北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

十勝毎日新聞

旧吉野小級友が集う 駅ノートきっかけに【浦幌】

初のクラス会に集まった仲間たち。前列右から3人目はインドネシアから帰国中の多比羅さん、同左から2人目はクラス会の世話役谷口さん、同中央は小学校時代の担任だった下坂さん

 浦幌町内のJR新吉野駅舎内に置かれた駅ノートの中に、中学校卒業後、音信不通だった幼なじみのメッセージを見つけたのがきっかけとなった旧吉野小学校1967年卒、旧吉野中学校70年卒のクラス会が17日、音更町内の十勝川温泉ホテル大平原で開かれた。国内外から15人の級友が参加し、旧交を温めた。

 町内共栄在住の会社員谷口英樹さん(64)が自宅近くの新吉野駅舎内に置かれた駅ノートの中に、中学校卒業後は会う機会がなかった幼なじみの多比羅一(たひら・わたる)さん(64)が書いたメッセージを偶然見つけた。

 谷口さんは、多比羅さんが病気治療のためにインドネシアから帰国し、帯広市内の病院で手術・通院していることを知り、市内の病院に足を運び、48年ぶりに再会を果たした。当時の友人らも駆け付け盛り上がり、クラス会を初めて開くことになった。

 クラス会には、谷口さん、多比羅さんをはじめとする15人の仲間と、池田町在住で旧吉野小時代の担任だった下坂稔さん(83)も出席。下坂さんは「当時のクラスは男子19人、女子19人、まとまりがあって楽しいクラスだった。本当に懐かしい」と集まった教え子たちの姿に目を細めていた。

 多比羅さんは久しぶりの級友らとの再会に「18年もインドネシアに住んでいるので、名前がすぐに出てこない人もいる」と戸惑いつつも、徐々に旧友たちと打ち解け合った。クラス会の世話役を務めた谷口さんは「東京からも2人の友だちが参加してくれた。みんなに会えたのがうれしい」と話した。

 会では、多比羅さんの発声で再会を祝して乾杯し、半世紀ぶりに童心に帰り、時がたつのを忘れて昔話に花を咲かせた。

関連記事

根室新聞

86歳ご長寿ボウラー森崎さん セミパーフェクト達成【根室】

 70歳からボウリングを始めた市内のご長寿ボウラー・森崎節子さん(86)が、11月末にボウリングでスコア299点のセミパーフェクトを達成した。市内では今年、男性7人がパーフェクト(300点)を達...

日高報知新聞

インド人の日本語力向上【新冠】

【新冠】町内の共栄にある軽種馬育成牧場のキタジョファーム(北所直人社長)は11月28日、近くにある共栄生活館で新ひだか町三石から日高町富川で就労するインド人を対象とした日本語の勉強会を開催した。9...

日高報知新聞

にいかっぷピーマン 2年連続で8億円を突破【新冠】

【新冠】全道一の生産を誇る町特産の「にいかっぷピーマン」の今年の販売金額が8億4093万円(販売量1986㌧)となり、過去最高だった昨年に続き2年連続で8億円台に乗せた。今年の生産量は昨年比で...

苫小牧民報

日ハム選手ら、被災地で野球教室 憧れの選手が指導-厚真

 プロ野球北海道日本ハムファイターズの杉浦稔大投手と玉井大翔投手、チームにゆかりのある選手、コーチらが3日、胆振東部地震で被災した子どもたちを元気付けようと、厚真町のあつまスタードームで小学生向...

苫小牧民報

ラーメン「さくら屋」人気に 空き店舗活用事業で開業-白老

 白老町の「空き店舗等活用・創業支援事業」を活用し、同町竹浦にオープンしたラーメン店「さくら屋」が評判を呼んでいる。桧山管内江差町で営んでいた店を閉じ、白老の魅力に引かれて移住した髙橋健児さん(...

CATEGORY記事カテゴリー

MEDIA参加新聞社

ARCHIVE月別記事リスト

RANKINGアクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス