北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

十勝毎日新聞

藤村さんチーズ料理入賞 全国コン道地区賞【帯広】

 チーズと地域の食材を使ったオリジナル料理のユニークさを競う「第7回チー1グランプリ」(チーズフェスタ実行委員会主催)で、帯広大谷短期大学生活科学科栄養士課程2年の藤村幸乃さん(19)が「枝豆とコーンのクリームチーズスティック」でエントリーし、北海道ブロック賞を受賞した。藤村さんは「まさか選ばれるとは思っていなかった。十勝の素材と誰でも作れる簡単さが評価されたのでは」と喜んでいる。

北海道ブロック賞を受賞した藤村さんと受賞作品

 チー1グランプリは「チーズの日」(11月11日)に合わせ、「チーズフェスタ」(チーズ普及協議会、日本輸入チーズ普及協会主催)の関連イベントとして行われている。最優秀作品(グランプリ)1点の他、全国8ブロックから各2点の計16点の地域賞を選ぶ。全国から前年の2倍近い1054点の応募があった。

 藤村さんの作品は、クリームチーズに中札内特産の枝豆、十勝産コーンを混ぜた具材を、春巻きの皮でスティック状に包み、油で揚げた。

 「甘みのあるクリームチーズと組み合わせ、スイーツ感覚で一口サイズで楽しめる料理を考えた」と藤村さん。「蜂蜜を掛けてもおいしい」と、食べ方も提案した。

 プレゼンテーターを務めたタレントの峰竜太さんはグランプリのホームページで、「枝豆とコーンとクリームチーズの組み合わせは食感が良い。お酒のつまみにもいい」と評価した。

 藤村さんは来年4月から、帯広市内の給食供給会社に栄養士として勤務する予定。「おいしい食事を提供し信頼される栄養士になりたい。受賞は励みになる」と話している。

 大谷短大の学生が同グランプリにエントリーするのは3年目で、昨年はグランプリと北海道ブロック賞をダブル受賞。

 指導する栄養士課程助教の門利恵さんは「2年連続の受賞に驚いている。十勝の食材の良さを引き出す料理が評価されたのでは」と述べている。

関連記事

室蘭民報

あすなろでドイツの伝統焼き菓子「シュトーレン」を限定販売【洞爺湖】

500個限定販売  洞爺湖町入江のデイセンターあすなろでは、ドイツの伝統焼き菓子「シュトーレン」の製造が最盛期を迎えている。今年は500個限定。ラム酒に漬け込んだレーズンやオレンジピール、レモンピ...

室蘭民報

ザ・ウィンザーホテル洞爺飯島総料理長が「ベジミクロ」を活用【洞爺湖】

西胆振産の野菜、もっと使いたい  最高級のおもてなしで知られるザ・ウィンザーホテル洞爺リゾート&スパ(洞爺湖町)。料飲担当理事で、総料理長の飯島豪さん(54)は、西胆振の豊富な食材を積極的に取り...

室蘭民報

中井英策商店で「キンキのいずし」の製造が大詰め【伊達】

 師走に入り、中井英策商店(伊達市南稀府町、及川昌弘代表取締役社長)で、「キンキのいずし」の製造が大詰めを迎えている。伊達市の名産とあって、従業員が彩り鮮やかに詰め込んでいる。  同社はハタハ...

十勝毎日新聞

十勝ワイン新酒 豪快に 楽しむ会【帯広】

 「帯広・十勝ワインを楽しむ会」が1日、帯広市内のとかち館で開かれた。愛好家ら54人が参加。11月30日に解禁になったばかりの十勝ワインヌーボ2019を中心に、ワインと料理を楽しんだ。  同会...

室蘭民報

スイーツいかが…「うずらプリン」の製造がピーク【室蘭】

 室蘭うずら園(三浦忠雄代表取締役)の人気商品「室蘭うずらのプリン」が、歳末商戦向けに製造がピークを迎えている。室蘭市石川町の同社工場内は、甘い香りに包まれている。  同プリンは、餌を工夫して...

CATEGORY記事カテゴリー

MEDIA参加新聞社

ARCHIVE月別記事リスト

RANKINGアクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス