北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

室蘭民報

室工大ものづくり基盤センターと市内企業のスケルトンそり好タイム【室蘭】

そりのテストに参加した清水センター長(右)と笹原さん=10月、カナダ・カルガリー

 室蘭工業大学ものづくり基盤センター(清水一道センター長)と、室蘭市内の企業が進めている冬季五輪の正式種目「スケルトン」のそり開発が順調に進んでいる。カナダで行われたテスト走行では、海外のワールドカップ代表選手に迫る好タイムを記録。改良を加え、来年2月に開かれる国際大会出場を目指す。

 テストは10月に行われ、清水センター長と元五輪選手の笹原友希さんらが参加。カナダ・カルガリーのオリンピックパークに同月完成したばかりのそりを持ち込んだ。コースは全長1・5キロ、高低差121メートル。期間中に開かれていたワールドカップ予選会の練習時間を利用して試走した。テストは3回行い、ベストタイムは57秒33。強豪カナダの56秒82には及ばなかったが、他国のW杯代表選手の58秒02をいきなり上回った。

 スケルトンは「プッシュ」という助走のタイムが重要で、ここでの差がゴール時には4倍にも開くとされる。首位から1秒遅れだった場合、最終的には4秒までタイム差が開いている計算だ。今回はプッシュでカナダに最大0・53秒離されたが、ゴール時は0・51秒差まで縮めた。

 そりの製造には永澤機械(室蘭市東町)などが携わり、強度が高く、ゆがみがない部品が取り入れられた。選手とそりの合計重量は規定の115キロに近づける方が有利になるが、今回は101・2キロにとどまった。笹原さんにも1年ほどのブランクがあり、不利な条件が重なったが手応えを感じさせる結果。清水センター長は「非常に良いタイム。直進性が高かったのではないか」と表情を緩める。笹原さんからも操作性が好評だったという。

 今後はそりを分解したり、テスト時に付けた加速度計のデータを基に滑走中の負荷などを解析。そりの底に付けるランナー(刃)の開発も視野に、来年2月にスイスで開かれる国際大会の出場を狙う。清水センター長は「後発なので良いそりを作る条件はあった。今まで『鉄のまち』で培った技術を発揮し、産官学の連携の成功事例としたい」と意気込んでいる。

関連記事

根室新聞

共同経済活動へ向け、ロシア側から初の訪問団【根室】

 北方四島での共同経済活動の実現に向け、ロシア側から初となる視察団が19日、根室入りした。視察分野は優先5項目のうち「ごみの減容対策」で、国後島のごみ処理会社社長ら4人が根室市資源再生センター...

根室新聞

サンマ棒受け網漁 期待乗せ大型船が出漁【根室】

 農林水産大臣許可の道東沖のサンマ棒受け網漁で主力となる100トン以上の大型船の操業が20日に解禁され、花咲港からは30隻が午前0時ごろに漁場を目指して出漁した。今季はこれまでにサンマの水揚げがな...

苫小牧民報

秋の風物詩 インディアン水車でシロザケ捕獲-12月中旬まで

 日本海さけ・ます増殖事業協会千歳事務所=花園=は20日、構内に設置する千歳川左岸のインディアン水車(捕獲車)でシロザケの親魚の捕獲を始めた。千歳に秋の訪れを告げる風物詩は、12月中旬まで続く。 ...

日高報知新聞

二風谷で舟おろしの儀【平取】

【平取】アイヌ民族伝統の舟おろしの儀式「第50回チプサンケ」が18日、二風谷ダム沙流川左岸に設けた舟おろし場で行われた。  文化の伝承を目的にびらとりアイヌ協会などでつくる実行委員会の主催。町民...

日高報知新聞

サラ1歳 サマーセール開幕【新ひだか】

【新ひだか】サラブレッド1歳馬の競り市「サマーセール」(日高軽種馬農協主催)が19日、静内神森の北海道市場で開幕した。22日まで4日間の日程で1270頭が上場登録している。  サマーセールは、日...