北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

十勝毎日新聞

買い物客ひしめく 「全市連合」ラストスパート【帯広】

 今年も1週間余りとなり、3連休中日の23日、小売店はクリスマスや歳暮、正月用品を買い求める客でにぎわった。帯広商工会議所の年末全市連合大売出しも終了目前だが、10万円分の買い物券が当たる1等はまだ残っており、抽選に挑む客が訪れている。

買い物客でにぎわいを見せる藤丸のお歳暮コーナー

 帯広市内の百貨店藤丸では午前から、地下の食品売り場を中心に混み合った。藤丸によると、クリスマス用の食品を買い求める客が多いほか、「まとまった降雪があり、婦人靴の売れ行きが良い。アウトドア用品売り場も活発」という。

 また、29、30日は年内最後の土日で正月用品の需要がいっそう高まる。藤丸では「26日以降は食品が売り上げの中心となる。しっかりと対応できるようにしたい」と話す。

 247店が参加する全市連合大売出しは抽選券配布が24日で終了する。22日までの当選は3万9222本で、前年比81.5%にとどまっている。中でも、1等は30本用意しているが、まだ13本しか出ていない。

 主催する帯広商工会議所は「連休初日の22日の抽選は思ったほど伸びなかった。残りのきょうとあす、クリスマス、年末商戦の盛り上がりを期待したい」(鈴木義尚事務局長)と話した。

 参加店での買い物5000円につき本券1枚、1000円で補助券1枚がもらえ(特別参加店を除く)、本券1枚か補助券5枚でくじと交換できる。抽選は26日まで。藤丸やイオン帯広店など14カ所に抽選会場を設けている。

関連記事

日高報知新聞

荻伏中に36冊の本寄贈【浦河】

 公益財団法人日本教育公務員弘済会北海道支部=教弘北海道=から浦河町の荻伏中にブックパック(本のセット)の寄贈があり、この贈呈式が19日、同校で行われた。  道内教育の振興や充実と教職員の福祉...

日高報知新聞

道内初 脳ドック料金を割引【新ひだか】

【新ひだか】近年、高齢者の運転による重大事故が相次いでいることから、静内警察署(久田悟署長)と医療法人徳洲会日高徳洲会病院(井斉偉矢院長)は19日、静内警察署で「高齢運転者に係る交通事故抑止に関...

根室新聞

共同経済活動ロシア視察団 破砕設備や水処理に関心【根室】

 北方四島での共同経済活動の優先プロジェクト5項目のうち、ごみ処理分野の具体化に向けたロシア側初の視察団が19日から23日にかけて、市内のゴミ処理関連施設を視察している。20日は市ごみ埋立処理場を...

根室新聞

ビザなし訪問団 伝統芸能や工芸で交流【根室】

 日本側から今年度5回目となったビザなし交流訪問団が19日、訪問先の国後・色丹両島から四島交流専用船「えとぴりか」(1124トン)で根室港に戻った。国後島では富山県の獅子舞披露とガラス工芸で...

名寄新聞

岐阜県御嵩町の中高生が森林教育体験【下川】

 国から低炭素社会を目指す「環境モデル都市」の岐阜県御嵩町の中学2年生6人、高校2年生3人、町職員・教職員・ボランティアが、16日から5日間、同じモデル都市の下川町を訪れ、間伐した木で炭を作るな...