北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

日高報知新聞

馬に感謝、人に感謝

【新ひだか】伝統の「第141回中山大障害」を制したニホンピロバロン。静内地区生産馬のGⅠ制覇は今年初めてで、同馬を生産した静内豊畑の福岡清牧場では、関係者が次々と駆け付けて喜びの輪が広がった。

福岡清さん、みえ子さん夫妻(前列中央)を囲んでバンザイの関係者たち

 同牧場は昭和35年ごろに福岡巌さんが開業。47年の桜花賞、オークスを圧勝した伝説の名馬テスコガビーをはじめ、重賞4勝のノトダイバー、平成22年の小倉記念優勝のニホンピロレガーロなどを生産している。

 後継者がいないことから、現在は2代目の清さん(69)と妻のみえ子さん(66)が繁殖牝馬1頭のみ管理している。

 4月の中山グランドジャンプ(J・GⅠ)3着以来、8カ月半ぶりの出走となったニホンピロバロンは、1番人気のアップトゥデイトをマークする形でレースを進め、最終障害を前に先頭に立つと、タイセイドリームの追い込みをハナ差でしのいで優勝。鞍上の石神深一騎手は中山大障害3連覇となった。

 清さんとみえ子さんは中山競馬場で観戦。清さんは計11回の障害飛越一つひとつに「心臓が悪くなる思い」と心配しながら声援を送った。ゴール前で抜かれたように見えたこともあり、「負けたと思ったが、勝っていたので飛び上がって喜んだ」と振り返った。

 休養明けでもきっちり仕上げてきた田所秀孝調教師や、前年の王者・オジュウチョウサンが有馬記念(GⅠ)に出走したため、初めてバロンとコンビを組んだ石神騎手の騎乗をたたえ、「いろいろな縁があっての優勝。馬に感謝、人に感謝」と話した。

 ニホンピロバロンの牧場時代については「あまり印象に残っていないが、写真を見ると先頭にいたので、出しゃばりでリーダー的な存在だったのかな」とのことだ。

 レース翌日の23日には、大野克之町長や西村和夫しずない農協組合長、田中裕之静内軽種馬生産振興会長ら関係者が駆け付け、清さんとみえ子さんを囲んで何度もバンザイで勝利を祝った。5月の就任以来初めて町内軽種馬牧場の中央競馬GⅠ制覇となった大野町長は「町の生産者の方が勝ってくれて本当にうれしい。これが来年に向けての励みになれば」と話していた。

関連記事

日高報知新聞

日高の馬の歴史・文化学ぶ【浦河】

 日高振興局主催の「馬文化出前教室」が18日、浦河町荻伏小(金澤覚校長、児童65人)で開かれ、4年生8人が日高の馬の歴史や産業について学んだ。  馬文化出前教室は、馬産地・日高の未来を担う管内の...

日高報知新聞

えりも中1年が植樹体験【えりも】

【えりも】えりも中(玉手広昭校長)の1年生46人が17日、えりも高(佐藤健校長)との連携型中高一貫の環境教育「百人浜に学ぶ」フィールド学習で、えりも岬百人浜の国有林に6種類の落葉広葉樹の苗木100...

苫小牧民報

ガイラルディア6連覇、悲願の日本一へ弾み 女子軟式野球・春季全道大会

 女子軟式野球チームの苫小牧ガイラルディアがこのほど、札幌市で開催された太陽グループ旗争奪第21回春季北海道女子軟式野球大会で優勝し、全道大会6連覇の偉業を達成した。8月の全国大会へ向け、大きな...

苫小牧民報

被災地厚真町を応援、ハスカップティー販売始まる エア・ドゥ、来月は機内サ..

 苫小牧市元中野町の「はすかっぷサービス」(大西育子代表)が製造しているハスカップティーが、AIRDO(エア・ドゥ)の機内販売商品に採用され、今月から全路線で販売が始まった。7月には機内ドリンク...

室蘭民報

岩手で制作された般若面が白老で発見、登別で展示中【登別】

 のぼりべつ文化交流館カント・レラ(登別市登別温泉町)で23日まで行われている造形のつどい展に、一風変わった作品が並んでいる。金剛力士像をほうふつさせるような、勇猛さがひしひしと伝わる木彫りの面...