北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

室蘭民報

旅行代理店の年末年始人気は登別と洞爺湖温泉【室蘭】

旅行パンフレットを手にする市民

 今年の年末年始は暦の上では12月29日~1月3日の6日間だが、4日を休むと例年より長い9連休が可能。大手旅行代理店JTBによると、相変わらず海外人気は高い一方、海外各種ツアーを展開している室蘭市内の旅行代理店の人気は近場の温泉のようだ。

 室蘭市中島町の旅行代理店、栗林航空サービスでは、定番のハワイやグアム、サイパンに加え、新千歳からチャーター便のあるバリ島ツアーなどを用意。国内でも沖縄や石垣島・宮古島、東京ディズニーリゾートなどのパンフレットも並ぶ。

 しかし年末年始で人気があるのは近場の温泉旅行。9月に発生した胆振東部地震により登別温泉などでは訪日客が減少しており、現在も例年の約8割程度。関係者の積極的な情報発信もあり、登別や洞爺湖といった温泉需要が高まっているという。

 同社担当は「年末年始は使うことができませんが、来年2月末まで『北海道ふっこう割』を使った1泊2食付きの宿泊プランもあります。興味がありましたらぜひお越しください」と来店を呼び掛けている。

 JTBは年末年始の海外旅行人数を過去最高の73万4千人と予測。JTB海外パッケージツアー「ルックJTB」の全国予約状況ではハワイや韓国などは年末の出発に加えて、1月2日以降の出発も多く、料金の下がる時期を選んで旅行する人が多い。

 行き先は、ヨーロッパ方面が好調。アジア方面では、香港・マカオやベトナムが人気を集め、特に、香港・マカオ間を陸路でつなぐ全長55キロからなる世界最長の海上橋「港珠澳大橋」が10月に完成し、注目度が高い。

 栗林航空サービスで海外旅行の需要が高いのは来年4月27日から5月6日まで10連休となるゴールデンウイークだ。イタリアやスペインなどヨーロッパ旅行はすでにキャンセル待ちの状態だ。

関連記事

釧路新聞

釧路町議選投開票

任期満了に伴う釧路町議選(定数16)は20日、投開票が行われ、倉井俊勝氏(66)=自民=がトップで8選を果たした。新人は大谷哲也氏(67)=公明=、中家治子氏(65)=共産=、鈴木麻由子氏(47...

十勝毎日新聞

アイヌ文化 興味津々 「集い」で儀式や舞踊【帯広】

 第10回アイヌ文化にふれあう集いとアイヌ生活文化展が20日、帯広市生活館(ふくろうの館)で開かれた。アイヌの伝統儀式である「カムイノミ」などを間近で見られるイベントに市民ら約230人が来場した...

十勝毎日新聞

認知症 帯信金が啓発 道内同業先駆け【帯広】

 「認知症予防セミナー~脳の健康を保ち、イキイキ生活する秘訣(ひけつ)~」(帯広信用金庫主催)が11月24日正午から、帯広市民文化ホール・小ホールで開かれる。セミナー講演と映画上映を通して、認知症...

十勝毎日新聞

「商」学校の門出祝う 第1号飲食店オープン【帯広】

 帯広商工会議所の開業支援事業「帯広まちなか『商』学校」の第1号として、飲食店「ジルジル・パントリー」が21日、市内の広小路商店街の喫茶店跡(西1南9)にオープンした。オープニングセレモニーが行...

室蘭民報

新聞コンクール、児童生徒に出来栄えたたえ表彰【室蘭】

 室蘭民報社とモルエ中島が共催した第34回室蘭地方小、中学校新聞コンクールと、第16回ぼくの・わたしのしんぶんコンクールの表彰式が20日、室蘭市中島本町のモルエ中島であった。各賞に選ばれた児童生...