どんぶり選手権」の結果発表が20日、会場となった東京ドームで行われた。十勝スロウフード(清水町、藤田惠社長)の「十勝牛と...

十勝毎日新聞

農高発どら焼きエア・ドゥで 管内3校原料提供【十勝】

 AIRDO(エア・ドゥ)は、道内の農業高校生らが育てた「雪化粧かぼちゃ」を使ったどら焼きを開発した。十勝からは帯広農業高、更別農業高、士幌高が原料を提供。すでに一部の便で機内サービスとして無料...

函館新聞

新商品リンゴカレー発売 道の駅「なないろ・ななえ」【七飯】

 【七飯】道の駅「なないろ・ななえ」(峠下)は18日から、七飯産リンゴをふんだんに使用したレトルトカレー「りんごカレー」を同施設限定で発売している。リンゴの甘みとスパイスが効いた深みのある...

十勝毎日新聞

「純白ゆり根大福」好評 道の駅忠類【幕別】

 道の駅忠類(町忠類白銀町、小竹淳店長)で、昨年8月から販売を開始した「純白ゆり根大福」が好評だ。販売5カ月余りで5000パック(2個入り)を売り上げ、地元特産の農産物加工品でもトップクラスの人気...

函館新聞

函館国際ホテルがいちごスイーツビュッフェ【函館】

 函館国際ホテル(函館市大手町)は平日の午前11時半から午後3時まで、イチゴを使った10種類のデザートが楽しめる「いちごスイーツビュッフェ」を実施している。料金は1200円(フリードリンク付)。...