北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

苫小牧民報

新千歳-韓国・清州線就航 イースター航空第1便を歓迎

到着した利用客を歓迎する関係者たち

 韓国の格安航空会社(LCC)イースター航空の新千歳―清州(チョンジュ)線が23日から就航し、新千歳空港国際線ターミナルビルに到着した第1便の利用客を関係者が出迎えた。同社の新千歳への就航は3路線目。当初は9月就航を予定していたが、胆振東部地震の影響で延期されていた。

 到着ロビーにやって来た第1便の利用客を同社のウィ・ヒョク札幌支店長ら社員と、道、道観光振興機構、道経済連合会、新千歳空港ターミナルビルディング、苫小牧市などの関係者が出迎えた。

 韓国語で「ようこそ北海道へ」と書かれた横断幕を掲げ、道の観光パンフレットや絵はがきなどが入った袋を配って歓迎した。

 道観光PRキャラクターのキュンちゃんも歓迎の列に加わり、家族連れの旅行者たちの人気を集めていた。

 同路線は毎週木、日曜日の週2往復。清州出発は午前9時半、新千歳到着は午後0時20分、新千歳出発は午後1時20分、清州到着は午後4時10分(予定時刻)。

 ウィ支店長は「地震で就航が遅れたのは残念だったが、清州は韓国の中心部にあり、経由地として便利なので多くの方に利用してもらえたら」と期待していた。

関連記事

根室新聞

未入力

 日本側から今年度5回目となったビザなし交流訪問団が19日、訪問先の国後・色丹両島から四島交流専用船「えとぴりか」(1124トン)で根室港に戻った。国後島では富山県の獅子舞披露とガラス工芸で...

根室新聞

共同経済活動ロシア視察団 破砕設備や水処理に関心【根室】

 北方四島での共同経済活動の優先プロジェクト5項目のうち、ごみ処理分野の具体化に向けたロシア側初の視察団が19日から23日にかけて、市内のゴミ処理関連施設を視察している。20日は市ごみ埋立処理場を...

名寄新聞

岐阜県御嵩町の中高生が森林教育体験【下川】

 国から低炭素社会を目指す「環境モデル都市」の岐阜県御嵩町の中学2年生6人、高校2年生3人、町職員・教職員・ボランティアが、16日から5日間、同じモデル都市の下川町を訪れ、間伐した木で炭を作るな...

十勝毎日新聞

室工大と共同研究 大樹のIST【札幌】

 大樹町のベンチャー企業インターステラテクノロジズ(IST、稲川貴大社長)は21日午前、札幌市内で記者会見し、室蘭工業大学(空閑良壽=くが・よしかず=学長)と共同研究を開始したと発表した。4月に...

十勝毎日新聞

工事現場に「事務職」 村上土建が新設【音更】

 村上土建開発工業(音更町、村上誠社長)は今年春から、工事現場の事務所で書類作成業務を担う「現場事務職」を新設した。人手不足の中、普通高校からも人材を受け入れやすくなるほか、働く選択肢を増やすこと...