北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

函館新聞

食中毒疑いで市教委謝罪 対策まとめ給食再開めざす【函館】

保護者に経過を説明し謝罪する市教委幹部

 函館亀田、港両中学校で生徒ら157人が食中毒とみられる症状を訴え、生徒と調理員の計8人の便から黄色ブドウ球菌を検出した問題で、市教委は26日夜、亀田中で保護者向け説明会を開き、今回の事件について謝罪した。市教委は市立函館保健所の原因特定を待つ一方で、年明け早々に会議を立ち上げ、再発防止に向けた対策を早急にまとめた上で給食再開を目指す意向を示した。

 約70人が参加。辻俊行教育長が「保健所が詳細な検査を続けており、現段階で私たちに確定した情報は入っていない。ただ、できる限り説明をしたい」と述べ、あらためて陳謝。市教委保健給食課は、保健所が菌を同定する作業を行っており、特定にはさらに時間が掛かることも予想されるとしたほか、医療費や補償について詳細を精査した上で回答する方針を明らかにした。

 保護者からは「怖くて給食が食べられない子もいる。心のケアをどう考えているのか」「委託業者の衛生管理は徹底していたのか」「朝に弁当を作るのは大変で、家計への負担も大きい」などの声が上がった。亀田中の学校給食共同調理場が原因施設と推定されるが、感染経路などまだ不明な点が多く、保護者がいら立つ場面もあった。

関連記事

名寄新聞

岐阜県御嵩町の中高生が森林教育体験【下川】

 国から低炭素社会を目指す「環境モデル都市」の岐阜県御嵩町の中学2年生6人、高校2年生3人、町職員・教職員・ボランティアが、16日から5日間、同じモデル都市の下川町を訪れ、間伐した木で炭を作るな...

十勝毎日新聞

室工大と共同研究 大樹のIST【札幌】

 大樹町のベンチャー企業インターステラテクノロジズ(IST、稲川貴大社長)は21日午前、札幌市内で記者会見し、室蘭工業大学(空閑良壽=くが・よしかず=学長)と共同研究を開始したと発表した。4月に...

十勝毎日新聞

工事現場に「事務職」 村上土建が新設【音更】

 村上土建開発工業(音更町、村上誠社長)は今年春から、工事現場の事務所で書類作成業務を担う「現場事務職」を新設した。人手不足の中、普通高校からも人材を受け入れやすくなるほか、働く選択肢を増やすこと...

十勝毎日新聞

9月生まれおいで 3000円分のチケット贈呈【鹿追】

 鹿追町観光協会(坂本昌彦会長)は、9月生まれの町外在住者に、町内観光施設などで使える3000円分のチケットを贈呈する「ハッピーバースデーキャンペーン」を実施する。  町内への誘客を目的に20...

室蘭民報

室蘭市と宮古市が災害時相互支援で協定、フェリー活用【室蘭】

 昨年就航した定期フェリーで結ばれた室蘭市と岩手県宮古市が20日、災害時の相互応援や協力に関する協定を結んだ。海上インフラを最大限生かし、災害発生時に速やかに人や物資の応援を要請・派遣するほか、...