北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

室蘭民報

登別病院の車両転落で高齢運転手事故防げ【登別】

7月発生の車両転落死亡事故の現場=7月23日、午前11時

 今年6、7月、登別市の地域医療機能推進機構(JCHO)登別病院の駐車場で、車両転落事故が相次いだ。同病院は再発防止策として駐車方法を変更。室蘭署は公共性の高い商業施設の立体駐車場の安全点検を実施。

 現場は同病院正面玄関前の駐車場(26台収容)。玄関に向かって右側が約50メートルに渡り、石垣となっており、下の道路まで1~7メートル程度の高低差がある。事故当時は、高さ約1・2メートルのフェンスと、高さ約10センチの車止めが備えられていたが、事故が続発した。

 6月3日の事故は、普通乗用車が前進し、柵を突き破り、約5メートル下の歩道に転落。運転手の60代の女性と助手席の80代の女性が、肋骨(ろっこつ)骨折などの重傷を負った。

 7月23日の事故も、駐車の際、ほぼ同じ高さから転落。運転手の70代の男性が死亡し、助手席の70代の女性が重傷を負い、現在も室蘭市内の病院に入院している。両事故はどちらも、運転時の誤操作が事故原因という。

 同病院は再発防止策として、従来使われていた石垣側の駐車スペースを使用禁止にし、バリケードを設置。約10台分の駐車スペースの代替として、職員用駐車場を解放して確保した。

 両事故を受けて同署は、8月3日までに、室蘭市のイオン東町店、日鋼記念病院、登別市のイオン登別店など4カ所の立体駐車場で、柵の安全点検を実施。また9月23日、登別市の室蘭総合自動車学校で、「安全機能付き自動車同乗体験会」を開き、室蘭・登別市民を対象に、乗車体験のほか、認知機能検査も行った。

 同署交通第1課の尾見富雄課長は「警察が主導し、乗車体験会や立体駐車場の点検を行い、同種事故の再発防止に努める。身体・認知機能の低下を感じる方は、安全運転サポート車導入の検討を」と改めて呼び掛けた。

 同署管内の運転免許保有者数は、2013年の8万4768人から、17年は8万2418人と減少傾向。しかし、65歳以上の高齢者に限ると、13年の3万4838人から、17年は4万1936人と増加している。このため同署は、「運転に自信のない人は運転免許証自主返納も考えてほしい」としている。

関連記事

根室新聞

86歳ご長寿ボウラー森崎さん セミパーフェクト達成【根室】

 70歳からボウリングを始めた市内のご長寿ボウラー・森崎節子さん(86)が、11月末にボウリングでスコア299点のセミパーフェクトを達成した。市内では今年、男性7人がパーフェクト(300点)を達...

日高報知新聞

インド人の日本語力向上【新冠】

【新冠】町内の共栄にある軽種馬育成牧場のキタジョファーム(北所直人社長)は11月28日、近くにある共栄生活館で新ひだか町三石から日高町富川で就労するインド人を対象とした日本語の勉強会を開催した。9...

日高報知新聞

にいかっぷピーマン 2年連続で8億円を突破【新冠】

【新冠】全道一の生産を誇る町特産の「にいかっぷピーマン」の今年の販売金額が8億4093万円(販売量1986㌧)となり、過去最高だった昨年に続き2年連続で8億円台に乗せた。今年の生産量は昨年比で...

苫小牧民報

日ハム選手ら、被災地で野球教室 憧れの選手が指導-厚真

 プロ野球北海道日本ハムファイターズの杉浦稔大投手と玉井大翔投手、チームにゆかりのある選手、コーチらが3日、胆振東部地震で被災した子どもたちを元気付けようと、厚真町のあつまスタードームで小学生向...

苫小牧民報

ラーメン「さくら屋」人気に 空き店舗活用事業で開業-白老

 白老町の「空き店舗等活用・創業支援事業」を活用し、同町竹浦にオープンしたラーメン店「さくら屋」が評判を呼んでいる。桧山管内江差町で営んでいた店を閉じ、白老の魅力に引かれて移住した髙橋健児さん(...

CATEGORY記事カテゴリー

MEDIA参加新聞社

ARCHIVE月別記事リスト

RANKINGアクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス