北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

室蘭民報

障害のある子どもたちが感性豊かな絵画展【登別】

子どもたち30人の力作が並ぶペングアート展

 発達障害のある子どもたちが描いた絵画の作品展・ペングアート展INのぼりべつが26日から、登別市登別温泉町の登別万世閣で始まった。登別をテーマとしてクマや魚などを描いており、感性をフル活用した仕上がりが秀逸だ。

 ペングアートは、合同会社ペン具(札幌、卜部奈穂子代表)が運営している放課後等デイサービス。発達障害のある子どもたちが、アート活動を通じてコミュニケーション力や自己肯定感を高める活動を続けている。ペングアートを卒業してアーティストとして活躍している人もいる。作品をベースとした文房具が同ホテルの売店で販売されていることから、作品展を登別で初開催することになった。

 30作品を掛け軸のように並べた。デイサービス2施設に通っている小学生から高校生までの30人が描いた。テーマに基づき、クマをデザインに取り入れている作品が多い。絵の具やクレヨンなどを用いて、サケをくわえた木彫りのクマや、表情のアップ、後ろ脚で立って「初めて立てたよ」と喜ぶ姿などを捉えた。親子で湯に漬かる姿は、雪の結晶や音符マークも加わり、かわいらしい表情と相まってほのぼのとした雰囲気が漂う。登別マリンパークニクスで展示している魚を描いた作品はカラフルな色使いだ。

 卜部代表は「絵を描くことで子どもたちが達成感を得られるほか、チャレンジする心の育成にもつながります」と話している。来年1月20日まで展示する。

関連記事

十勝毎日新聞

冬遊び 親子歓声 エコパで冬まつり【音更】

 道立十勝エコロジーパーク(町十勝川温泉南18)で20日、「エコパ冬まつり」(ウインターフェスinエコパ実行委員会主催)が開かれた。町内外から大勢の家族連れらが訪れ、冬ならではのアトラクション...

十勝毎日新聞

然別コタン 準備着々 26日「開村」【鹿追】

 厳冬期限定の氷と雪の村「しかりべつ湖コタン」(町・実行委主催)が26日に開村する。会場の設営作業が、然別湖畔園地と結氷した湖上で急ピッチで進められている。  今年で38回目を迎える冬の北海...

室蘭民報

高砂5丁目公園で20日に冬を楽しむ集い【室蘭】

 室蘭工業大学生と地域住民が冬季の高砂5丁目公園を盛り上げようと知恵を絞っている。公園を活用した子どもたちが自発的に考えて遊ぶ場「プレーパーク」を定期的に開催。20日にはウインター(冬)バージ...

室蘭民報

だんパラスキー場で2月17日に冬まつり【室蘭】

 第40回むろらん冬まつり(同実行委員会主催、室蘭民報社など後援)が2月17日、室蘭市香川町のだんパラスキー場で開かれる。今年も市民雪像が並ぶ雪像ゆきまつりinだんパラをはじめ、さまざまな企画が登...

室蘭民報

幌別地区3商業団体が大売り出しと街バル開始【登別】

 登別中央商店会(亀谷和人会長)と登別中央飲食店組合(佐藤幸一組合長)、登別中央ショッピングセンター・アーニスは17日から、キラキラほろべつキャンペーンの一環として、大売り出しと街バルを開始し...