北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

苫小牧民報

大型福祉仮設住宅完成 全国初、来年1月入居へ-厚真、安平

厚真町に建設された定員108人の大型福祉仮設住宅

 胆振東部地震で被災した厚真町と安平町の特別養護老人ホーム、障害者支援施設の入所者ら計約140人を受け入れる両町の福祉仮設住宅がほぼ完成し、整備を進めてきた道は28日に施設側へ鍵を引き渡す。福祉施設の機能を備えた大型仮設住宅の建設は全国初。避難生活を送る入所者の引っ越しは来年1月に行われる見通しだ。

 道は、被災した施設の入所者が他の福祉施設へ分散して避難している状況を踏まえ、両町での専用仮設住宅の建設を計画。10月から工事を進めた。建物はプレハブ平屋建てで、定員12人または24人の居住棟と、厨房(ちゅうぼう)などを備えた集会所棟を配置して渡り廊下で結んだ。寝たきりなど介護度の高い入所者が車椅子やストレッチャーで入浴できる浴室や、バリアフリー仕様の設備も整えた。

 厚真町では新町パークゴルフ場敷地内に、居住棟5棟と集会所棟1棟を整備。建築面積は計約3600平方メートルで定員108人。特別養護老人ホーム「豊厚園」と障害者支援施設「厚真リハビリセンター」=社会福祉法人北海道厚真福祉会運営=の入所者を受け入れる。安平町では、追分白樺地区に居住棟3棟と集会所棟1棟を建設。建築面積は計約1400平方メートルで、町内にある別の福祉施設に避難している特別養護老人ホーム「追分陽光苑」=社会福祉法人追分あけぼの会運営=の入所者36人が入居する。

 両法人は、年明けに行われるナースコールや電話回線、厨房など設備関連の工事が終わった後、1月中に引っ越し作業を行う予定。同17日に入所者の入居を予定している追分あけぼの会は「避難先の窮屈な環境から、ある程度元の生活環境に戻れる。道の対応に感謝したい」と話す。

 福祉仮設住宅の入居期間は原則2年間。両法人はそれぞれ現施設の復旧を諦め、移転新築を目指している。

 東日本大震災や熊本地震の被災地では、被害に遭った福祉施設の入所者のためにグループホーム型仮設住宅(定員10人)を造ったケースがあるものの、特別養護老人ホームや障害者支援施設の機能を持たせた大型の福祉仮設住宅は前例がない。

関連記事

根室新聞

86歳ご長寿ボウラー森崎さん セミパーフェクト達成【根室】

 70歳からボウリングを始めた市内のご長寿ボウラー・森崎節子さん(86)が、11月末にボウリングでスコア299点のセミパーフェクトを達成した。市内では今年、男性7人がパーフェクト(300点)を達...

日高報知新聞

インド人の日本語力向上【新冠】

【新冠】町内の共栄にある軽種馬育成牧場のキタジョファーム(北所直人社長)は11月28日、近くにある共栄生活館で新ひだか町三石から日高町富川で就労するインド人を対象とした日本語の勉強会を開催した。9...

日高報知新聞

にいかっぷピーマン 2年連続で8億円を突破【新冠】

【新冠】全道一の生産を誇る町特産の「にいかっぷピーマン」の今年の販売金額が8億4093万円(販売量1986㌧)となり、過去最高だった昨年に続き2年連続で8億円台に乗せた。今年の生産量は昨年比で...

苫小牧民報

日ハム選手ら、被災地で野球教室 憧れの選手が指導-厚真

 プロ野球北海道日本ハムファイターズの杉浦稔大投手と玉井大翔投手、チームにゆかりのある選手、コーチらが3日、胆振東部地震で被災した子どもたちを元気付けようと、厚真町のあつまスタードームで小学生向...

苫小牧民報

ラーメン「さくら屋」人気に 空き店舗活用事業で開業-白老

 白老町の「空き店舗等活用・創業支援事業」を活用し、同町竹浦にオープンしたラーメン店「さくら屋」が評判を呼んでいる。桧山管内江差町で営んでいた店を閉じ、白老の魅力に引かれて移住した髙橋健児さん(...

CATEGORY記事カテゴリー

MEDIA参加新聞社

ARCHIVE月別記事リスト

RANKINGアクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス