北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

十勝毎日新聞

おもてなし弁当献立決定 地元中高生考案【広尾】

選ばれた5品。前列右から「ピーマンに鮭詰めてみました」「タラと野菜のYummyしゅうまい」。後列は右から「ふわっと磯香る、かにとふのりの彩りサラダ」「広尾の恵みナムル」「ジャーマンつぶ」

 開町150年を記念して広尾町が募集した「おもてなし弁当」の最終審査が19日、町健康管理センターで開かれ、地元の海産物をふんだんに使った主菜2品、副菜3品が決定した。いずれも広尾中、広尾高の生徒が昨年度に考案したレシピで、同高3年生が改良した。来年3月10日に同センターで表彰式と試食会が開かれ、町民に披露される。

レシピを考案・調理した広尾高生と審査員ら

 おもてなし弁当事業は、地産地消や食による健康について理解を深めてもらおうと企画。募集には計15品のレシピが寄せられ、書類審査を通過した主菜3品、副菜4品が今回の審査に進んだ。

 田中靖章副町長、菅原康博教育長、町食育推進委員会の神野梢委員長ら10人が審査員として試食し採点。調理した同高3年生12人が審査を見守った。

 審査員は「どれもおいしくて甲乙付けがたい」「工夫が素晴らしい」などと講評。審査の結果、主菜は「タラと野菜のYummyしゅうまい」「ピーマンに鮭詰めてみました」、副菜は「ジャーマンつぶ」「広尾の恵みナムル」「ふわっと磯香る、かにとふのりの彩りサラダ」の計5品に決定した。

 レシピは昨年度、中高一貫授業の中で「開町150年にちなんだ料理」としてグループごとに考案。約50種類の中から厳選し、改良を重ねた料理が今回選ばれた。

 「ジャーマンつぶ」などを担当した同高3年の生徒は「評価されたのはすごくうれしい。来年3月の試食会で、広尾の人たちにぜひ食べてもらいたい」と笑顔を見せた。選ばれた5品は同センターが作成している「ご当地レシピ集」にも掲載される。

関連記事

十勝毎日新聞

十勝産トウモロコシと生クリームのスープ 明治が販売【東京】

 明治(東京)は、十勝産のトウモロコシと生クリームを使った新商品「十勝産黄金のとうもろこしと生クリームで仕立てたコーンスープ」の販売を始めた。明治グループの日本罐詰(芽室)が製造、全国のスーパー...

室蘭民報

そうべつくだもの村でブドウ狩りのシーズンを迎える【壮瞥】

 壮瞥町内の果樹園18軒でつくる「そうべつくだもの村」はブドウ狩りのシーズンを迎えた。甘く熟した大きな実を求め、多くの観光客が足を運んでいる。  滝之町の阿野観光果樹園(阿野裕紀緒園主)では、...

室蘭民報

来遊遅れ厳しい出足―秋サケ漁の漁獲量、過去5年で最低【胆振】

 胆振海域の秋サケ定置網漁(1日解禁)が当初予想に反して厳しい出足となっている。来遊の遅れが主な原因とされ、今月下旬以降に増える見通しも出ているが、全体的に漁獲量が前年度を下回っている。10日現...

十勝毎日新聞

「十勝晴れ」味わう茶 タイ産花で青色表現【帯広】

 プロコム北海道(帯広)は、プライベートブランド(PB)の新商品として「十勝あおぞら茶」を発売した。近年話題の植物バタフライピーを配合し、お茶にすると見た目が青色となるユニークなフルーツティーで、...

十勝毎日新聞

「ロケットパン」開発で連携 満寿屋と大樹高生【大樹】

 パン製造販売の満寿屋商店(帯広、杉山雅則社長)は町内の小・中学生、高校生と協力して「ロケットパン」の開発を進めている。13日には杉山社長が大樹高校(青木祐治校長、生徒142人)を訪れ、生徒たちと...