北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

苫小牧民報

駅前彩る華麗な光 「とまイルスクエア」始まる

JR苫小牧駅前で始まった「とまイルスクエア」のドーム内で、電飾の美しい輝きを楽しむ人たち=21日夕

 JR苫小牧駅南口前で苫小牧市による「とまイルスクエア」が21日夕、始まった。駅前広場などを幻想的なイルミネーションで飾り、中心街のにぎわい創出を目指すイベント。来年2月14日までの期間中、駅前商店街でのスタンプラリーやフォトコンテストといった関連企画も展開する。

 イベントは、大型商業施設・駅前プラザエガオの閉鎖などで元気を失った駅前のイメージアップを図る市の事業で、岩倉博文市長が4期目の公約に掲げていた。事業費約2600万円のうち、市内企業6社から計2300万円の寄付の協力を得て、準備を進めてきた。

 使用したLED(発光ダイオード)電球は約10万4200球。メイン会場の駅前広場に全長27・5メートルの流線形のドーム型イルミネーションを設置。コンピュータープログラミングで今年のヒット曲などに合わせて電球の色彩が変化するにようにし、ドーム内にはハート型や翼の形をデザインした撮影スポットを設けた。来場者がスイッチを押すと、電飾の色を変えられる仕掛けも施している。周囲の木々は白色の電球で彩った。点灯時間は午後4時~午後11時で、来年2月14日まで続ける。

 市民ら約200人が詰め駆けた同日の点灯式では、苫小牧ふたば幼稚園の園児がサンタクロース姿でパレードし、ハンドベル演奏も披露。家族と一緒に訪れた苫小牧緑小4年生の澤向月杏(るあ)さん(10)は「きれいでびっくりした。また見に来たい」と喜んだ。岩倉市長は「多くの人に足を運んでもらいたい。地震で被災した胆振東部3町にも声掛けし、少しでもほっとする時間をつくってもらえたらとも考えている」と話した。

 会場で撮った写真は、公式のSNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)で2月21日まで受け付け、市内での買い物で使えるとまチョップポイントを入賞者に贈るフォトコンテストも開始。「紙のまち」にちなみ、紙袋でランタンを作るワークショップも1月19日から2月3日にかけて計6回企画し、完成した作品で街中を彩る。

 この他、「とまイルスタンプラリー」と銘打ち、駅前商店街の各店舗を巡り、集めたスタンプ数に応じたプレゼント企画も1月11日から始める。イルミネーション最終日の2月14日は午後9時からフィナーレイベントを予定している。

関連記事

根室新聞

86歳ご長寿ボウラー森崎さん セミパーフェクト達成【根室】

 70歳からボウリングを始めた市内のご長寿ボウラー・森崎節子さん(86)が、11月末にボウリングでスコア299点のセミパーフェクトを達成した。市内では今年、男性7人がパーフェクト(300点)を達...

日高報知新聞

インド人の日本語力向上【新冠】

【新冠】町内の共栄にある軽種馬育成牧場のキタジョファーム(北所直人社長)は11月28日、近くにある共栄生活館で新ひだか町三石から日高町富川で就労するインド人を対象とした日本語の勉強会を開催した。9...

日高報知新聞

にいかっぷピーマン 2年連続で8億円を突破【新冠】

【新冠】全道一の生産を誇る町特産の「にいかっぷピーマン」の今年の販売金額が8億4093万円(販売量1986㌧)となり、過去最高だった昨年に続き2年連続で8億円台に乗せた。今年の生産量は昨年比で...

苫小牧民報

日ハム選手ら、被災地で野球教室 憧れの選手が指導-厚真

 プロ野球北海道日本ハムファイターズの杉浦稔大投手と玉井大翔投手、チームにゆかりのある選手、コーチらが3日、胆振東部地震で被災した子どもたちを元気付けようと、厚真町のあつまスタードームで小学生向...

苫小牧民報

ラーメン「さくら屋」人気に 空き店舗活用事業で開業-白老

 白老町の「空き店舗等活用・創業支援事業」を活用し、同町竹浦にオープンしたラーメン店「さくら屋」が評判を呼んでいる。桧山管内江差町で営んでいた店を閉じ、白老の魅力に引かれて移住した髙橋健児さん(...

CATEGORY記事カテゴリー

MEDIA参加新聞社

ARCHIVE月別記事リスト

RANKINGアクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス