北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

十勝毎日新聞

旧吉野小級友が集う 駅ノートきっかけに【浦幌】

初のクラス会に集まった仲間たち。前列右から3人目はインドネシアから帰国中の多比羅さん、同左から2人目はクラス会の世話役谷口さん、同中央は小学校時代の担任だった下坂さん

 浦幌町内のJR新吉野駅舎内に置かれた駅ノートの中に、中学校卒業後、音信不通だった幼なじみのメッセージを見つけたのがきっかけとなった旧吉野小学校1967年卒、旧吉野中学校70年卒のクラス会が17日、音更町内の十勝川温泉ホテル大平原で開かれた。国内外から15人の級友が参加し、旧交を温めた。

 町内共栄在住の会社員谷口英樹さん(64)が自宅近くの新吉野駅舎内に置かれた駅ノートの中に、中学校卒業後は会う機会がなかった幼なじみの多比羅一(たひら・わたる)さん(64)が書いたメッセージを偶然見つけた。

 谷口さんは、多比羅さんが病気治療のためにインドネシアから帰国し、帯広市内の病院で手術・通院していることを知り、市内の病院に足を運び、48年ぶりに再会を果たした。当時の友人らも駆け付け盛り上がり、クラス会を初めて開くことになった。

 クラス会には、谷口さん、多比羅さんをはじめとする15人の仲間と、池田町在住で旧吉野小時代の担任だった下坂稔さん(83)も出席。下坂さんは「当時のクラスは男子19人、女子19人、まとまりがあって楽しいクラスだった。本当に懐かしい」と集まった教え子たちの姿に目を細めていた。

 多比羅さんは久しぶりの級友らとの再会に「18年もインドネシアに住んでいるので、名前がすぐに出てこない人もいる」と戸惑いつつも、徐々に旧友たちと打ち解け合った。クラス会の世話役を務めた谷口さんは「東京からも2人の友だちが参加してくれた。みんなに会えたのがうれしい」と話した。

 会では、多比羅さんの発声で再会を祝して乾杯し、半世紀ぶりに童心に帰り、時がたつのを忘れて昔話に花を咲かせた。

関連記事

根室新聞

共同経済活動へ向け、ロシア側から初の訪問団【根室】

 北方四島での共同経済活動の実現に向け、ロシア側から初となる視察団が19日、根室入りした。視察分野は優先5項目のうち「ごみの減容対策」で、国後島のごみ処理会社社長ら4人が根室市資源再生センター...

根室新聞

サンマ棒受け網漁 期待乗せ大型船が出漁【根室】

 農林水産大臣許可の道東沖のサンマ棒受け網漁で主力となる100トン以上の大型船の操業が20日に解禁され、花咲港からは30隻が午前0時ごろに漁場を目指して出漁した。今季はこれまでにサンマの水揚げがな...

苫小牧民報

秋の風物詩 インディアン水車でシロザケ捕獲-12月中旬まで

 日本海さけ・ます増殖事業協会千歳事務所=花園=は20日、構内に設置する千歳川左岸のインディアン水車(捕獲車)でシロザケの親魚の捕獲を始めた。千歳に秋の訪れを告げる風物詩は、12月中旬まで続く。 ...

日高報知新聞

二風谷で舟おろしの儀【平取】

【平取】アイヌ民族伝統の舟おろしの儀式「第50回チプサンケ」が18日、二風谷ダム沙流川左岸に設けた舟おろし場で行われた。  文化の伝承を目的にびらとりアイヌ協会などでつくる実行委員会の主催。町民...

日高報知新聞

サラ1歳 サマーセール開幕【新ひだか】

【新ひだか】サラブレッド1歳馬の競り市「サマーセール」(日高軽種馬農協主催)が19日、静内神森の北海道市場で開幕した。22日まで4日間の日程で1270頭が上場登録している。  サマーセールは、日...