北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

函館新聞

縄文にハマる人々公開 山岡監督らが魅力語る

 多彩な角度から縄文時代を探っていくドキュメンタリー映画「縄文にハマる人々 世界で最も美しい謎」(山岡信貴監督)の上映が22日から、函館市民映画館シネマアイリスで始まった。初日は山岡監督と縄文好きで知られるタレント藤岡みなみさんを招き、上映後にトークライブを開いた。  映画は、縄文文化を研究する国学院大の小林達雄名誉教授、作家のいとうせいこうさんら20人のインタビュー映像などで構成。  取材を重ねた山岡監督は「掘れば掘るほど、いろいろな見方があって楽しかった」と振り返った。ナレーションは音楽ユニット「水曜日のカンパネラ」のコムアイさんが務め、同監督は「数千年の時の流れを自然に行き来するような、含みのある声質に引かれてお願いした」と語った。  藤岡さんは、函館市で中空土偶を見て以降、縄文文化の虜(とりこ)になったという。「北海道唯一の国宝と聞いていたので、気を引き締めて見に行ったら、ゆるい表情をしていて驚いた」とし「昔、学校で学んだ縄文文化に再び出会い、引かれ直した感じ」と縄文文化との“なれそめ”を明かした。  大阪出身の山岡監督は、縄文文化に縁も興味もなかったが、宇宙人飛来説など、研究者によって多様な学説が交錯する過去の謎に魅せられて撮影を始めた。同監督は「縄文にハマる人々と上から目線で言いつつも、撮り終えた頃には自分が一番ハマっていた」と笑顔で話していた。

トークライブで縄文愛を語る藤岡さん(右)と山岡監督

関連記事

名寄新聞

岐阜県御嵩町の中高生が森林教育体験【下川】

 国から低炭素社会を目指す「環境モデル都市」の岐阜県御嵩町の中学2年生6人、高校2年生3人、町職員・教職員・ボランティアが、16日から5日間、同じモデル都市の下川町を訪れ、間伐した木で炭を作るな...

十勝毎日新聞

室工大と共同研究 大樹のIST【札幌】

 大樹町のベンチャー企業インターステラテクノロジズ(IST、稲川貴大社長)は21日午前、札幌市内で記者会見し、室蘭工業大学(空閑良壽=くが・よしかず=学長)と共同研究を開始したと発表した。4月に...

十勝毎日新聞

工事現場に「事務職」 村上土建が新設【音更】

 村上土建開発工業(音更町、村上誠社長)は今年春から、工事現場の事務所で書類作成業務を担う「現場事務職」を新設した。人手不足の中、普通高校からも人材を受け入れやすくなるほか、働く選択肢を増やすこと...

十勝毎日新聞

9月生まれおいで 3000円分のチケット贈呈【鹿追】

 鹿追町観光協会(坂本昌彦会長)は、9月生まれの町外在住者に、町内観光施設などで使える3000円分のチケットを贈呈する「ハッピーバースデーキャンペーン」を実施する。  町内への誘客を目的に20...

室蘭民報

室蘭市と宮古市が災害時相互支援で協定、フェリー活用【室蘭】

 昨年就航した定期フェリーで結ばれた室蘭市と岩手県宮古市が20日、災害時の相互応援や協力に関する協定を結んだ。海上インフラを最大限生かし、災害発生時に速やかに人や物資の応援を要請・派遣するほか、...