北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

十勝毎日新聞

藤村さんチーズ料理入賞 全国コン道地区賞【帯広】

 チーズと地域の食材を使ったオリジナル料理のユニークさを競う「第7回チー1グランプリ」(チーズフェスタ実行委員会主催)で、帯広大谷短期大学生活科学科栄養士課程2年の藤村幸乃さん(19)が「枝豆とコーンのクリームチーズスティック」でエントリーし、北海道ブロック賞を受賞した。藤村さんは「まさか選ばれるとは思っていなかった。十勝の素材と誰でも作れる簡単さが評価されたのでは」と喜んでいる。

北海道ブロック賞を受賞した藤村さんと受賞作品

 チー1グランプリは「チーズの日」(11月11日)に合わせ、「チーズフェスタ」(チーズ普及協議会、日本輸入チーズ普及協会主催)の関連イベントとして行われている。最優秀作品(グランプリ)1点の他、全国8ブロックから各2点の計16点の地域賞を選ぶ。全国から前年の2倍近い1054点の応募があった。

 藤村さんの作品は、クリームチーズに中札内特産の枝豆、十勝産コーンを混ぜた具材を、春巻きの皮でスティック状に包み、油で揚げた。

 「甘みのあるクリームチーズと組み合わせ、スイーツ感覚で一口サイズで楽しめる料理を考えた」と藤村さん。「蜂蜜を掛けてもおいしい」と、食べ方も提案した。

 プレゼンテーターを務めたタレントの峰竜太さんはグランプリのホームページで、「枝豆とコーンとクリームチーズの組み合わせは食感が良い。お酒のつまみにもいい」と評価した。

 藤村さんは来年4月から、帯広市内の給食供給会社に栄養士として勤務する予定。「おいしい食事を提供し信頼される栄養士になりたい。受賞は励みになる」と話している。

 大谷短大の学生が同グランプリにエントリーするのは3年目で、昨年はグランプリと北海道ブロック賞をダブル受賞。

 指導する栄養士課程助教の門利恵さんは「2年連続の受賞に驚いている。十勝の食材の良さを引き出す料理が評価されたのでは」と述べている。

関連記事

十勝毎日新聞

十勝産トウモロコシと生クリームのスープ 明治が販売【東京】

 明治(東京)は、十勝産のトウモロコシと生クリームを使った新商品「十勝産黄金のとうもろこしと生クリームで仕立てたコーンスープ」の販売を始めた。明治グループの日本罐詰(芽室)が製造、全国のスーパー...

室蘭民報

そうべつくだもの村でブドウ狩りのシーズンを迎える【壮瞥】

 壮瞥町内の果樹園18軒でつくる「そうべつくだもの村」はブドウ狩りのシーズンを迎えた。甘く熟した大きな実を求め、多くの観光客が足を運んでいる。  滝之町の阿野観光果樹園(阿野裕紀緒園主)では、...

室蘭民報

来遊遅れ厳しい出足―秋サケ漁の漁獲量、過去5年で最低【胆振】

 胆振海域の秋サケ定置網漁(1日解禁)が当初予想に反して厳しい出足となっている。来遊の遅れが主な原因とされ、今月下旬以降に増える見通しも出ているが、全体的に漁獲量が前年度を下回っている。10日現...

十勝毎日新聞

「十勝晴れ」味わう茶 タイ産花で青色表現【帯広】

 プロコム北海道(帯広)は、プライベートブランド(PB)の新商品として「十勝あおぞら茶」を発売した。近年話題の植物バタフライピーを配合し、お茶にすると見た目が青色となるユニークなフルーツティーで、...

十勝毎日新聞

「ロケットパン」開発で連携 満寿屋と大樹高生【大樹】

 パン製造販売の満寿屋商店(帯広、杉山雅則社長)は町内の小・中学生、高校生と協力して「ロケットパン」の開発を進めている。13日には杉山社長が大樹高校(青木祐治校長、生徒142人)を訪れ、生徒たちと...