北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

日高報知新聞

2案で議論、6町が了解【新ひだか】

【新ひだか】日高管内の臨時町長会議が25日、町公民館で開かれ、JR日高線の全線復旧を断念し、①鵡川―日高門別間の復旧と日高門別―様似間のバス転換②全線バス転換―の2案で議論を進めることについて、管内7町長と各町議会との調整結果を協議し、浦河町を除く6町から了解を得られたことが分かった。

 臨時町長会議には、管内7町長と北海道総合政策部の宇野稔弘交通政策次長、日高振興局の松浦英則局長らが出席。

 会議は冒頭を除いて非公開で行われ、終了後に7町長が取材に応じた。

 各町議会との調整結果について、2案に絞り込むことについて6町長が一部に反対があったものの、ほとんどから了解が得られたとしながら、池田拓浦河町長は「議会とも十分協議して、日高の大切な財産であるJRを例えば廃線ではなく、休線という形をとってでも未来の世代に少しでも復旧への可能性を残していきたい」と全線復旧を目指す考えを述べた。

 日高町村会長の坂下一幸様似町長は「7町すべての意見がそろっていないが、できる限り議論を尽くして、全員が肩を並べて同じ方向を向いて歩けるように努力していきたい」と話した。

 また、10月にJR札沼線の廃線に沿線4町が合意し、平成32年5月7日に廃線が決まったことから、日高線の取り扱いについても同様になる見通しで、坂下町長は「万が一、バス路線に変わった場合」としながら、「中身については細かく議論をしているわけではないが、今すぐにバス転換を決めたとしても、2年先になるくらいの長いスパンのスケジュールになる」と説明した。

報道陣の囲み取材に応じる管内7町長

 次回の町長会議は来年1月28日に行われる予定。

関連記事

日高報知新聞

荻伏中に36冊の本寄贈【浦河】

 公益財団法人日本教育公務員弘済会北海道支部=教弘北海道=から浦河町の荻伏中にブックパック(本のセット)の寄贈があり、この贈呈式が19日、同校で行われた。  道内教育の振興や充実と教職員の福祉...

日高報知新聞

道内初 脳ドック料金を割引【新ひだか】

【新ひだか】近年、高齢者の運転による重大事故が相次いでいることから、静内警察署(久田悟署長)と医療法人徳洲会日高徳洲会病院(井斉偉矢院長)は19日、静内警察署で「高齢運転者に係る交通事故抑止に関...

根室新聞

共同経済活動ロシア視察団 破砕設備や水処理に関心【根室】

 北方四島での共同経済活動の優先プロジェクト5項目のうち、ごみ処理分野の具体化に向けたロシア側初の視察団が19日から23日にかけて、市内のゴミ処理関連施設を視察している。20日は市ごみ埋立処理場を...

根室新聞

ビザなし訪問団 伝統芸能や工芸で交流【根室】

 日本側から今年度5回目となったビザなし交流訪問団が19日、訪問先の国後・色丹両島から四島交流専用船「えとぴりか」(1124トン)で根室港に戻った。国後島では富山県の獅子舞披露とガラス工芸で...

名寄新聞

岐阜県御嵩町の中高生が森林教育体験【下川】

 国から低炭素社会を目指す「環境モデル都市」の岐阜県御嵩町の中学2年生6人、高校2年生3人、町職員・教職員・ボランティアが、16日から5日間、同じモデル都市の下川町を訪れ、間伐した木で炭を作るな...