北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

日高報知新聞

馬に感謝、人に感謝

【新ひだか】伝統の「第141回中山大障害」を制したニホンピロバロン。静内地区生産馬のGⅠ制覇は今年初めてで、同馬を生産した静内豊畑の福岡清牧場では、関係者が次々と駆け付けて喜びの輪が広がった。

福岡清さん、みえ子さん夫妻(前列中央)を囲んでバンザイの関係者たち

 同牧場は昭和35年ごろに福岡巌さんが開業。47年の桜花賞、オークスを圧勝した伝説の名馬テスコガビーをはじめ、重賞4勝のノトダイバー、平成22年の小倉記念優勝のニホンピロレガーロなどを生産している。

 後継者がいないことから、現在は2代目の清さん(69)と妻のみえ子さん(66)が繁殖牝馬1頭のみ管理している。

 4月の中山グランドジャンプ(J・GⅠ)3着以来、8カ月半ぶりの出走となったニホンピロバロンは、1番人気のアップトゥデイトをマークする形でレースを進め、最終障害を前に先頭に立つと、タイセイドリームの追い込みをハナ差でしのいで優勝。鞍上の石神深一騎手は中山大障害3連覇となった。

 清さんとみえ子さんは中山競馬場で観戦。清さんは計11回の障害飛越一つひとつに「心臓が悪くなる思い」と心配しながら声援を送った。ゴール前で抜かれたように見えたこともあり、「負けたと思ったが、勝っていたので飛び上がって喜んだ」と振り返った。

 休養明けでもきっちり仕上げてきた田所秀孝調教師や、前年の王者・オジュウチョウサンが有馬記念(GⅠ)に出走したため、初めてバロンとコンビを組んだ石神騎手の騎乗をたたえ、「いろいろな縁があっての優勝。馬に感謝、人に感謝」と話した。

 ニホンピロバロンの牧場時代については「あまり印象に残っていないが、写真を見ると先頭にいたので、出しゃばりでリーダー的な存在だったのかな」とのことだ。

 レース翌日の23日には、大野克之町長や西村和夫しずない農協組合長、田中裕之静内軽種馬生産振興会長ら関係者が駆け付け、清さんとみえ子さんを囲んで何度もバンザイで勝利を祝った。5月の就任以来初めて町内軽種馬牧場の中央競馬GⅠ制覇となった大野町長は「町の生産者の方が勝ってくれて本当にうれしい。これが来年に向けての励みになれば」と話していた。

関連記事

日高報知新聞

災害乗り越え実績上げる【平取】

【平取】びらとり野菜生産振興会トマト・胡瓜部会(石浦政司部会長、会員163人)の第30回定期総会と反省会が18日、びらとり農協本所2階大会議室で開かれた。  開会で石浦部会長は「5月の連休前の大雪、...

根室新聞

胆振東部地震から復興を支援 緑町商店街が応援セール【根室】

 緑町商店街振興組合(日沼茂人理事長)は2月2、3日の2日間、胆振東部地震の商店街を応援する「心を一つに!北海道胆振東部地震復興支援応援セール」=ポスター写真=を市内緑町のまちなかサロン恋問で開催...

日高報知新聞

信号機倒し通行止め【新ひだか】

【新ひだか】18日午後0時10分ごろ、新ひだか町春立の国道235号で、コンクリートミキサー車が信号機に接触し、信号機が根元から折れ曲がって道路を塞ぐ事故が発生した。幸い、けが人はいなかったものの、国道...

根室新聞

混声合唱団クール・エコー 創立50周年記念演奏会開く【根室】

 根室混声合唱団クール・エコー(田村昌也団長)は20日、創立50周年を記念した演奏会を市総合文化会館で開いた。約200人が来場し、同団のほか、ゲスト出演したOB、OGや子どもたちの歌声が会場に響いた。...

根室新聞

世代超えて親睦 第88回芭蕉同窓会開く【根室】

 根室高等学校の卒業生で組織する芭蕉同窓会(松浦宗信会長)は20日、第88回総会及び親睦会を根室グランドホテルで開いた。卒業生や関係者など約350人が出席し、総会では伝統ある3つの校歌を高らかに斉唱。...