北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

十勝毎日新聞

「赤レンガ」にイルミ復活【帯広】

約1万個のLED電球が浮かび上がる宮本商産旧本舎ビル

 ガソリンスタンドなどを運営する帯広市内の宮本商産(平征浩社長)は、国の登録有形文化財の市内の旧本社社屋(西2南5、通称「赤レンガ」)を彩るイルミネーションを始めた。今年はLED電球を約1万個と昨年の3倍以上に増やした。同社が進める太陽光発電による再生可能エネルギーを活用し、環境に優しいのが特徴。今後は通年続ける考え。

 同社が2012年に実用新案登録した太陽光パネルで発電した電力を自動車用バッテリーにため、既存の電力供給網に接続しない「オフグリッドシステム」を採用。昼間発電した電気を夜間に使用するため、ランニングコストがかからず、節電の心配がいらない。

 電飾は11年から冬期間に行っていたが、15年に同社の創業家の宮本義雄氏が亡くなり、一時自粛していた。2年前から徐々に復活させ、昨年は北面の壁に流れ星をモチーフに施していたが、今回はそれに加え、白や緑などカラフルな電球を建物を縁取るように飾り付けした。日没後、4~6時間程度ついている。

 今回から通年で行う。平社長は「自粛前に比べても今年が最も明るい。今後も徐々に充実させていきたい。昨年は念願だった文化財登録も終え、地域の財産として地域の明るさを発信したかった。胆振東部地震で電気の確保が課題になっており、少しでも参考になれば」と話した。

関連記事

釧路新聞

釧路町議選投開票

任期満了に伴う釧路町議選(定数16)は20日、投開票が行われ、倉井俊勝氏(66)=自民=がトップで8選を果たした。新人は大谷哲也氏(67)=公明=、中家治子氏(65)=共産=、鈴木麻由子氏(47...

十勝毎日新聞

アイヌ文化 興味津々 「集い」で儀式や舞踊【帯広】

 第10回アイヌ文化にふれあう集いとアイヌ生活文化展が20日、帯広市生活館(ふくろうの館)で開かれた。アイヌの伝統儀式である「カムイノミ」などを間近で見られるイベントに市民ら約230人が来場した...

十勝毎日新聞

認知症 帯信金が啓発 道内同業先駆け【帯広】

 「認知症予防セミナー~脳の健康を保ち、イキイキ生活する秘訣(ひけつ)~」(帯広信用金庫主催)が11月24日正午から、帯広市民文化ホール・小ホールで開かれる。セミナー講演と映画上映を通して、認知症...

十勝毎日新聞

「商」学校の門出祝う 第1号飲食店オープン【帯広】

 帯広商工会議所の開業支援事業「帯広まちなか『商』学校」の第1号として、飲食店「ジルジル・パントリー」が21日、市内の広小路商店街の喫茶店跡(西1南9)にオープンした。オープニングセレモニーが行...

室蘭民報

新聞コンクール、児童生徒に出来栄えたたえ表彰【室蘭】

 室蘭民報社とモルエ中島が共催した第34回室蘭地方小、中学校新聞コンクールと、第16回ぼくの・わたしのしんぶんコンクールの表彰式が20日、室蘭市中島本町のモルエ中島であった。各賞に選ばれた児童生...