北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

室蘭民報

登別病院の車両転落で高齢運転手事故防げ【登別】

7月発生の車両転落死亡事故の現場=7月23日、午前11時

 今年6、7月、登別市の地域医療機能推進機構(JCHO)登別病院の駐車場で、車両転落事故が相次いだ。同病院は再発防止策として駐車方法を変更。室蘭署は公共性の高い商業施設の立体駐車場の安全点検を実施。

 現場は同病院正面玄関前の駐車場(26台収容)。玄関に向かって右側が約50メートルに渡り、石垣となっており、下の道路まで1~7メートル程度の高低差がある。事故当時は、高さ約1・2メートルのフェンスと、高さ約10センチの車止めが備えられていたが、事故が続発した。

 6月3日の事故は、普通乗用車が前進し、柵を突き破り、約5メートル下の歩道に転落。運転手の60代の女性と助手席の80代の女性が、肋骨(ろっこつ)骨折などの重傷を負った。

 7月23日の事故も、駐車の際、ほぼ同じ高さから転落。運転手の70代の男性が死亡し、助手席の70代の女性が重傷を負い、現在も室蘭市内の病院に入院している。両事故はどちらも、運転時の誤操作が事故原因という。

 同病院は再発防止策として、従来使われていた石垣側の駐車スペースを使用禁止にし、バリケードを設置。約10台分の駐車スペースの代替として、職員用駐車場を解放して確保した。

 両事故を受けて同署は、8月3日までに、室蘭市のイオン東町店、日鋼記念病院、登別市のイオン登別店など4カ所の立体駐車場で、柵の安全点検を実施。また9月23日、登別市の室蘭総合自動車学校で、「安全機能付き自動車同乗体験会」を開き、室蘭・登別市民を対象に、乗車体験のほか、認知機能検査も行った。

 同署交通第1課の尾見富雄課長は「警察が主導し、乗車体験会や立体駐車場の点検を行い、同種事故の再発防止に努める。身体・認知機能の低下を感じる方は、安全運転サポート車導入の検討を」と改めて呼び掛けた。

 同署管内の運転免許保有者数は、2013年の8万4768人から、17年は8万2418人と減少傾向。しかし、65歳以上の高齢者に限ると、13年の3万4838人から、17年は4万1936人と増加している。このため同署は、「運転に自信のない人は運転免許証自主返納も考えてほしい」としている。

関連記事

日高報知新聞

荻伏中に36冊の本寄贈【浦河】

 公益財団法人日本教育公務員弘済会北海道支部=教弘北海道=から浦河町の荻伏中にブックパック(本のセット)の寄贈があり、この贈呈式が19日、同校で行われた。  道内教育の振興や充実と教職員の福祉...

日高報知新聞

道内初 脳ドック料金を割引【新ひだか】

【新ひだか】近年、高齢者の運転による重大事故が相次いでいることから、静内警察署(久田悟署長)と医療法人徳洲会日高徳洲会病院(井斉偉矢院長)は19日、静内警察署で「高齢運転者に係る交通事故抑止に関...

根室新聞

共同経済活動ロシア視察団 破砕設備や水処理に関心【根室】

 北方四島での共同経済活動の優先プロジェクト5項目のうち、ごみ処理分野の具体化に向けたロシア側初の視察団が19日から23日にかけて、市内のゴミ処理関連施設を視察している。20日は市ごみ埋立処理場を...

根室新聞

ビザなし訪問団 伝統芸能や工芸で交流【根室】

 日本側から今年度5回目となったビザなし交流訪問団が19日、訪問先の国後・色丹両島から四島交流専用船「えとぴりか」(1124トン)で根室港に戻った。国後島では富山県の獅子舞披露とガラス工芸で...

名寄新聞

岐阜県御嵩町の中高生が森林教育体験【下川】

 国から低炭素社会を目指す「環境モデル都市」の岐阜県御嵩町の中学2年生6人、高校2年生3人、町職員・教職員・ボランティアが、16日から5日間、同じモデル都市の下川町を訪れ、間伐した木で炭を作るな...