北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

室蘭民報

影響じわじわ…JXTG室蘭製造停止まで3カ月【室蘭】

市民有志が企画した工場夜景見学会。室蘭製造所のライトアップも製造停止後の継続は不明だ

 室蘭市陣屋町のJXTGエネルギー室蘭製造所が、石油化学製品の製造を停止するまで間もなく3カ月。地元スーパーが製造停止に伴う人口減などを理由に年内で営業を終了するなど、影響は少しずつ出始めている。

 同社は国内でのガソリン需要減や製造コストの増加により、室蘭製造所での製造を停止し、製品を出荷する物流拠点として来年4月の事業所化を決定。3月中旬から原料供給を止め、同月末までに順次、製造装置を停止する予定。

 4月以降は、半年程度かけて装置内の洗浄や清掃を行い、7月末には自家発電設備を停止する。従業員約200人は配置転換などで、最終的に30人程度まで縮小する見通し。

 同社の従業員社宅などがある白鳥台のショッピングセンター「ハック」。中核テナントの食品スーパーが12月末での閉店を決めた。地域の高齢化や人口減少に伴う売り上げ減のほか、室蘭製造所の製造停止で先が見通せず「苦渋の決断」だった。

 胆振総合振興局は10月、製造停止で影響を受ける関連事業者や従業員向けに特別相談窓口を開設。経営や金融、雇用について相談を受け付けているが21日現在、相談はゼロという。同振興局は「市や支援機関への連絡も来ていないもよう。年明けに連絡会議を開き、状況を分析したい」と話す。

 製造停止後の遊休地活用などを含めた新事業を検討する同社と市、道を交えた3者の「勉強会」は、青山剛市長らが10月に東京の本社を訪問し、市が力を入れる水素など次世代エネルギー分野の事業展開を提案した。

 市は、同社以外の民間企業も含めた新エネルギー事業の展開も模索するが、同社が描くエネルギー戦略や長期的な経営ビジョンなど今後の方向性を見据え「慎重に協議を進める」とし、同社の意向を考慮しながら粘り強く交渉を継続するとしている。

関連記事

十勝毎日新聞

アイヌ文化 興味津々 「集い」で儀式や舞踊【帯広】

 第10回アイヌ文化にふれあう集いとアイヌ生活文化展が20日、帯広市生活館(ふくろうの館)で開かれた。アイヌの伝統儀式である「カムイノミ」などを間近で見られるイベントに市民ら約230人が来場した...

十勝毎日新聞

認知症 帯信金が啓発 道内同業先駆け【帯広】

 「認知症予防セミナー~脳の健康を保ち、イキイキ生活する秘訣(ひけつ)~」(帯広信用金庫主催)が11月24日正午から、帯広市民文化ホール・小ホールで開かれる。セミナー講演と映画上映を通して、認知症...

十勝毎日新聞

「商」学校の門出祝う 第1号飲食店オープン【帯広】

 帯広商工会議所の開業支援事業「帯広まちなか『商』学校」の第1号として、飲食店「ジルジル・パントリー」が21日、市内の広小路商店街の喫茶店跡(西1南9)にオープンした。オープニングセレモニーが行...

室蘭民報

新聞コンクール、児童生徒に出来栄えたたえ表彰【室蘭】

 室蘭民報社とモルエ中島が共催した第34回室蘭地方小、中学校新聞コンクールと、第16回ぼくの・わたしのしんぶんコンクールの表彰式が20日、室蘭市中島本町のモルエ中島であった。各賞に選ばれた児童生...

室蘭民報

室民杯ママさんバレー大会で伊達東が3連覇を達成【伊達】

 第11回室蘭民報社杯ママさんバレーボール大会(室蘭民報社主催、伊達市バレーボール協会主管)が20日、伊達市松ヶ枝町の市総合体育館で開かれた。昨年より1チーム少ない10チームが出場。約130人...