北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

日高報知新聞

馬に感謝、人に感謝

【新ひだか】伝統の「第141回中山大障害」を制したニホンピロバロン。静内地区生産馬のGⅠ制覇は今年初めてで、同馬を生産した静内豊畑の福岡清牧場では、関係者が次々と駆け付けて喜びの輪が広がった。

福岡清さん、みえ子さん夫妻(前列中央)を囲んでバンザイの関係者たち

 同牧場は昭和35年ごろに福岡巌さんが開業。47年の桜花賞、オークスを圧勝した伝説の名馬テスコガビーをはじめ、重賞4勝のノトダイバー、平成22年の小倉記念優勝のニホンピロレガーロなどを生産している。

 後継者がいないことから、現在は2代目の清さん(69)と妻のみえ子さん(66)が繁殖牝馬1頭のみ管理している。

 4月の中山グランドジャンプ(J・GⅠ)3着以来、8カ月半ぶりの出走となったニホンピロバロンは、1番人気のアップトゥデイトをマークする形でレースを進め、最終障害を前に先頭に立つと、タイセイドリームの追い込みをハナ差でしのいで優勝。鞍上の石神深一騎手は中山大障害3連覇となった。

 清さんとみえ子さんは中山競馬場で観戦。清さんは計11回の障害飛越一つひとつに「心臓が悪くなる思い」と心配しながら声援を送った。ゴール前で抜かれたように見えたこともあり、「負けたと思ったが、勝っていたので飛び上がって喜んだ」と振り返った。

 休養明けでもきっちり仕上げてきた田所秀孝調教師や、前年の王者・オジュウチョウサンが有馬記念(GⅠ)に出走したため、初めてバロンとコンビを組んだ石神騎手の騎乗をたたえ、「いろいろな縁があっての優勝。馬に感謝、人に感謝」と話した。

 ニホンピロバロンの牧場時代については「あまり印象に残っていないが、写真を見ると先頭にいたので、出しゃばりでリーダー的な存在だったのかな」とのことだ。

 レース翌日の23日には、大野克之町長や西村和夫しずない農協組合長、田中裕之静内軽種馬生産振興会長ら関係者が駆け付け、清さんとみえ子さんを囲んで何度もバンザイで勝利を祝った。5月の就任以来初めて町内軽種馬牧場の中央競馬GⅠ制覇となった大野町長は「町の生産者の方が勝ってくれて本当にうれしい。これが来年に向けての励みになれば」と話していた。

関連記事

根室新聞

86歳ご長寿ボウラー森崎さん セミパーフェクト達成【根室】

 70歳からボウリングを始めた市内のご長寿ボウラー・森崎節子さん(86)が、11月末にボウリングでスコア299点のセミパーフェクトを達成した。市内では今年、男性7人がパーフェクト(300点)を達...

日高報知新聞

インド人の日本語力向上【新冠】

【新冠】町内の共栄にある軽種馬育成牧場のキタジョファーム(北所直人社長)は11月28日、近くにある共栄生活館で新ひだか町三石から日高町富川で就労するインド人を対象とした日本語の勉強会を開催した。9...

日高報知新聞

にいかっぷピーマン 2年連続で8億円を突破【新冠】

【新冠】全道一の生産を誇る町特産の「にいかっぷピーマン」の今年の販売金額が8億4093万円(販売量1986㌧)となり、過去最高だった昨年に続き2年連続で8億円台に乗せた。今年の生産量は昨年比で...

苫小牧民報

日ハム選手ら、被災地で野球教室 憧れの選手が指導-厚真

 プロ野球北海道日本ハムファイターズの杉浦稔大投手と玉井大翔投手、チームにゆかりのある選手、コーチらが3日、胆振東部地震で被災した子どもたちを元気付けようと、厚真町のあつまスタードームで小学生向...

苫小牧民報

ラーメン「さくら屋」人気に 空き店舗活用事業で開業-白老

 白老町の「空き店舗等活用・創業支援事業」を活用し、同町竹浦にオープンしたラーメン店「さくら屋」が評判を呼んでいる。桧山管内江差町で営んでいた店を閉じ、白老の魅力に引かれて移住した髙橋健児さん(...

CATEGORY記事カテゴリー

MEDIA参加新聞社

ARCHIVE月別記事リスト

RANKINGアクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス