北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

日高報知新聞

馬に感謝、人に感謝

【新ひだか】伝統の「第141回中山大障害」を制したニホンピロバロン。静内地区生産馬のGⅠ制覇は今年初めてで、同馬を生産した静内豊畑の福岡清牧場では、関係者が次々と駆け付けて喜びの輪が広がった。

福岡清さん、みえ子さん夫妻(前列中央)を囲んでバンザイの関係者たち

 同牧場は昭和35年ごろに福岡巌さんが開業。47年の桜花賞、オークスを圧勝した伝説の名馬テスコガビーをはじめ、重賞4勝のノトダイバー、平成22年の小倉記念優勝のニホンピロレガーロなどを生産している。

 後継者がいないことから、現在は2代目の清さん(69)と妻のみえ子さん(66)が繁殖牝馬1頭のみ管理している。

 4月の中山グランドジャンプ(J・GⅠ)3着以来、8カ月半ぶりの出走となったニホンピロバロンは、1番人気のアップトゥデイトをマークする形でレースを進め、最終障害を前に先頭に立つと、タイセイドリームの追い込みをハナ差でしのいで優勝。鞍上の石神深一騎手は中山大障害3連覇となった。

 清さんとみえ子さんは中山競馬場で観戦。清さんは計11回の障害飛越一つひとつに「心臓が悪くなる思い」と心配しながら声援を送った。ゴール前で抜かれたように見えたこともあり、「負けたと思ったが、勝っていたので飛び上がって喜んだ」と振り返った。

 休養明けでもきっちり仕上げてきた田所秀孝調教師や、前年の王者・オジュウチョウサンが有馬記念(GⅠ)に出走したため、初めてバロンとコンビを組んだ石神騎手の騎乗をたたえ、「いろいろな縁があっての優勝。馬に感謝、人に感謝」と話した。

 ニホンピロバロンの牧場時代については「あまり印象に残っていないが、写真を見ると先頭にいたので、出しゃばりでリーダー的な存在だったのかな」とのことだ。

 レース翌日の23日には、大野克之町長や西村和夫しずない農協組合長、田中裕之静内軽種馬生産振興会長ら関係者が駆け付け、清さんとみえ子さんを囲んで何度もバンザイで勝利を祝った。5月の就任以来初めて町内軽種馬牧場の中央競馬GⅠ制覇となった大野町長は「町の生産者の方が勝ってくれて本当にうれしい。これが来年に向けての励みになれば」と話していた。

関連記事

函館新聞

いさ鉄まもなく開業3周年 函館駅などで記念イベント【函館】

 道南いさりび鉄道(小上一郎社長)が開業3年を迎える。北海道新幹線とともに2016年3月26日、五稜郭―木古内間(37・8キロ)で開業。「いさ鉄」の愛称で親しまれ、沿線住民の足としてだけでなく...

函館新聞

8歳で英検準1級合格 附属小の小笠原君【函館】

 道教育大附属函館小学校3年の小笠原煌(こう)君が、8歳で実用英語技能検定(英検)の準1級に合格した。大学中級程度の英語力が求められ、8歳での合格は全国的も珍しいという。煌君は「達成感でいっぱい...

苫小牧民報

さよなら地球体験館 100人駆け付け閉館惜しむ-むかわ

 昨年9月の胆振東部地震で被災して今月末で閉館が決まったむかわ町穂別の「地球体験館」の最後のイベントが21日にあった。町内外から約100人が訪れて27年にわたって親しまれた施設に感謝と別れを告げ...

日高報知新聞

237人の特例申請が無効に【浦河】

 浦河町ふるさと納税への寄付者が確定申告が不要となる「ワンストップ特例制度」の町側事務処理ミスで、5946人分の申請データが未処理だった問題で、町は22日、臨時記者会見を開き、1都2県の237人の特...

日高報知新聞

珍しい〝暖〟ボールアート【様似】

【様似】札幌在住の桑折廣幸さん(68)のダンボールをキャンバスに制作した絵画展示「ひろ・くわおり〝暖”ボールアート 北の浮世絵展」が、町中央公民館ギャラリー21で始まり、入館者の目を引いている。31日まで...