北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

十勝毎日新聞

ケーキ待ち遠しく クリスマス 洋菓子店混雑【十勝】

 クリスマスイブの24日、十勝管内の洋菓子店などは午前から、クリスマスケーキを購入する大勢の来店客でにぎわった。今年は22~24日が3連休でイベントやパーティーを開く人も多く、21日から予約したケーキを引き取る人も。洋菓子店は昼夜問わずケーキ作りにいそしんでいる。

次々とクリスマスケーキ作りが進むケーキ店(帯広市内の「Cake&Cafeあちろ」で)

 帯広市内の「Cake&Cafe あちろ」(西7南24)も21日から、予約のクリスマスケーキの引き渡しを始めた。期間中、5、6人のスタッフ総出で、10種類約300台を作る。

 23日も午後6時半からケーキ作りを始め、スポンジのカットやクリームとフルーツを挟む作業を行った。次々とケーキを組み上げると、店内には甘い香りが漂った。イブ前夜の23日夜は最も忙しいといい、仕事は夜遅くに及んだ。

 織田武司シェフ(47)は「最近はスポンジの間にクリームだけをサンドするケーキも流行だが、うちはフルーツも挟んだ方がおいしいと思うので、かたくなにいきます」と笑顔を見せ、「大変だけど、喜んでもらうために頑張る。裏方の苦労も味わいのひとつに」と話す。

 市内の十勝トテッポ工房(西6南17)では24日、午前10時の開店からケーキを求める客足が絶えなかった。

 この日は22~25日の受け渡し日のうち最も多い630台を予約販売。売れ筋はカラフルな7色のスポンジが“インスタ映え”する「レインボーケーキ」(4号、2800円)やガトーショコラ(5号、3200円)など。一緒にカットケーキやチーズを求める購入客も多く、駐車場も混雑する様子がみられた。

関連記事

十勝毎日新聞

アイヌ文化 興味津々 「集い」で儀式や舞踊【帯広】

 第10回アイヌ文化にふれあう集いとアイヌ生活文化展が20日、帯広市生活館(ふくろうの館)で開かれた。アイヌの伝統儀式である「カムイノミ」などを間近で見られるイベントに市民ら約230人が来場した...

十勝毎日新聞

認知症 帯信金が啓発 道内同業先駆け【帯広】

 「認知症予防セミナー~脳の健康を保ち、イキイキ生活する秘訣(ひけつ)~」(帯広信用金庫主催)が11月24日正午から、帯広市民文化ホール・小ホールで開かれる。セミナー講演と映画上映を通して、認知症...

十勝毎日新聞

「商」学校の門出祝う 第1号飲食店オープン【帯広】

 帯広商工会議所の開業支援事業「帯広まちなか『商』学校」の第1号として、飲食店「ジルジル・パントリー」が21日、市内の広小路商店街の喫茶店跡(西1南9)にオープンした。オープニングセレモニーが行...

室蘭民報

新聞コンクール、児童生徒に出来栄えたたえ表彰【室蘭】

 室蘭民報社とモルエ中島が共催した第34回室蘭地方小、中学校新聞コンクールと、第16回ぼくの・わたしのしんぶんコンクールの表彰式が20日、室蘭市中島本町のモルエ中島であった。各賞に選ばれた児童生...

室蘭民報

室民杯ママさんバレー大会で伊達東が3連覇を達成【伊達】

 第11回室蘭民報社杯ママさんバレーボール大会(室蘭民報社主催、伊達市バレーボール協会主管)が20日、伊達市松ヶ枝町の市総合体育館で開かれた。昨年より1チーム少ない10チームが出場。約130人...